完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

不妊症のよくある質問③

2013.09.29

Q、性感染症にかかったことがあります

A、感染者の多いクラミジアは卵管障害の原因になります

 

性感染症には多くの種類があり、不妊の原因になるものも少なくありません。なかでもクラミジアは、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし、その後遺症から卵管の癒着や閉塞が生じて、精子や卵子が通過できなくなることも。また、自覚症状がほとんどないこともあり、知らないうちに感染していたということも。診断方法は、子宮頸管の粘液を採取してクラミジアの有無を調べる方法と、血液から抗クラミジア抗体を測定する方法があります。血液検査で陽性反応が出た場合、クラミジア感染が進行中であるかだけではなく、過去に感染があった可能性もわかります。いずれの場合でも、卵管がダメージを受けて不妊を引き起こしていることがあるので、子宮卵管造影検査などで調べてもらいましょう。

 

Q,小さな子宮筋腫があります

A、小さければ大丈夫。ただし場所によっては摘出や漢方薬が必要なことも。

 

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことで、年齢が高めの人に多く見られます。腫瘍が小さければ、妊娠できることが多く、ほとんど問題はありません。ただし、子宮の内側に突出する粘膜下子宮筋腫の場合は、受精卵が着床する場所に腫瘍ができるため、着床障害になる可能性があります。小さくても不妊や流産の原因になるため、その場合は、切除や漢方薬の服用をしていく必要があるでしょう。

 

Q,平熱が低いと妊娠しにくいのですか?

A,平熱とは関係ありません。ただし、冷え性ならば漢方薬などで改善が必要です。

 

平熱が低いことは妊娠にあまり関係がありません。しかし平熱が低いだけでなく、いつも手足が冷たいなど冷え性の人は、妊娠しにくくなるので、漢方薬局に相談して下さい。冷え性は血液の循環が悪いことが、原因ですが、卵巣や子宮の血液の流れが悪いと、それらの働きも悪くなります。血行をよくする生活を心がけましょう。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (73)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)