完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

種類別★海藻類の栄養価

2019.04.03

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/★

スタッフの美憂です♪

 

今日は、ダイエットにも健康にも良い

「海藻類」について種類別でそのメリットを

ご紹介します(^▽^)/

 

ご存知の方も多いとは思いますが

海藻類は食物繊維が豊富で

ミネラルもたくさん含まれている食材です。

 

その種類によって含まれる栄養素や

働きは様々です!!!

では早速見ていきましょう。

 

 

▼ 昆布

昆布に含まれるカルシウムは吸収が良く

理想的なカルシウム源です!

また、昆布は海藻類の中で最も

ヨードを含んでいると言われています。

ヨードは甲状腺ホルモンを作るために大切なもので

甲状腺の働きを良くします。

また、心臓や血管の活動、体温調節、発汗を促します。

昆布はアルカリ度が高く

野菜などとは比べ物にはならないくらい

強力なアルカリ性食品です。

そのため、ほんのわずかな量でも

お肉などを多く摂って酸性に傾きかけた体を

中和してくれると言われています。

昆布を味噌汁などの出汁に使うのも良いですし

とろろ昆布を活用したり

昆布巻きにして食べるのも良いですよ♪

 

 

▼ ひじき

昔から、ひじきを食べると長生きすると言われているほど

栄養がたっぷりな食材です。

ひじきのカルシウムは牛乳の約14倍

食物繊維はゴボウの約7倍と、とても高い栄養価です!

他にもマグネシウムやビタミンAなども含んでいます。

ですが、ひじきは単体ではミネラルなどが

なかなか吸収されにくいので

タンパク質が豊富な大豆製品やビタミンCを含む

野菜などと一緒に摂ることで吸収を高められます。

 

 

▼ 海苔

海苔は「海の緑黄色野菜」と言われているほど

ビタミンとミネラルが豊富です!

昔から日本人はおにぎりなどでよく食べていますよね(o^―^o)

海苔1枚で卵2個分のビタミンB1、B2、

カルシウムの吸収を高めるビタミンDなども

含まれています。

 

 

▼ わかめ

海藻の中で最もイメージしやすいのはわかめだと思います。

特に味噌汁に加える方が多いですよね♪

この味噌とわかめの組み合わせはとても良く、

わかめに含まれる食物繊維と味噌の発酵食品が

一度に摂れるので腸内環境を綺麗にしてくれる

効果も期待できます!

腸内環境が良くなるとデトックス効果も高まるので

ダイエットや美肌の効果が期待できます。

もちろんわかめにはほかの海藻類と同様に

多くの栄養を含んでいます。

水溶性食物繊維の働きによって

体内に蓄積されたナトリウムや有害物質を

排出する作用が絶大であると言われています。

味噌汁を始め、酢の物やナムル、わかめご飯など

様々な形でわかめの栄養を活用できると良いですね♪

 

 

自炊をする際、迷ったら海藻類を1品

目的に合わせてチョイスしてみてください☆

タンパク質、脂質、炭水化物は

比較的摂りやすいと思いますが

ミネラルやビタミンは意識しないと

摂取しづらい栄養素なので

意識して栄養補給してくださいね(^▽^)/

 

それではまた更新します★

 

Twitter ⇒ @KANPORO1

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

鶴見店045-718-6801

桜木町店045-341-4823

10:00~20:00

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (2)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)