完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

消化を良くして、食べ物を脂肪にさせない方法

2019.05.15

こんにちは( ^_^)/~~~

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

食べたもを消化しきれないとそのまま脂肪になってしまい、太る原因となります。

そこで、いつも以上に食べ物を消化し、脂肪を蓄積させないようにするためにはどんな方法があるのでしょうか・・・?

 

2日以内(48時間以内)に食べ過ぎをリセット

 

食べたもが脂肪に変わるにはだいたい2週間かかると言われています。

それを聞いて『じゃあ食べ過ぎても2週間以内に体重を戻せばいいじゃん♪』と思った人もいるでしょう。しかし、そんなに時間があるなら・・・と油断しまい結局そのままの体重で過ごしてしまう。ということになってしまいます。

食べ過ぎたものをリセットをするのが早ければ早いほど、食べ過ぎてしまったリスクを減らすことが出来ます。

 

胃腸の働きを整える

 

胃腸の働きが悪くなってしまうと食べ物の消化を悪くしてしまうだけでなく、代謝の低下=血行不良・便秘・冷え・むくみなどダイエットだけでなく、健康面でもデメリットになることばかり起こってしまいます。

胃腸の働きを整えるには、身体を冷やす食べ物や冷たい飲み物をなるべく避け、なるべく暖かいものを摂るようにしましょう。

 

消化が良くなる食生活

 

消化が良くなる食生活とは、早食いを止めてしっかりと良く噛んで食べることで消化が良くなり、胃腸への負担を減らすことが出来ます。

胃腸への負担を減らすだけでなく、時間をかけて食べることによって食べる量を自然に減らすことが出来るので、自然に摂取カロリーを抑えることでダイエット効果も上がります。

 

また、毎日食事をする時間を決めることで消化する準備が出来るので、消化が良くなるとも言われています。

 

 

他にも体調不良でお困りのことがありましたら、お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045−718−6801

桜木町店 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2019 (195)
  • [+]2018 (423)
  • [+]2017 (271)
  • [+]2016 (304)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)