鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年05月27日

間食をしてしまう原因 カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは☆彡

松山漢方相談薬局スタッフのの美憂です(⌒∇⌒)

 

今日は、間食をついしてしまう原因についてお話します!

 

間食を無意識にしていたり、空腹が我慢できなくてつい食べたり、

食べてもすぐお腹が空く。ということはありませんか?

でも、ダイエット中の間食は天敵です!

 

そこで、なぜそうなってしまうのかを理解して改善すれば

今までみたいに食べ過ぎてしまうことも減ると思うので説明していきます!

 

 

*食事の時にきちんと栄養が摂れていない

 

食べても食べてもお腹が空くのは、必要な栄養がしっかり摂れていないからなんです。

変な時間帯にお腹が空いたら食事で栄養が足りていないサインです。

ただ、たくさん食べればいいわけではないのです!

 

間食をしても一時的には空腹はおさまりますが、そもそも栄養不足なので

またすぐに何かを口に入れたくなってしまいます。

 

心当たりのある方は日頃の食事を思い出してみて下さい。

タンパク質が足りていなかったり、炭水化物が足りていなかったり、

ダイエット中は脂質を摂ってはいけないイメージがあると思いますが

多少は必要なのです!!

 

逆に何かの栄養素ばかり摂りすぎていても、量は食べていても

栄養が偏っているのでしばらくしたら

「あれ?あんなに食べたのにもうお腹すいた・・」ということが起こります!

 

なので、つい食べてしまうという方は食生活を見直してみてください。

何かしらの栄養が足りていない可能性があります。

 

たとえば外食するならピザやパスタなどの食事は食べ過ぎなければ

たまにはいいと思いますが、一番良いのが定食屋さんでしょう!

バランスよく栄養が摂れるのでおすすめです。

 

 

 

*ストレスからくる暴飲暴食

 

まず、交感神経副交感神経というものがあり

人はストレスが溜まると交感神経のほうが活発に働きます。

 

ストレスを緩和するにはもう一つの副交感神経を有利にさせないと

暴飲暴食もおさまりにくいです。

 

ストレスを減らすために私たちはたくさん寝たり、湯船に浸かって

リラックスしたり、アロマを焚いてみたりなど、様々なことを

しなければなりません。

 

でも、簡単に緩和できてしまう方法があって・・

それが食べることなのです!!!

 

手軽にできて良いのですが、さらに中枢神経というものが

麻痺を起こしてしまうので満腹にはならないのです。。

そしてまた食べてしまうのです。

 

この仕組みがストレスによる暴飲暴食の原因です。

 

ストレスを緩和させるために何かを食べるのはダメというわけでは

ないのですが、食べるものに気を付けましょう★

 

アーモンドやヨーグルトがおすすめです!

豆乳を飲むのも良いでしょう。

できれば食べること以外で発散できるのが良いですが。

ダイエットするには、ストレスと上手く付き合うことも大切ですね(o^―^o)

 

 

 

この栄養不足とストレスを改善できれば間食は減っていくので

まずは自分がどんなものを食べていたり、どんな生活をしているのか、

自分と向き合ってみてください!!!

 

 

それでもなかなか痩せられない方は松山漢方相談薬局まで

お気軽にご相談ください☆彡

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

 

 

 

 


ページ上部へ