完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

暑い夏にも湯舟に浸かるメリットってあるの?

2019.06.04

こんにちは(´▽`*)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

日が落ちた夜もだんだん温かくなってきましたが、気温が高くなってくると湯舟には浸からずにシャワーだけで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか?

暑い夏でも湯舟に浸かることで、健康面やダイエットに関しても様々なメリットがあるので載せていきたいと思います。

 

冷え性の改善

 

暑い夏は外の気温が高く、暑く感じるかもしれません。しかし、女性の場合は身体の表面は暑くても身体の芯の部分は冷えてしまっているため、身体は冷えやすくなってしまいます。

また、職場などで冷房が効いた部屋にずっと居ることで、血行が悪くなり身体が冷えてしまい、代謝が悪くなり痩せにくい体質になってしまいます。ダイエットだけでなく冷え性は頭痛や腰痛の原因にもなるので、夏場でも身体を冷やさないことが重要になります。

 

湯舟に浸かることで身体を芯を温めることが出来るので、冷え性の改善にもなると言われています。

 

睡眠の質が良くなる

 

湯舟に浸かったら暑くて寝れないよ!と思う人もいると思いますが、実はそうではないのです。

日中に冷房などで身体が冷えてしまっていると、身体が熱を正常に発散することが出来なくなってしまい、身体の内側に熱がこもってしまいます。熱がこもってしまうことで睡眠の質が悪くなってしまうのです。

 

湯舟で身体を温めることによって、身体にこもった熱を発散することが出来るので睡眠の質が上がると言われています。

 

リラックス効果

 

湯舟で身体を温めることで自律神経が正常に働くことでリラックス効果があると言われています。

ストレスによって過食してしまったり、甘い物を食べ過ぎてしまうことで太る原因となるので、湯舟に浸かりストレスが緩和することによって食べ過ぎを防ぐことも出来ます。

 

上記のように暑い夏でも湯舟に浸かるメリットはたくさんあります。

暑い湯舟に少し浸かるのではなく、少し39℃くらいの温度で20分でも良いので浸かると良いと思います。

 

もっとしっかりと体重・脂肪を落としたい人は松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)