鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2015年02月26日

危険なダイエット方法(@_@;) カテゴリー:

危険なダイエット行っていませんか?

ダイエットカウンセリングを行っていて、危険なダイエットをしていた方の話を良く聞きます。

それは・・・下剤や利尿剤を使用することです。

それはとっても危険です!

 

①下剤ダイエットの危険性

下剤を使用する人は、食べても吸収されないから痩せるという考えで使用しているようです。

下剤を使用している人に、ドカ食いしてしまう人が多いようです。

下剤を乱用する結果、

★身体からカリウムが失われ、倦怠感・筋力低下・痙攣・しびれ・知覚障害などが現れる。

★一時的に体重は減るが、その後は減らなくなる。

★下剤を続けることで、大腸の粘膜が刺激に反応しなくなる。

★肛門の筋肉が弱り、漏れやすくなる。

②利尿剤ダイエットの危険性

むくんでいるため、水を外に出して痩せようと考える人が利尿剤ダイエットを行うようです。

★身体からカリウムが失われ、倦怠感・筋力低下・痙攣・しびれ・知覚障害などが現れる。

★一時的に尿量が増え体重が減りますが、また戻る。

 

下剤や利尿剤はダイエットを目的とした薬ではありません。

この方法を行っている人はすぐに止めましょう。

 

和食中心のバランスの良い食事を心がけましょう。

早食いが厳禁ですので、ゆっくり噛みしめながら食べるようにしましょう。

間食を止め、朝・昼・夕で食事をまとめることが大切です。

健康的に痩せることがとっても大切です。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

体組成計にて測定を行い、内臓脂肪・筋肉量・水分量・栄養状態・筋肉のバランスなどを測定いたします。

その方の生活に合わせてダイエット方法を提案させて頂きます。

皆様に最後のダイエットの場所として喜ばれています。

痩せるまでカウンセリングを行います。

気になる方はお電話お待ちしております。

 

その他にも、更年期障害・自律神経失調症・不妊治療・腰痛・膝痛・生理不順などでお困りな方は

お電話お待ちしております。

 


ページ上部へ