完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

目の下のたるみは老化だけではない!

2019.05.10

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/♪

スタッフの美憂です★

 

今日は「目の下のたるみ」についてお話します!

目の下のたるみは、加齢や老化によるイメージが

強いと思いますが日々の生活習慣にも

たるみとなる原因が潜んでいます。

たるみに繋がりやすい行動をしていないか

チェックして適切なお手入れをしていきましょう。

 

目の下のたるみの原因

加齢や老化以外に目の下のたるみを引き起こす原因は

・筋力の衰え

・血行不良

・濃いアイメイク

などが挙げられます!!!

 

目の下の筋力が衰えると

皮膚を支える力が低下して重力に負けることで

目の下にたるみができてしまったり

崩れにくい化粧品を使って濃いアイメイクをしていると

クレンジングで落としきれなかった

残った色素や化粧品の成分がどんどん蓄積されていくと

老化にもつながるため注意が必要です。

 

また、パソコンやスマホなどを使って目を酷使していると

瞬きの回数が減るので目の下や周辺の筋肉が

運動不足となって血行が悪くなってしまいます。

血行不良は、くすみやクマになるだけではなく

肌に必要な酸素や栄養がうまく行き渡らずに

たるみを招きやすくなってしまいます。

今日からできる!目の下のたるみ対策

まず、目の下の筋力を鍛えて衰えをストップさせましょう。

目を上に向けて鼻の下を勢いよく伸ばします。

そして思い切り下まぶたを持ち上げるイメージで

目の下の筋肉を動かしてみてください!

ポイントは下まぶたを意識しながら筋肉を動かすこと。

空いている時間に5回ほど繰り返すと効果的です(⌒∇⌒)

 

そして、クレンジング。

アイメイクは特に落ちにくい化粧品を使うことが多いため

専用のクレンジングを使って部分的に

きちんと落とすことが大切です!

ゴシゴシ擦り洗いをすると肌に負担がかかるため

優しく丁寧に落としましょう。

洗顔やクレンジング後は、すぐに化粧水や乳液で

保湿をしましょう。

指先やコットンを使って目の窪みなどの細かい部分も

しっかり保湿してください!

 

血行を良くするにはホットタオルやホットアイマスクで

目元を温めてアイクリームを塗り

マッサージをすると効果的です★

目を勢いよく開けて閉じる運動も簡単でオススメです!

紫外線対策も忘れずに!

目の下の筋肉を鍛えたり、クレンジングを丁寧にしたり

血行を良くすることを意識するだけで

自然と目の下のたるみ予防になります。

しかし、紫外線はたるみの原因となりやすいので

目のまわりにも使用できる日焼け止めや

サングラスを活用して紫外線対策をしていきましょう。

 

では、また更新します★

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)