完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

ダイエット 漢方コラム

『陰虚体質の養生法』

2014.06.02

『陰虚体質の養生法』

 

陰虚体質とは、簡単に説明すると『身体を潤せない人や、熱を冷ます機能を失うことが多く、これによって慢性疲労性の熱を伴うようになった体質』をいいます。

 

陰虚体質の特徴として、手足がほてる、口やのどが乾燥する、肌が乾燥して荒れている、カラ咳が出る、便秘がち、髪のツヤがなくなる、ドライアイになりやすいなどです。 さらには、やせ形で食べても太らない人や、50歳前後の更年期の女性に多い体質で、ひどいと微熱や寝汗が出ることもあります。

 

生活のアドバイスとしては、炎天下での作業やサウナなどで汗を出し過ぎるのは禁物。こまめな水分補給を心がけましょう。

 

食事では、辛味や熱性の食材(しょうが、にんにく、ねぎなど)は控え、涼性の食材(きゅうり、豆腐、トマト、黒酢)を多めに摂るといいでしょう。

 

陰虚体質の方にとっても効果があるものが、以前にも紹介した、不老不死・若返りの高貴薬『瓊玉膏』です。

 

・『瓊玉膏』の年齢別の使い方

『成長期の小児など』 骨や肉を作らなければならず、陰液は常に充分に補給する必要があり、健康な小児でも、飲んでいると丈夫な体を作る助けになります。

『壮年の方など』 陰陽のアンバランス(長期的な睡眠不足・不規則な生活による精神的・肉体的なストレス・休んでも疲れが取れない)あるいは、手術後・重病・出産・育児などでの体の衰え・強壮強性に効果があります。

『中年・老年の方など』 肝腎の陰液を補うのに、成分中の地黄が効果的に働き、老化防止に役立ちます。 人参・茯苓は陽気を補い、陰陽のバランスをとります。肌のカサツキや長期の咳にも大変効果的です。 詳しくは薬局にて、ご説明いたします。

 

 

体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方は、ご相談して下さい。

漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談して下さい。

 

KANPORO松山漢方相談薬局へのアクセス、ご予約、場合のお問い合わせなど、お気軽に045-718-6801までお願いします。

 

住所

横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

 

KANPORO松山漢方相談薬局

松山 拓郎


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2021 (1)
  • [+]2020 (87)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)