完全予約制 ご予約受付け

横浜桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店    / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

歯を磨いている間ゴロゴロしているなんてもったいない!そういう時こそ痩せ体質へ

2019.04.26

こんにちは(*'ω'*)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

運動するのも痩せる生活習慣・食生活もすべて1日3日やっても簡単に痩せることは出来ません。

痩せるためにはどれも継続して行うことがとても大切になります。そこで、今日は誰もが毎日必ず行っている『歯磨き』の時間を使ったダイエット方法について載せていきたいと思います。

 

まず、歯磨きの時間を使って行うダイエット方法のメリットについてです。

①短時間で行うことが出来る

 

歯を磨く時間は約3分長くても5分くらいだと思うので、長時間行う習慣ではないため続けやすいのです。

長時間運動するからとそれがダイエットに必ず良いわけではありません。

 

②毎日の習慣になる

 

仕事の日でも休みの日でも歯磨きをしない日はありません。

運動が苦手な人でも毎日歯を磨いている間だけ、簡単な運動を取り入れることによってそれが習慣になり痩せやすい身体を手に入れることが出来ます。

 

③人に見られることがない

 

努力している姿を見られたくない、と思っている人も多いのではないでしょうか?

歯を磨いている姿はあまり人に見られることはないので、誰にも見られずにダイエットを行うことが出来ます。

 

 

座ってテレビを観ながらのんびり歯を磨いているなんてもったいない!その短時間でも痩せやすい身体をつくることは出来ます。

痩せる身体をつくるためには・・・

 

歯を磨きながらスクワット

足を肩幅に開き、お尻を後ろに突き出すようにして膝の高さまで落とします。

この時に膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。始めは慣れていなく転んでしまうと危ないので、どこかにつかまりながら行ってみてください。

短時間だからと急いで回数を重ねるのではなく、一回一回丁寧に行うようにした方がダイエット効果は高くなります。

 

つま先立ち

つま先立ちを行っただけでダイエット効果があるの?と疑問に思う人もいると思いますが、つま先立ちをすることで、ふくらはぎの血液やリンパの流れが良くなると言われています。

ふくらはぎは第二の心臓もと言われていて、血液やリンパの流れが悪くなってしまうことで、老廃物や毒素が溜まりやすくなり、脂肪を溜め込みやすくしてしまいます。つま先立ちを行うことで、ふくらはぎの筋肉を刺激し血液やリンパの流れを良くします。

 

 

他の歯磨きのメリットとしては間食防止になります。基本的に歯を磨いた後に食べ物を食べる習慣はないと思うので、お腹が空いて間食しそうになった時は歯を磨くと良いと言われています。

 

毎日行う習慣を利用して、それをダイエットに生かしていければデメリットになることはありません。

何もしていない時間を有効に使うようにしてみましょう。

 

夏に向けてもっとしっかりと体重や脂肪をガッツリ落としたい人は、松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

横浜桜木町店 045-341-4823

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (46)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)