完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

暑い夏でも身体が冷えやすく痩せにくくなる!

2019.07.26

こんにちは('ω')ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

昨日くらいから気温が高くなりとても暑い日が続いていています。

ダイエットの天敵でもある冷え性は、冬だけに起こる症状だけではなく暑い夏が続く今の時期でも身体が冷えてしまい、夏冷えが起こってしまいます。

今日はダイエットの天敵でもある夏冷えの原因について載せていきたいと思います。

 

クーラー(冷房)で身体が冷える

 

電車やバスの中・職場で経験している人も多いと思いますが、クーラーが効いている所に長時間居ることによって身体が冷えやすくなってしまいます。

だからと言ってクーラーを付けるなというわけではありません。クーラーの温度を下げ過ぎるのではなく、快適な温度を保つことが大切になります。

 

自分の都合によってクーラーの温度調節は難しいと思うので、女性の場合は羽織物を持ち歩くようにするとだいぶ変わってきます。男性の場合は羽織物なんて恥ずかしいと思ってしまう人もいると思います。その場合インナーを着ることで寒さ対策の保温効果だったり、汗をかいた時に素早く汗を吸収し身体を冷やさないようにすることが出来ます。

 

汗冷え

 

今の時期みたいに気温が高いと汗をかきます。外で汗をかいて冷房の効いている部屋に入ると涼しくて気持ちいですが、時間が経つにつれて汗がクーラーで冷やされ乾くことで寒さを感じてしまい汗冷えとなってしまいます。

 

インナーを速乾・吸汗機能が良い物を選ぶようにすることで、汗で身体を冷やしてしまうことを避け、体温調整も上手くいくようになると言われています。

 

冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎている

 

気温が高く暑いとどうしても冷たい食べ物や飲み物が食べたくなります。

しかし、冷たい物を摂りすぎてしまうと内臓が冷えてしまい、内臓機能が弱くなり代謝が落ちやすくなってしまいます。代謝が落ちてしまうと痩せにくい体質になってしまうだけでなく、血流も悪くなってしまうため、健康面でも様々な悪影響を与えてしまいます。

 

暑い夏で冷たい物を食べたり飲んだりしたくなるのはわかりますが、なるべく身体を冷やさないように白湯を飲んだり身体を温める食材を食べるようにしましょう。身体を冷やさないように、身体を温める食材ばかり食べていると栄養も偏ってしまうので、バランスの摂れた食事を摂るように意識してください。

 

 

上記のように暑い夏でも身体が冷えてしまうことがあります。ダイエットのためだけでなく、健康面でも身体を冷やしすぎるのは良くないので注意するようにしてください。

 

冷え性の改善しながら痩せたいという人は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)