鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年09月09日

太ってしまう人の『あるある』★ カテゴリー:

太ってしまう人の『あるある』★★

 

それは間食です!

 

皆さんは、普段口がさみしくなって何かをつまんでしまうことはありますか?

 

私も昔は、バッグにチョコレートやあめ・ガムを忍ばせておいて、

口がさみしくなると食べていました。

患者さんで「食事をたくさん食べていないのに、体重が増えてしまうんです。」

という方は少なくありません。

 

デスクワークの方は、引出しにお菓子BOXがあったり、会社の方からお菓子をもらったりと、

ちょこちょこ食べてしまっている方もいます。

 

お腹が空いている訳でもないのに、つい甘いものに手が伸びてしまう。

無意識に食べ物を口に入れる癖がついてしまっているのです。

 

だらだら食いですね!

さらに

DVDや映画を見ながら、ポップコーンやポテトチップスを食べ癒される。

という習慣がある方は危険ですね。

 

実際私もそうでした!!汗

 

食事を減らして、代わりにお菓子やジャンクフードなどを食べていては痩せません。

 

★対策方法★

①お菓子や清涼飲料水を買う習慣をやめる。

目の前にお菓子などおいしいと感じるものがあると、食べてしまいますよね。

ストレスにならない程度に、少しずつ買う量を減らしていきましょう。

 

②口さみしくなったら5分、気分転換をする。

口さみしいのは、だいたい5分経つと消えていく場合がほどんどです。

その間に、少し動いたり、外の空気を吸って気分を変えましょう。

誰かとお話をして紛らわすのも良いでしょう。

 

③3食のおかずを少し増やしてみる。

間食をしたくなるということは、

脳が栄養を欲しているのかもしれません。

食事での栄養が少ないため、

おかずの量を増やしてみましょう。

 

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 

 


ページ上部へ