完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

肌荒れしないで綺麗で健康的に痩せるには・・・?

2021.01.30

こんにちは♪( ´▽`)

KANPORO松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

女性の場合は特にダイエットをしたら肌が荒れた・・・という経験をした人も

居るのではないでしょうか?

綺麗になるためにダイエットをして痩せたとしても、最終的に肌が荒れてしまったら

理想の姿とは言えません。

 

綺麗な肌を保ちながら痩せるにはどのような食生活や生活習慣を送れば良いのか、

載せていきたいと思います。

 

〜目次〜

 

  • ダイエットで肌が荒れてしまう原因
  • どんな栄養素を摂ってダイエットを行えば良いのか?
  • 肌荒れしにくい食生活
  • 肌荒れしにくい生活習慣
  • まとめ

 

ダイエットで肌が荒れてしまう原因

 

ダイエットをしていて肌が荒れてしまう人は何が原因だったのでしょうか?

主な原因となるのが『食事の栄養が足りてない』ということです。

ダイエット=食事制限とイメージする人も多いかと思いますが、食事を抜いたり

極端に量を減らしてしまうと栄養が足りなくなります。

どんな栄養が不足してしまうことで肌に悪影響を与えてしまうのかというと・・・

 

① タンパク質

 

ダイエット中はタンパク質が豊富なお肉を避けてしまうという人も多いかも

しれません。

しかし、タンパク質は私たちの肌を作っている大切な栄養素になります。

タンパク質の摂取が減れば、もちろん皮膚も作られにくくなってしまい、

肌荒れが起きやすくなってしまいます。

 

もし、お肉を食べて肌が荒れてしまうという人は脂身の多いお肉をたくさん

摂りすぎている可能性があるので注意しましょう。

 

② ビタミン

 

〜ビタミンC〜

☆シミやそばかすなどの原因となるメラニンを作らせないようにし、

 ニキビ跡や色素沈着を抑える美肌効果

★過剰な皮脂分泌を抑えるためニキビを出来にくくする

☆毛穴周辺の皮膚の弾力が強くなり、毛穴が塞がる

★紫外線に強い肌作り

などがビタミンCの効果となるので、不足してしまうと肌に大きな悪影響を

与えてしまいます。

また、ビタミンCは体内では作り出すことが出来ないため、

口に入る物から補わなければいけない栄養素となります。

 

〜ビタミンB群〜

特にビタミンB2は美容ビタミンとも呼ばれていて、皮膚や粘膜を正常に保つ働きや

ターンオーバーの周期を整えたりと、美肌に欠かせない栄養となります。

 

他にも疲労回復に効果があるなどと、美肌だけでなく健康にも良いと言われいる

栄養となります。

 

③ 食物繊維

 

食物繊維が不足してしまえば腸内環境が崩れてしまい、肌が荒れやすく

なってしまいます。

また、便秘にも繋がります。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれていますが、1日に必要な食物繊維は

男性・・・20g以上

女性・・・18g以上

と言われています。

大した量ではないのでは・・・?と思う人も多いかと思いますが、野菜1種類で

考えた場合、レタス1個が約3gなので男性は大体1日に約7個食べなければ

いけない計算になるので結構な量になってしまうので、積極的に野菜を摂っていても

食物繊維が足りずに肌荒れしてしまう人も多いそうです。

 

他にも食事制限以外で肌荒れしてしまう原因

 

① ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ

 

ダイエットで食べれないというストレスから肌荒れの原因となります。

ストレスなどによってホルモンバランスが乱れてしまうことで

皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まりやすくなってしまい肌荒れを

起こしやすくしてしまいます。

 

② 睡眠不足

 

睡眠をしっかりと摂ることで成長ホルモンが分泌し、毎日受けている

皮膚へのダメージの負担を軽減しています。

睡眠不足は肌が荒れてしまう原因を作るだけなく、太る体質を作りやすく

してしまうので休みの日や連休関係なく睡眠はしっかりと摂るように

してください。

 

 

どんな栄養素を摂ってダイエットを行えば良いのか?

 

ダイエットで栄養が足りなくなってしまうことが、肌荒れの主な原因と

して考えられますが、どんな栄養素を積極的に摂ればダイエットも効率よく

行えて、肌荒れしにくくなるのでしょうか?

 

ミネラル

 

ミネラルには『必須ミネラル』と『有害ミネラル』の2種類が存在しています。

特に必須ミネラルは、身体機能の維持や調節を行う働きがあり、身体を正常に

保つために必要な栄養素となります。

 

その必須ミネラルは16種類存在していて、その中でも必要な栄養素とは・・・

・カルシウム

・ナトリウム

・マグネシウム

・カリウム

・リン

・マンガン

・ヨウ素

・鉄

・銅

・亜鉛

と言われています。

 

ミネラルは健康面だけでなく、肌の状態を保つために必要な栄養素となります。

また、ミネラルは食べる物でしか摂れないので、積極的に摂ってほしい

栄養素となります。

 

他には上記に載せた栄養素が不足しているため肌荒れが起こってしまっている

可能性があるので

・ビタミン

・食物繊維

・タンパク質

などの栄養素をしっかりと摂るように意識してください。

 

 

肌荒れしにくい食生活

 

ダイエット中に肌荒れしにくい栄養素について載せましたが、どんな食生活を

送ればより肌荒れせずに痩せることが出来るのでしょうか?

 

① バランスのとれた食事

 

ダイエットだけでなく、美容&健康にもバランスの摂れた食事はとても大切な

食生活となります。

バランスの摂れた食事とは、『主食・主菜・副菜』が揃っている食事のことを

言います。

 

主食・・・1品(お米・パン・麺類など)

主菜・・・1〜2品(お肉・お魚・卵などのタンパク質を含む食べ物

副菜・・・2品以上(野菜・海藻類・きのこ類などの食物繊維や

          ビタミン・ミネラルを豊富に含む食べ物)

というのが1食の理想となる品数と言われています。

 

主食はご飯を食べた方が、和食がメインになり他のおかずとの組み合わせも良くなる

ことで栄養バランスもとりやすいかと思います。

パンや麺類は小麦粉がメインとなる食材になるので、内臓に脂肪が付きやすく

太りやすくなってしまうので食べる量や食べる機会を減らすようにしましょう。

 

② なるべく早い時間に食事を済ませる

 

遅い時間に夕食を食べてしまうと胃腸などに負荷をかけてしまうだけでなく、

自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまいます。

ご飯を食べることで活動が優位になる交感神経が優位になってしまうため、

睡眠の質を下げてしまいます。

自律神経のバランスを整えるためにも夜遅い食事は避けましょう。

 

早い時間に食事を済ませた方がより効率よくダイエットも行えます。

 

③ 飲酒(アルコール)を控える

 

アルコールは利尿作用があるため、身体の中の水分を排出しやすくし、

脱水症状になりやすくしてしまいます。

身体の中の水分が無くなってしまうことが肌の乾燥にも繋がります。

 

 

肌荒れしにくい生活習慣

 

肌を綺麗にするには食生活が大切になりますが、私たちの習慣にも

肌荒れをさせない生活習慣があるので載せていきたいと思います。

 

① スキンケア

 

まず、第一に美肌作りに欠かせない習慣がスキンケアです。

女性の場合は特にお化粧をするので、クレンジングや洗顔を行いしっかりと

お化粧を落とすことが必要になります。

 

男性はお化粧をしていないからクレンジングも洗顔もしなくても良いという

ことにはなりません。男性は皮脂分泌が多いため、女性よりも皮膚のテカリや

ベタつきやすくなると言われています。

そこで、余分な皮脂を落としすぎないようにするスキンケアがクレンジングです。

 

女性男性も共に

・クレンジング

・洗顔

・化粧水

・乳液

・クリーム

などのスキンケアを行うことで肌荒れを防止する習慣となります。

 

面倒だ!と思ってしまう人も多いかと思いますが、毎日スキンケアする

ことで美肌を作りやすくします。

 

日焼け止めも晴れの日だけ使用すれば良いというわけではありません。

紫外線が一番強いのは曇りの日となるので、曇りの日でも日焼け止め

を塗って過ごすようにしましょう。

 

② 清潔なタオルを使用する

 

みなさんは使用するタオルやバスタオルはどれくらいの頻度で洗濯をしていますか?

使用しているタオルから細菌が肌に入り肌荒れを起こしてしまう人も多いので、

直接肌に触れる物はなるべく清潔な物を使うようにしてください。

 

③ 睡眠をしっかりととる

 

健康的に痩せるために睡眠は大切な習慣となりますが、実は美肌作りにも

必要な習慣になります。

睡眠をしっかりと摂ることで、

・ターンオーバーの促進

・肌の水分量を維持

・肌の艶を保つ

・老化の原因である活性酸素の除去

など美肌作りには欠かせない効果がたくさんあります。

 

質の良い睡眠を摂ることでダイエットにも美肌にも良い習慣を

送ることが出来ます。

 

 適度な運動

 

コロナの関係で自粛期間が続いていて、仕事も在宅になってしまったり、

お休みの日も出かけることが難しかったりと以前と比べて運動量が減って

しまっている人も多いでしょう。

人が少ない時間帯にお散歩に行くことや、自宅で出来る運動を少しでも取り入れる

ことが大切になってくるかと思います。

 

日によって掃除をする場所を変えたり、筋トレを行ってみたりと少しずつでも

良いので運動を取り入れてみてください。

お買い物で外出する時にはバスや車を使わずに歩くように意識するなど、

自粛しながらでも適度な運動を行うようにしてください。

 

 

まとめ

ダイエットをすると肌荒れをしてしまう原因は、主に食事制限による食生活が

乱れているということが原因だと載せました。

ダイエットというと食事制限をして痩せるというイメージが強いと思いますが、

健康的に綺麗に痩せるためには食事を摂ることが大切になります。

 

しかし、食べて痩せることは難しいと感じる人が多いかと思います。

ダイエットと健康のためにも和食を中心として食べている人でも

食べる量や味付け・食べる物の食材によっても太ってしまうこともあります。

 

ダイエットによる肌荒れで悩まれていて、どうしようもない時は松山漢方相談薬局

にご相談ください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットでお悩みの人はご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話やホームページの

お問い合わせにてご予約しご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2ー2

鶴見フーガ2 3F

〜JR鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 横浜桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19−3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341ー4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (28)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)