完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

気温が高くなっても白湯が良いと言われている理由

2020.05.20

こんにちは(@^^)/~~~

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

気温もどんどん高くなり、半袖やノースリーブで過ごしている人も

多いかと思います。

暑い日には冷たいお水を飲む機会も多くなりがちですが、健康面・ダイエット面

を考えると冷たい飲み物よりも白湯が良いと言われています。

 

暑いのに白湯を飲むの・・・と思うかもしれませんが、今日は冷たい飲み物

よりも身体によいと言われる白湯の魅力について載せていきたいと思います。

 

~目次~

 

  • 白湯が身体に良いと言われる理由
  • 白湯の様々な効果
  • 白湯の正しい作り方
  • 白湯を飲むタイミング
  • 白湯のちょっと工夫した飲み方

 

白湯が身体に良いと言われる理由

 

白湯が身体に良いと言われている理由はインドやスリランカなどの

インド大陸で生まれた伝統的医学である『アーユルヴェーダ』の考え方が関係

していると言われています。

 

アーユルヴェーダの基本は3つの体質と言われ

『風(ヴァータ)』・『火(ピッタ)』・『水(かパ)』で私たちの身体は

構成されているのです。

風・火・水のバランスがとれていて、私たちは健康でいられます。

 

白湯が身体に良いと言われている理由として、お水を火にかけて気泡が

出来ることで水・火・風の3つが揃っていることからバランスを整えられる

からと言われています。

 

 

 

 

 

 

白湯の様々な効果

 

では、白湯を飲むことでどんなメリットがあるのでしょうか?

 

① デトックス効果

 

冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまい、内臓機能の働きを悪くしてしまいます。

その結果代謝が下がり痩せにくい体質になってしまいますが、白湯を飲むことで

お腹や内臓が温められ、腸の働きが良くなると消化力が高くなると便が出やすく

なりデトックス効果が期待出来ます。

 

② 美肌&美白などの美容効果

 

デトックス効果ということは、身体の中の毒素が身体の外へ排出されること

になります。

毒素は老化の原因でもある老廃物も一緒に身体の外へ排出されるため、

腸の中が綺麗になり腸内環境が整い美容効果が期待されます。

 

③ 基礎代謝の向上

 

白湯によって身体が温められ、内臓がより働くことで内臓機能が働くようになり、

血液の巡りが良くなることで基礎代謝も上がって、痩せやすい体質になります。

 

④ 冷え性やむくみの改善

 

血流が良くなることで全身に血液が巡るようになり、末端が冷えやすい手足

が温まることで冷え性の改善にも繋がると言われています。

 

他にもむくみの改善にも繋がり、さらにダイエット効果が期待出来ます。

 

⑤ 肩こり&腰痛の改善

 

白湯を飲むことで冷えていた身体が温まり、血液の巡りが良くなかった

ことで血液の滞りで起こる肩こりや腰痛の改善に繋がると言われています。

 

 

 

 

 

 

白湯の正しい作り方

 

白湯がダイエット・健康・美容に良いというのは上記に載せてきました。

では、白湯の正しい作り方があるのはご存知でしょうか?

ここでは白湯の正しい作り方について、載せていきたいと思います。

 

~沸騰させて作る場合~

やかんor鍋に飲むのに必要な分のお水を入れる

  ↓

蓋をして火にかける

  ↓

沸騰したら10~15分間沸かし続ける

  ↓

温度が自然に約50℃くらいになるまで待つ

 

ここでポイントとなるのは、沸騰したらすぐに火を止めないことです。

沸かし続ける理由として、水道水などに含まれる塩素や不純物を消毒するため

に必要な時間となります。

また、早く飲みたいからと氷やお水で割ってしまうとせっかく無くなった塩素や

不純物を取り入れてしまうので、自然に温度が下がるのを待つことが大切に

なります。

 

~電子レンジで作る場合~

浄水器を使って塩素が除去出来ているお水or市販のお水

  ↓

500wで約1分30秒~3分温める

 

電子レンジの場合はこれだけです!

一回温めてしまった時は次から時間を調節して飲むまでの時間を

短縮出来るため、沸騰させるよりか時間をかけずに飲むことが出来ます。

 

~ウォーターサーバの場合~

ウォーターサーバの場合はもともと塩素や不純物が取り除いてあるお水

になるだけでなく、沸かさなくてもお湯が出る状態になるのでお湯とお水を

組み合わせてすぐに飲むことが出来ます。

 

 

沸騰させる場合は手間がかかって面倒かと思いますが、塩素を無くすためには

必要な作業になるので、その作業も大切に白湯を飲むようにしてみてください。

 

 

 

 

 

 

白湯を飲むタイミング

 

では、白湯はどのタイミングで飲めば健康&ダイエット効果が高く

なるのでしょうか?

 

① 朝の白湯

 

私たちは朝起きた時の体温が一番低いと言われています。

そこで、朝起きた時に白湯を飲むことで胃腸などの内臓が温まり消化機能が

高まり食べた物をきちんと栄養として消化出来るだけでなく、他にも美容や健康

などにも良い影響を与えるのです。

 

一気に飲んでしまうとかえって胃腸に負担をかけてしまうので、一口ずつ

10~20分かけて飲み終えることが理想となります。

 

② 食後の白湯

 

食後にすぐ白湯を飲んでしまうと、消化器官の機能を低下させてしまう

可能性があるので、食後の白湯と言うのは食事を終えてから最低でも30分

間をあけてから白湯を飲むようにすると、消化をスムーズに行えるように

なると言われています。

 

③ 寝る前

 

寝る前に白湯を飲むことはリラックス効果が期待されるだけでなく、

睡眠の質を上げることが出来ます。

しかし、飲み過ぎてしまっては夜中にトイレに行くために目が覚めてしまい

その後寝れなくなってしまうとかえって睡眠の質を悪くしてしまうので、

飲む量には十分注意するようにしてください。

 

 

ダイエット&健康&美容には白湯が良いと言いましたが、水分を摂りすぎてしまう

ことで身体に様々な悪影響を与えてしまいます。

 

・めまい

・頭痛

・疲れやすい

・むくみ

・下痢

 

などの症状のリスクが考えられます。

もっと重症化してしまえば命に関わることもあるので、水分の摂りすぎには

十分に注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

白湯のちょっと工夫した飲み方

 

ずっと無味無臭の白湯を飲み続けて『飽きてきた・・・』と

思っても『ジュースに変えるとカロリーが高くなるし・・・』と

悩んだことがある人も多いのではないでしょう。

そこで、白湯にある工夫をして味を変化させる方法について

紹介していきたいと思います。

 

 はちみつ×白湯

 

甘い物が好きな人にオススメなのは『はちみつ』を足すことです。

150mlの白湯にティースプーン1杯(約7g)を入れて飲むように

してください。

 

はちみつには

・疲労回復

・風邪予防

・美肌

・ダイエット

・生活習慣病予防

・老化防止

・腸内環境を整える

 

など栄養が豊富で様々な効果が期待出来るものになります。

 

はちみつであればなんでも良いと言うわけではありません。

『加糖はちみつ』『精製はちみつ』の2つは人が手を加えたはちみつに

なるので本物のはちみつとは言えません。

『純粋はちみつ』は人の手が加わっていない本物のはちみつになるので、

はちみつは何でも良いのではなく、しっかりと選んで買うようにしましょう。

 

② レモン×白湯

 

お水にもレモンを入れてレモン水として飲んでいる人も多いと思いますが、

もちろん白湯でもokです。

レモンには

 

・疲労回復

・美肌

・冷え性

・新陳代謝の向上

・デトックス

・便秘解消

 

など様々な効果が期待されます。

 

レモンの量はお好みで大丈夫です。酸っぱいものが苦手だったら少なめでも

構いません。わざわざレモンを絞らなくても市販のレモン果汁でも代用可能

なので試してみてください。

レモンが苦手な人はそこにはちみつを足して飲むのも良いと思います。

 

③ ショウガ×白湯

 

ショウガはダイエットはもちろん他にも様々な健康効果がある食材と

して知られています。その効果とは・・・

 

・消化機能の向上

・血行促進

・抗酸化作用

・代謝の向上

・冷え性改善

・老化防止

 

などの効果が期待されています。

 

ショウガのスライスを使う場合は、沸騰する前にショウガのスライス2~3枚

入れて沸かして作るようにしましょう。

☆ ショウガチューブは小さじ1

☆ しょうがパウダーは大さじ1

どちらも白湯1杯分を目安に入れてみてください。

 

④ ミント×白湯

 

お水にミントを入れてサッパリと飲むという人もいるかと思います。

ミントは香りが特徴的になり、リラックス効果によってストレス軽減も

期待出来ると言われています。

 

作り方はコップ一杯に2~3枚のミントを入れ白湯を注ぐだけといった

簡単な方法で作ることが出来ます。

 

⑤ オリーブオイル×白湯

 

白湯にオリーブオイルって合うの・・・?と疑問に思う人も多い

でしょう。オリーブオイルには

 

・抗酸化作用

・動脈硬化の予防

・血管の老化防止

・腸内環境を整える

 

などの効果があり、その中でも白湯とオリーブオイルを組み合わせる

ことによってさらに腸内環境が良くなり便秘解消が期待出来ると言われています。

 

オリーブオイルを入れる量はカップ1杯で小さじ1の量で大丈夫です。

注意点としては白湯が覚めてしまうとオリーブオイルが固まってしまい、

飲みにくくなってしまうので、なるべく早めに飲み終えるようにしてください。

 

白湯のにちょっとした食材をプラスするだけで味が変わって、飽きにくく

なるかもしれません。せっかくダイエットを頑張っているのであれば

ジュースで間食にならないように白湯を飲むように意識してみてください。

 

気温が高くなってきて冷たいお水を飲みたくなる気持ちもわかりますが、

ダイエット&健康のために白湯を飲むように頑張ってみてください。

 

もっと体重・脂肪をガッツリ落としたい人は松山漢方相談薬局まで

ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話で

ご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2

鶴見フーガ2 3F

~JR鶴見西口より徒歩1分~

TEL 045-718-6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1-19ー3

セルアージュ横濱桜木町ヴァルール 101

~JR桜木町西口より徒歩3分~

~ブルーライン桜木町駅より徒歩1分~

TEL 045-341-4823

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (63)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)