完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

不妊症(基礎体温表をつけよう)

2013.09.18

基礎体温を測っていると、妊娠しやすい日がわかる

基礎体温とは、呼吸や代謝など生きていくのに最低限必要な活動をしているときの体温のこと。いわゆる睡眠中の体温です。女性のからだは、月経周期にあわせて基礎体温が変化していくので、2か月くらい基礎体温を測り続けていると、月経周期はもちろん、排卵日もある程度の範囲内で予測できるようになります。したがって、排卵日に合わせてセックスすることで、妊娠の確率を高めることができます。基礎体温を測ることは自然妊娠への第一歩なのです。

目覚めてすぐに測り、記録する

正しい基礎体温を知るには、睡眠中に近い状態で測ることが大切です。人間のからだは、少し動いただけでも体温が上昇します。食事や運動などをすれば、多くのエネルギーを燃焼するので、なおさらです。そのため基礎体温は、朝、目覚めたら起き上がらずに、ふとんの中で測るのが基本です。不規則な生活をしていると正確な数値が出ないので、最低でも毎日4時間以上の睡眠をとり、同じ時間に検温するのが無理な場合でも、目覚めてすぐに測ることだけは守るようにします。また、枕元には、婦人体温計と一緒に基礎体温表と筆記用具を用意しておき、体温を測ったらその場で記録をしましょう。表に書き込むことで、体温の推移がひと目でわかります。記入する際は、月経はもちろん、おりものの状態やセックスの有無なども併せて記入するといいでしょう。なお、基礎体温はちょっとした体調の変化にも影響を受けます。かぜや飲酒、睡眠不足や旅行など、普段の生活と違うことがあったときは、それも記入しておきましょう。

基礎体温を測るときのポイント

①目が覚めたら起き上がらずすぐに測る。

からだを動かすと体温が上がるので、寝たままの状態で測ります。体温計は寝る前に枕元に置いておくといいでしょう。

②毎日同じ時間に測る

測る時間が大きく違うと、基礎体温が安定しません。寝坊や旅行などでいつもと違う時間に測ったときなどは、その旨をメモしておきましょう。

③婦人体温計を使う

基礎体温の変化は0.2~0.4℃と小さな範囲です。体温の変化がわかりやすいように、通常の体温計よりも目盛りが細かい婦人体温計を使いましょう。

④記録する

測った体温は記録します。毎日の体温を折れ線グラフにすると、自分の月経周期や排卵日などがわかってきます。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (74)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)