鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年04月08日

油も必要な栄養の1つ カテゴリー:

こんにちは(^∇^)

松山漢方相談薬局のスタッフ茉佑香です♪♪

 

今日は油についてです。

ダイエットでやっぱり気になるのが油ですね(^◇^;)

 

油を摂ることはダイエットには良くないからと言って、油を全く摂らないのは身体にとって良いことではないのです。

油を摂らないことによって髪の毛がパサパサになったり肌が荒れたりと健康に痩せられません。

 

健康に痩せるには油も必要になってくるのです。

そこで避けた方が良い油と摂っても良い油を紹介します。


避けた方が良い油

 

・ごま

・べにばな油

・コーン

・サラダ油

などのオメガ6と呼ばれる油です。

 

摂っても良い油


亜麻仁油(フラックス油)

・えごま油

・イワシ、サンマなどの魚の油

などのオメガ3と呼ばれる油です。

 

オメガ6にはアレルギー促進、炎症促進、血栓促進作用があります。

オメガ6を撮りすぎてしまう食生活続けていると、アトピー、花粉症アレルギー症状の悪化や不調の原因になってしまいます。

 

オメガ3にはオメガ6とは全く逆の働きがあります。

その他にも脳の健康維持(うつ、認知症予防)、炎症を抑える、がん予防、心血管疾患の予防(動脈硬化、心臓病予防)、悪玉コレステロールの低下にも期待できると言われています。


なので、オメガ3の方を積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

補足としてトランス脂肪酸と呼ばれるマーガリン、菓子類、ファストフードを摂取する食生活を続けていると

悪玉コレステロールを増加させ心臓疾患のリスクを高めてしまうので注意しましょう。


今使っている油を確認し、健康的な油を使いましょう♪♪

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットの他、腰痛、頭痛、肩こり、冷え性、風邪、ニキビ、アトピー、アレルギー、蕁麻疹、更年期障害、自律神経失調症、がん予防、喘息、白内障、縁内障、不妊症、生理不順、便秘、鼻炎、頻尿、心身症、不眠症のご相談もお電話でご予約ください。

045-718-6801

 



ページ上部へ