鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年10月22日

朝食の必要性★ カテゴリー:

皆さんは朝食を摂っていますか?

忙しい毎日、朝はなるべく長く寝ていたい。

ダイエットで朝食は抜いている。

夜ごはんが遅く、飲んで帰ると、朝は食欲がなくて食べたくない。

という方は少なくないでしょう。

  

朝食が必要な理由をお伝えします。

朝は血糖値が低く、内臓や脳の働きが低下している状態にあります。

◎低下した体温を上げ、内臓や脳の目を覚まします。

◎活動エネルギーになる。(倦怠感がなくなる。)

◎脳のエネルギーになる。(集中力が高まる・イライラが無くなる。)

◎ホルモンや酵素の分泌を促進し、生体のリズムを整える。

◎きちんと栄養がとれる。

◎排便習慣をつくりやすい。(蠕動運動が活発に働く。)

 

朝食を摂るには生活リズムを整える必要があります。

①食べる時間をつくる
       夜更かしをせずに、今よりも早く寝て、少し早く起きる習慣をつくりましょう。

②朝食を食べられる体をつくる
       夕食を軽めにし、食べ過ぎないようにすることで、朝適度に空腹感があるような体の状態をつくりましょう。

③手軽に食べられるものを準備する

忙しい朝食に、栄養バランスを考えるのは難しいと思います。

簡単に栄養を摂れる献立を考えましょう。

ご飯に納豆・お味噌汁・卵…お魚まで付けば良いでしょう。

緑黄色野菜を味噌汁に混ぜたりと工夫しましょう。

 

 規則正しい生活を身に付け、忙しい朝を乗り越えましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 


ページ上部へ