リニューアル準備中

ただいまウェブサイトのリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
新しいウェブサイトの公開まで今しばらくお待ち下さい。

鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年06月13日

脳ダイエットとは? カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは!!

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

今日は、簡単にできる「脳ダイエット」のやり方を

お伝えしたいと思います。

 

 

ダイエットを成功させた人が手に入れたものは

何だと思いますか?

 

痩せた身体はもちろんなのですが・・

それは「痩せる脳」なのです。

 

ダイエットをなかなか成功させられない人や

リバウンドしてしまう人は逆に「太る脳」を

持っているかもしれません。

 

痩せる脳とは、まとめてしまえば「ストレスのない脳」です!

我慢しないで美味しいものを食べても太らない身体を

手に入れたらそんな嬉しいことはないですよね。

 

痩せない原因は、脳の錯覚といった場合もあります。

人間は体が生命の危機にさらされると

脳はそれを回避しようとします。

 

例えば、栄養が不足している。だったり

食事量が急激に減った。だったり

体重が激減した。などの変化があると

生命の危機と判断して脳が体に「もっと食べろ!」と

指令を送るのです。

 

なのでダイエットのやり方を間違えると

食欲をコントロールできなくなってしまいます。

 

 

何が言いたいのかというと

ダイエットと脳は大きく関係しているのです!!!

 

そして、脳と関係しているのは「視覚」なのです。

視覚から入った情報は、脳で認識されます。

 

分かりやすい実験方法があります。

いろんな味が詰め込まれている飴玉を見ないで舐めてみてください。

なんとびっくり!何味なのかわからないのです!

 

これは実際に私も試してみたことがありますが

見事にはずれました。。

ブドウ味なら紫、桃味ならピンク、イチゴ味なら赤、と

視覚が脳に情報が送られているのです。

色を見て口にすれば、間違えることはありません。

 

食べる前はまさかこんなの間違えるはずがないと

思っていたのですが、視覚も関係しているのだと実感しました。

 

 

ダイエットの観点で考えると視覚は食欲をコントロールできます。

視覚を上手く利用してしまいましょう。

 

 

★食器の大きさを小さくする

例えば、大きめの食器に少量の食べ物が盛り付けられていたら

少ないと脳が感じてしまいます。

 

でも、小さな食器に溢れるくらいの食べ物を盛り付けると

多いと脳が感じます。

なので、食器は小さめのものに盛り付けると

満腹感が変わってくると思います。

 

 

★食器の色を変える

先ほどの飴玉の話と同様で、量だけではなく色でも認識します。

例えば赤色をみるとやる気が出ますよね。

 

これをダイエットで当てはめると青が良いのです。

青い色は食欲を抑える効果があります。

食器の色を青にしてみてください。

テーブルクロスでもいいと思います。

 

 

★和がモチーフの食器にする

和食器を取り入れることによって自然と

和食を食べる機会が増える。

お味噌汁をいれる食器にはお味噌汁を入れる方は

多いのではないでしょうか?

 

バター、クリーム、油などを多く使っている洋食に比べたら

和食は基本低脂肪です。

 

 

いかがでしょうか?

意外にも錯覚しているケースも少なくはないと

思うので是非チャレンジしてみてください(o^―^o)

 

それでもなかなか痩せられない方は

松山漢方相談薬局までご相談ください。

ダイエットカウンセリングも行っています。

 

ご予約はお電話で受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページ上部へ