完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

粒納豆とひきわり納豆の違い

2018.05.24

 

 

皆様こんにちは(⌒∇⌒)

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です★

 

 

今日は、粒納豆ひきわり納豆の違いについてお話します。

 

 

まず、同じ納豆でも粒かひきわりで栄養価も違うことはご存知でしたか?

先に結論から言います!

・・・ダイエットには粒納豆がおすすめです。

 

もちろん、ひきわり納豆にも栄養はたくさんありますが

なぜ粒納豆なのかというところを説明していきます!

 

 

 

*粒納豆が多く持つ栄養素

水溶性食物繊維・・脂質の吸収を抑える。血糖値の上昇を緩やかにする

不溶性食物繊維・・便秘解消

ビオチン・・糖の代謝を助ける

クロム・・糖尿病や高血圧を予防する

亜鉛・・味覚を正常に保つ

ビタミンB2・・脂質と糖の代謝を高める

マグネシウム・・高血圧や生活習慣病の予防効果

モリブデン・・貧血を予防する

 

 

これらはひきわり納豆にも含まれてもいますが

粒納豆の方がより多く含まれています。

ビオチン、モリブデン、クロムはひきわり納豆には含まれていません。

 

昨日の記事でも少しお話しましたが、ダイエットするには

食物繊維は特に欠かせられません!

便秘でお悩みの方は粒納豆を食べてみてください。

 

 

*ひきわり納豆が多く持つ栄養素

カリウム・・むくみや高血圧を予防する

リン・・神経や筋肉の働きを正常に保つ

マンガン・・疲労回復。骨粗しょう症の予防

ビタミンB1・・疲労回復。ブドウ糖からエネルギーを作る

パントテン酸・・ストレスの緩和。動脈硬化の予防

 

 

他にも納豆には様々な栄養があり、どちらも健康に良いことは間違いないです☆彡

(ひきわり納豆の栄養素は粒納豆にも含まれています。)

 

 

2種類比べてみましたが、毎日食べることが大事になってきますので

1日1パックでもいいので納豆を食べて身体の中からきれいにしましょう☆

 

 

 

 

ちなみに100gあたりのカロリーは

粒 200カロリー ひきわり 194カロリー

と、少しだけ粒の方が高いですがダイエットや栄養に向いているのは

粒納豆です(^▽^)/

 

 

食物繊維は少ないですが、大豆の皮が付いていない分消化吸収されやすいので

胃腸の調子が悪い時や歯や骨を丈夫に保ちたい方はひきわり納豆が良いでしょう。

 

 

2種類比べてみましたが、いずれも毎日食べることが大事になっていますので

1日1パックでもいいので納豆を食べて身体の中からキレイにしましょう☆

 

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットしても上手く痩せられない方、リバウンドしてどうしていいか

分からない方、他にもお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (250)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (269)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)