完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

痩せる必要がどこにある

2015.10.29

皆様こんにちは(*^_^*)

BLOG見て頂きありがとうございます。

『BLOG見てます』が私の励みです★★

 

 

昨日のBLOGでは私の父について載せました!

物知りで沖縄顔のイケメンです(痩せたら…)

**アメブロ つたえたいこと**

 

こちら↑↑

このBLOGの反響が良く驚きました。

ありがとうございます。

 

父に気づいてほしいから

その続きを載せていきます。

 

内臓脂肪が多いと何がいけないの?

メタボリックシンドロームで何が悪いの?

 

具体的に見ていきたいと思います。

 

まず脂肪は皮膚の下に溜まる皮下脂肪と

内臓の周囲に溜まる内臓脂肪があります。

 

内臓脂肪は見た目では分かりにくいため隠れ肥満とも言われています。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて動脈硬化症のリスクが高まります。

動脈硬化症になることで心疾患・脳血管疾患などのとっても危険な疾患が付きまとってきます。

 

ではどのような人が注意した方が良いのか。

 

●脂質異常症(高LDLコレステロール・低HDLコレステロール)

●糖尿病または糖尿病予備軍

●高血圧

●喫煙

●家族に血管系の疾患をもつ

●慢性腎不全

●末梢動脈疾患

など

 

これらが少しでも当てはまる方は生活習慣を整えておく必要があります。

 

●脂質異常症

●糖尿病

●高血圧

など

最終的には

●狭心症・心筋梗塞

●脳梗塞

●閉塞性動脈硬化症

の危険が伴います。

 

これまで述べてきて、

『あぁ~内臓脂肪が増えると病気になるんだ~』

と分かってもらえれば良いです。

 

次回はこの病気がどのくらい怖いものなのかお伝えしていきます。脅してはいませんよ~

私が一番伝えたいこと!

生活習慣を整えればこれらのリスクが低下するということ!

怖いな~と思ったら行動に移しましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングをお行っております。

健康的に痩せたい人。

ダイエットが続かない人。

リバウンドしてしまう人。

一緒にダイエットに取り組んでみませんか?

最後のダイエット場所としてたくさんの方に選ばれています。

お電話でのご予約お待ちしております。

*松山漢方相談薬局*

 

その他にお困りな症状がありましたらお電話下さい。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・月経不順・

耳鳴り・口内炎・ニキビ・アトピーなど。

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (434)
  • [+]2018 (416)
  • [+]2017 (257)
  • [+]2016 (283)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)