完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

寒い季節にダイエットを行った時に気を付けなければいけないこと

2020.10.10

こんにちは( ̄∀ ̄)

松山漢方相談薬局 鶴見店スタッフ茉佑香です。

 

朝晩はだいぶ涼しくなり、過ごしやすい日が多くなってきました。

寒くなってくると着込んでしまい、体型を隠してしまう服装が多くなってしまうことで、

秋や冬などの寒い時期はダイエットはお休みしてしまう人も多いかと思います。

 

気温が高く汗をいっぱい掻いて夏の方が痩せると思っている人も多いかと思いますが、

気温が低く寒い時期の方が痩せやすくなるので、ダイエットを頑張るとしたらこれからの季節に

なります。

 

そこで、寒い季節に何に気を付ければ効率よくダイエットを行うことが出来るのでしょうか?

 

〜目次〜

 

  • なぜ寒い季節(冬場)の方が痩せやすいのか
  • 痩せやすい冬でも痩せない理由とは
  • 冬にオススメなダイエット料理
  • 冬にダイエットを行う時の注意点
  • 誰でも簡単♪ 寒い季節のダイエット方法

 

なぜ寒い季節(冬場)の方が痩せやすいのか

 

では、汗を掻く夏場より汗を掻かない冬場の方が痩せやすいのでしょうか・・・?

 

基礎代謝が高くなる

 

痩せやすい体質の人は基礎代謝が高いことが理由として考えられます。

基礎代謝は何もしなくても消費してくれるカロリーになり、冬場は外の気温が

低いため、身体がこれ以上体温を下げないようにするため体温を維持しようと

エネルギーが働き、代謝が上がると言われているため、1年で1番痩せやすいのです。。l

 

基礎代謝は

・年齢

・体質

・体型

・筋肉量

・性別

・生活習慣

・食生活

などによって変わってくるので、全員が全員同じというわけではありません。

 

ダイエットを始めるタイミングとしてはこれからの寒くなるタイミングである

今が結果が出やすい時期になるので、ダイエットを休まないで頑張ってみると良い

でしょう。

 

 

痩せやすい冬でも痩せない理由とは

 

痩せやすいと言われていても、毎年夏よりも太ってしまうという人も多い

かと思います。

また『冬太り』という言葉をよく耳にしている人も多いのではないでしょうか?

 

では、痩せやすい冬の時期なのになぜ太ってしまうのか、その原因について

載せていきたいと思います。

 

 食べ過ぎ

 

どの季節の時でも言えることですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが

多くなってしまえばどんどん太りやすくなってしまいます。

寒い時期で代謝が上がりやすくなっていると言っても、食べ過ぎてしまえば

もちろん太ってしまいます。

 

② 身体の冷え & 血行不良

 

気温が低くなるということは、身体も冷えやすい状態になります。

身体が冷えてしまえば血流は悪くなり、全身に血液が巡りにくくなって

老廃物も蓄積しやすい身体となります。

寒い冬だからこそ身体を冷やさないように対策をとることが大切です。

 

血流が悪くなってしまうとダイエットが効率よく行えなくなるだけでなく、

肌荒れの原因にもなるので、身体は冷やさないように温めることを意識する

ようにしてください。

 

 血行不良や冷えによるむくみ

 

冷えて血流が悪くなってしまうことで代謝が悪くなってしまい。

むくみの原因にもなります。

もし、体重が変わっていないのに周りから太った?と言われてしまったら

むくみが原因で太く見えてしまっているのかもしれません。

 

むくみを解消するには身体を温めることが大切になります。

激しい運動が苦手な人は半身浴やヨガを行うと身体への負担も少なく、

汗をいっぱい掻くことが出来るかと思います。

 

④ 運動量が減った

 

寒い季節が苦手な人は通勤や通学、お買い物に出かける際に車やバスなどを使用して

歩く機会が少なくなっていませんか?

毎日動いていたものが動かなくなることで消費カロリーは少なくなります。

それだけで太るの?と思う人も多いかもしれませんが、その毎日の積み重ねが

とても大切になります。

 

せっかくの痩せる季節なので積極的に運動を取り入れるようにしましょう。

 

⑤ イベントが多い季節

 

冬は特に

 

・クリスマス

・忘年会

・新年会

・年末年始

・バレンタイン

・ホワイトデー

 

などイベントが多い季節になるので、食べ過ぎや飲み過ぎてしまう機会が

多くなってしまい冬に太ってしまうという人が多いでしょう。

 

イベントが多くても太らない習慣を身につけることが出来れば飲み会などで

太らないように食生活を改善することが大切になります。

 

 

冬にオススメなダイエット料理

 

寒い冬でのダイエット中に是非食べていただきたいオススメな料理とは?

 

① 

 

冬といえば鍋!!と答えるほど定番な料理になりますが、鍋はとても簡単で

野菜を多く摂れる料理となるのでダイエットに良いと言われています。

しかし、鍋は鍋でも入れる具材によっては太りやすい食材や太りにくい食材が

あるので、オススメな鍋の食べ方の工夫について載せていきたいと思います。

 

☆ お肉は別の鍋で下茹でを行う

火を通していないお肉をそのまま鍋に入れてしまうと、鍋に出た脂がスープに出て

そのスープを残さず飲んでしまったり、シメのラーメンや雑炊に使ってしまうと

お肉から出た脂も全部摂取してしまうので、あらかじめ別の鍋で脂を落としてから

鍋に入れることでカロリーをカットする事が出来ます。

 

☆ 春雨はなるべく使わない

春雨ダイエットという言葉を耳にした事があると思いますが、春雨は糖質が多い食材

になるので食べ過ぎてしまうと脂肪として蓄積されやすくなってしまうので太りやすい

食材となるので、食べ過ぎには十分に注意してください。

 

☆ バランス良く鍋に入れる

 

鍋は野菜やきのこ類もたくさん摂れる料理となります。

だからと言って野菜やきのこだけの鍋にするのではなくタンパク質であるお肉も

しっかりと鍋に入れ、バランス良く食べる事が大切です。

 

野菜を食べるにしても糖質が多い野菜の摂り過ぎには気をつけてください。

 

☆ シメの麺類やご飯は避ける

 

鍋のシメといえば残ったスープに麺やご飯を入れて食べる人が多いでしょう。

しかし、ついつい食べ過ぎて太ってしまうといった経験も多いかと思います。

シメは次の日に回したり、軽く1杯分食べるなどして食べる量を調節するように

心がけてみてください。

 

② ショウガを使った料理

 

寒い冬には身体を温めるために唐辛子を摂る人も多いかと思いますが、

唐辛子は一時的に身体を温めますが、すぐに身体が冷えてしまうので身体の芯

の部分は暖まらない食材になります。

身体の芯の部分から温めるためには『ショウガ』が良いと言われています。

また、ショウガにはたくさんの効果があり、

・血行促進による基礎代謝の向上

・脂肪燃焼

・血糖値上昇を抑える

・冷え性改善

・消化機能の向上

・殺菌作用

・抗菌作用

・免疫力の向上

など様々な効果が期待出来ます。

 

身体を温めるという目的では唐辛子よりもショウガを積極的に摂るように

すると良いと思います。

 

③ スープやポトフ

 

スープやポトフも野菜がたくさん含まれた料理になります。

野菜を多く摂ることで満腹中枢を刺激し、全体的に食事量を落とすことで

摂取カロリーを抑えることが出来ます。

 

歯応えのある野菜を入れるとより噛む回数が増えるので、大きめに野菜を

切るように工夫したりするとより良いと思います。

 

せっかくの痩せやすい季節なので積極的に痩せる食事を摂り、無理なく

健康的に痩せるダイエットを行ってください。

 

 

冬にダイエットを行う時の注意点

 

何に気をつければ冬のダイエットを効率よく行うことが出来、冬太りを気にしている人は

体重を維持するために何に気を付ければ良いのでしょうか?

 

① 身体を冷やさない

 

冬は気温が低いため身体の体温を維持しようと代謝が上がりやすくなりますが、

足下を冷やしてしまっていたり、身体が冷えた状態が続いてしまうと代謝はもちろん

落ちやすくなってしまいます。

 

体温が1℃上がると基礎代謝は約13%も上がると言われているので、

代謝の向上のためにも身体を冷やさないことが大切になります。

冬は冷たいお水を飲まないで、常温のお水や白湯を積極的に摂るようにし

身体を温めることが重要です。

 

② 適度な運動

 

外が寒いからと言ってずっと家に籠っているのではなく、いつもと変わらない

生活習慣を送るようにしてください。

毎日行っている運動が無くなるだけで運動量が落ち、筋肉量も落ちやすくなります。

 

無理にガチャガチャ運動しなくても良いので、家事を頻繁に行うように意識するだけでも

運動量は増えるのでこれからの季節であまり外に出かけたくないなという人は

試してみてください。

 

③ 自分の摂取カロリーを理解する

 

人それぞれ基礎代謝が異なるということを載せましたが、太ってしまう原因は

消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなってしまった時です。

どの季節のダイエットにも言えることですが、運動量が少なくなってしまえば

腹八分目を七分目に抑えたり、いつもよりも野菜を多めに摂って満腹感を

得るようにするなど、自分の摂取カロリーを考える必要があります。

 

特に冬はイベントが多い季節になるので、食べ過ぎてしまったら次の日の

食事内容をしっかりと考えることが大切です。

 

 

誰でも簡単♪ 寒い季節のダイエット方法

 

ダイエットと意識し過ぎてしまうと嫌になってしまったり、かえってストレスが

溜まってしまいダイエットを諦めてしまう人も多いでしょう。

そこで、これからの寒い季節の中で簡単に出来るダイエットについて載せていきたい

と思います。

 

① 冷たい飲み物を避ける

 

夏は気温が高く冷たい飲み物を飲みたくなる機会が多いかと思いますが、

冬は気温が低いため、冷たい飲み物が苦手・・・という人も多いでしょう。

寒いこの時期だからこそ温かい飲み物を積極的に摂るように意識しましょう。

 

特に朝起きた時は体温が一番低いと言われているので、身体を温めるためにも白湯を

飲むようにすると、胃腸の働きが活発になり代謝も上がりやすくなるので痩せやすく

なります。

 

② 湯船に浸かる

 

シャワーのみで終わらせてしまうと身体の芯の部分は温まっていないため、代謝が

上がりにくく痩せにくい体質になってしまいます。

湯船に浸かりしっかりと身体を温めることによって芯の部分から温められるので

代謝が向上しやすくなり痩せやすい体質となります。

 

あまり高い温度に設定してしまうと湯船に浸かっている時間が短くなってしまうため

39〜40℃くらいの温度に設定し、最低でも15分くらいは湯船にゆっくりと

浸かるようにしてください。

湯船に浸かっている間に何もしないのはもったいないのでマッサージを行うと

さらに血流が良くなるのでダイエット効果が上がりやすくなります。

 

 

これからの寒い季節に向けて少しでも簡単で気軽に出来るダイエット方法に

ついて載せてきました。

冬太りにも必ず原因があるので、もし当てはまる習慣があれば少しずつ改善出来るように

頑張ってみてください。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っおります。

・一人ではなかなか痩せられない

・ダイエットで何が正しいのかが分からない

・リバウンドしたくない

・健康的に痩せたい

・運動が苦手

など、ダイエットで何かお困りのことがありましたらご相談ください。

 

他にも体調不良で何かお困りのことがありましたらお電話でご予約してご相談ください。

 

松山漢方相談薬局 鶴見店

神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2

鶴見フーガ2 3F

〜JR鶴見駅西口より徒歩1分〜

〜京急鶴見駅より徒歩3分〜

TEL 045−718−6801

 

松山漢方相談薬局 桜木町店

神奈川県横浜市中区花咲町1−19ー3

セルアージュ横浜桜木町ヴァルール 101

〜JR桜木町駅西口より徒歩3分〜

〜ブルーライン桜木町駅より徒歩1分〜

TEL 045−341−4823


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (78)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)