完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

きのこ類の健康&ダイエット効果

2020.01.20

こんにちは☆

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

きのこは低カロリーでダイエット効果があると

良く耳にする食材になりますが、それぞれきのこには

どのような効果があるのかそれぞれ詳しく載せていきたいと思います。

 

~目次~

 

  • エリンギ
  • しめじ
  • しいたけ
  • えのき
  • 舞茸

 

エリンギ

 

エリンギには

 

・ビタミンB群

・ビタミンD

・カリウム

・食物繊維

・葉酸

・ナイアシン

・パントテン酸

 

などが栄養素として含まれています。

 

それぞれの栄養素がどのような効果があるのでしょうか?

 

食物繊維

 

まず、エリンギに含まれる食物繊維はきのこ類で

一番豊富に含まれていると言われているため、

腸内環境を整えることで、便秘解消にも効果があると言われています。

 

便が外に排出されるということは、身体の中の老廃物や毒素も

一緒に外へ排出されることで、血液が綺麗になり代謝が上がりやすく

なります。

痩せやすい体質を作るだけでなく、デトックス効果によって

肌にも良い影響を与えるので、美肌効果も期待出来ると言われています。

 

パントテン酸

 

パントテン酸はビタミンB5とも言われている成分になります。

パントテン酸は食べることで、ニキビや肌荒れを防ぎ

肌の良い状態を維持してくれる働きもあるのです。

 

また、コラーゲンの生成をサポートする働きのあるビタミンCを

助けてくれることから、さらに肌に潤いを与えることが出来ます。

 

ナイアシン

 

あまり聞きなれない栄誉素だと思いますが、

ナイアシンは身体の中の有害物質を分解してくれるもので、

ビタミンB群の一種になると言われています。

 

有害物質とは、アルコールによって発生するアセトアルデヒド

などのことを言います。

アルコールを飲み過ぎると二日酔いになってしまいますが、

その原因はナイアシンが不足してしまうことが1つの原因となります。

 

エリンギを食べることで、ナイアシンを摂ると二日酔いの影響を

少なくすると言われています。

 

他にも、ナイアシンは血行を良くすることから、肌のくすみにも

良いのです。

 

ダイエット効果

 

上記に挙げた通り、エリンギにはたくさんの栄養素が含まれています。

カロリーが低いことや、歯ごたえがあり満腹感も感じやすいので

ダイエット食材にはとても良い食べ物です。

 

どの料理とも合わせやすいので、工夫して色々な料理に

組み合わせて作ってみてください。

 

しめじ

 

しめじに含まれている栄養成分は

 

・食物繊維

・ビタミンD

・オルニチン

・レクチン

・グルタミン(酸)

・チロシナーゼ阻害物質

 

などが含まれていています。

 

食物繊維の効果はエリンギに載せてあることと同じになるので

略させて頂きます。

 

ビタミンD

 

ビタミンDが不足してしまうと、骨や筋肉が弱くなり怪我のリスクが

高くなってしまいます。特に、女性の場合は閉経後に

女性ホルモンの分泌が少なくなるため骨粗しょう症などのリスクも

高まってしまいます。

 

また、冬の時期に発症が多いインフルエンザは

ビタミンDを摂ることで予防にもなると言われています。

インフルエンザの予防は食生活の改善だけでなく、日光を浴びること

でも予防出来るそうです。

 

グルタミン(酸)

 

しめじに含まれるグルタミンには成長ホルモンを高める効果が

あると言われていて、成長ホルモンには体脂肪の燃焼をサポート

する働きがあるため、余分な脂肪が落ちやすくなり、

ダイエットには良い栄養素になります。

 

オルニチン

 

しめじに含まれるオルニチンはアルコールの分解で有名なものになりますが、

グルタミンの効果と同様に、脂肪燃焼の効果が期待されています。

成長ホルモンが分泌されることで、新陳代謝が上がり脂肪の燃焼を

促進し、脂肪が落ちやすくなります。

 

レクチン

 

しめじに含まれるレクチンという栄養素が食欲を抑える働きがあるため、

食事の最初に食べることで自然に食事量が減ると言われています。

 

また、噛みごたえもあるのでさらに満腹感も感じやすくなります。

 

しいたけ

 

しいたけに含まれる栄養成分とは

 

・食物繊維

・ビタミンB群

・ビタミンD

・レンチナン

・エリタデニン

 

食物繊維とビタミンDの健康&ダイエット効果は

上記に載せてあるので読んでみてください。

 

レンチナン

 

しいたけが嫌い・・・という人も多いと思いますが、

しいたけが苦手と感じてしまう原因の1つとして

臭いが考えられますが、レンチナンはしいたけの独特な

臭いの成分とされています。

 

エリタデニン

 

しいたけに含まれるエリタデニンには

血中のコレステロール値を下げる効果があり、

生活習慣病などの予防が期待出来ると言われています。

 

また、血液をサラサラにして血流を良くするので

代謝も上がりやすく、痩せやすい体質になることや

冷え性やむくみの改善にもなると言われています。

 

エリタデニンはキノコの中でもマッシュルームと椎茸

にしか含まれていません。

しかし、マッシュルームには少量しかエリタデニンは

含まれていません。

 

生シイタケと干しシイタケの違い

 

栄養価としてはどれも干しシイタケの方が高くなります。

ビタミンDに関しては約30倍の差が出来るそうです。

 

また、干しシイタケの戻り汁は捨てずに

 

・煮物

・味噌汁

・雑煮

・そうめんのつゆ

 

など様々な料理に工夫して使うことが出来るので、

試してみてください。

 

えのき

 

えのきには

 

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンD

・ナイアシン

・食物繊維

・GABA(y-アミノ酪酸)

・エノキタケフェノール酸

・エノキタケリノール酸

・グアニル酸

 

などの栄養素が豊富に含まれています。

 

GABA(y-アミノ酪酸)

 

y-アミノ酪酸はタンパク質を構成しないアミノ酸の1種

と言われていて、自律神経でリラックス効果のある副交感神経を

活発化させる働きがあるので、リラックス効果が期待出来ます。

 

また、高めの血圧を改善させる働きもあることから、

健康にも良いと言われています。

 

 

エノキタケフェノール酸

 

えのきにしか含まれていないエノキタケリノール酸には

脂肪の代謝を活性化させる働きがあり、特に内臓脂肪の代謝を

活性化させると言われています。

 

エノキタケリノール酸

 

エノキタケリノール酸もえのきにしか含まれていない

成分になり、興奮した時に分泌されるアドレナリンと一緒に

なる事で内臓脂肪が落ちやすくなると言われています。

 

グアニル酸

 

えのきに含まれるグアニル酸は身体の中の毒素を外へ排出する

働きがあるため、便秘が解消されやすくなったり、毒素が原因で

出来るニキビや吹き出物などが治りやすくなり、美肌効果が期待出来ます。

 

 

『えのきを長持ちさせる方法として』

 

えのきは買ってから2.3日で使い切ると良いですが、

余ってしまった場合は平にしてえのきを並べ

空気を抜いた状態でジップロックに入れると

2~3週間は持つと言われています。

一度冷凍することで細胞壁が壊れ、さらに栄養が

吸収しやすくなるのです。

 

 

『えのきのダイエット効果を高めるには』

 

★えのきの天日干し★

 

えのきを冷凍すると栄養価が上がると言いましたが、

天日干しをするだけでも栄養価だけでなく、

うまみ成分も上がると言われています。

 

天日干ししてから約1時間でビタミンDは2倍になり、

グアニル酸に関しては約10倍も増えるので、さらに

内臓脂肪が落ちやすくなるのです。

 

 

舞茸

 

まいたけには

 

・食物繊維

・ビタミンB

・ナイアシン

・キノコキトサン

・エルゴステロール

・酵素エンドペプチダーゼ

・MD-フラクション

 

などが舞茸に含まれる栄養価になります。

 

エルゴステロール

 

エルゴステロールは太陽の光を浴びるとビタミンDに

変化する栄養素と言われていて、カルシウムの代謝を

サポートする働きがあります。

カルシウムの代謝が上がることで、骨を丈夫にし転倒した時

のケガのリスクを少なくしてくれます。

 

酵素エンドペプチダーゼ

 

酵素エンドペプチダーゼはお肉を柔らかくする作用が

あると言われているので、お肉と一緒に調理すると

お肉が柔らかくなり食べやすくなります。

 

MD-フラクション

 

舞茸のみに含まれる栄養価の1つであるMD-フラクションは

免疫力を高くする効果が期待出来るので、風邪やインフルエンザ

などの病気にかかりにくくなり健康な身体を手に入れる事が出来ます。

 

 

以上のようにきのこの種類によってそれぞれ効果が違います。

 

それぞれのきのこにしか含まれない特有な栄養価もあるので、

今日のブログを参考にして色々な料理にきのこを使って調理

してみてください。

 

ダイエットや健康に良いからとキノコばかりを食べるのではなく

他の栄養素もしっかりと摂れるように、バランスの摂れた食事を

意識するようにしてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットに関して何かお困りのことがありましたらご相談ください。

 

ダイエットだけでなく、体調不良で何かお困りのことがありましたら

お電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局

鶴見店 045-718-6801

桜木町店 045-341-4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (74)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)