鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年05月14日

バイオリンクのクロレラはここがすごい‼ カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

5月から新人の女性が増え、松山漢方相談薬局は賑わっています!

私は子育て中のため、BLOGにて失礼いたします。

 

では早速、バイオリンクが体に良いという話は以前からさせていただいています。

ではバイオリンクのクロレラをもっと詳しくまとめていきます。

 

バイオリンクのクロレラは筑後産クロレラを使用しています。

[今から数億年前地球上に初めて原子生物が現れた時すでに、化石等によってその存在が確認されている緑藻類の一種。

太古の時代から現代に至るまで生き抜いてきた極めて適応力に富んだ生物。

大きさは人間の白血球とほぼ同じくらいで、肉眼では見えないほど小さい丸い形をした単細胞生物。

現在においても火山の噴火口付近とか、極寒のエベレストと言った、過酷な条件でも生存しているが、その生命力に富んだ秘密はその増殖過程の特異性にあると言われている。

通常の生物は人間を含めてすべて2分裂で増えていくのに比べて筑後産クロレラは20時間に4分裂するといった、驚異的な速度で分裂し増殖する。

この特異的な分裂様式を支える物質として、BCExが注目されている。

ほうれん草の葉芽の先端部分にもBCExと同じような成分が含まれているが、微量なのに対しクロレラは35%の割合で含まれる。

筑後産クロレラにとってBCExは環境に対して適応能力を獲得するための抗ストレス物質、ホメオスタシス活性物質である。]

 

体質の酸性化を防ぎ、予防食品、幼児の発育促進食品として幅広く用いられています。

ただBCExを含まない粗悪物のクロレラ製品も現在たくさん市販されているため注意が必要です。

詳しく気になる方は、松山漢方相談薬局に御相談ください。

 


ページ上部へ