完全予約制 お問い合わせ

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

ダイエット中に甘い物がどうしても食べたくなる原因

2017.06.09

こんにちは(・ω・)ノ 松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。   ダイエット中になぜか甘い物がどうしても食べたくなってしまい、ついつい我慢出来ず食べてしまう理由について今日は載せていきたいと思います。   女性の人は特に甘い物好きな人が多いと思いますが、その糖質が原因で肥満になってしまいます。 甘い物がどうしても食べたくなってしまう原因については・・・   糖分が足りていない 人の身体は糖質をエネルギーに変えることが働きがありますが、その糖質が足りなくなってきてしまうと必要なエネルギーを作るために糖分を補給したくなります。   ストレス ストレスを感じると血流が悪くなってしまうため、脳に糖分が届かなくなってしまい、そのため脳が糖分が足りていないと勘違いし、甘い物が食べたくなってしまいます。   ビタミン・ミネラルなどの栄養不足 糖質をエネルギーに変えるのに必要な栄養素はビタミンと言われています。なので体内に糖質があっても、エネルギーに変換するビタミンが不足してしまっているので、ストレスと同様脳が糖質が不足していると勘違いしてしまい、甘い物が食べたくなってしまいます。   などが甘い物が食べたくなってしまう原因と言われています。   対策方法としてストレスを溜めない・食事のバランス・他のことをして気を紛らわせるなど少し工夫してみてください。 もし甘いものを食べるのであれば、空腹時間を作るために食事の後にまとめて食べると良いでしょう。      松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。 他にも何か体調の変化で気になることがあればお電話でご予約してご相談ください。


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (14)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)