鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2017年02月14日

病気になる前兆を見逃さないで カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

最近漢方の特集がテレビで見られるようになってきました。

それと同時に、健康志向の方も増えてきたように感じます。

 

普段から気になることが、病気になる前兆であることを知っていますか?

例えば、目にクマができやすい・顔にシミが出来ている方は歳をとったのかしらと思いがちですが、漢方ではお血という血液の滞りを指します。

他にも肩の痛みや腰の痛みが移動したり痛いときと痛くないときがある場合もお血という状態が多いです。

他にも、肌がカサカサでザラついている・唇の色が黒みを帯びている・歯茎が紫がかっている・舌が黒ずんでいる・頭痛・下腹部が痛くなる・あちこちに血管が浮き出ている・へその周りを押すと痛みがある・痔になりやすい・生理不順、生理痛がある

などの症状です。

気になるけど、生活を送れないほどではないため、治療を求めない人は多いでしょう。

血流が悪いと、全身でエネルギー代謝を行う毛細血管に酵素が届かない上、脂肪燃焼酵素リパーゼも活性しにくくなって痩せにくい身体になります。


また女性ではお血があると骨盤内にうっ血が起こり、冷えやすくなったりホルモンバランスを乱すことにもつながります。

そのままにしておくことで、高コレステロール血症、高血圧、血糖値が高い、高脂血症などに繋がり、糖尿病・脳血管障害・心疾患など危険度が高くなりますので、すぐにでも対策が必要です。

 

気になる兆候がある方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

今のサインを見つけオーダーメイドで漢方をお渡しいたします。

 

その他にもたくさんのご相談があります。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴り・不安・疲れ・不眠症・不妊症・乾燥肌、ニキビ、アトピー、アレルギー、花粉症、風邪、インフルエンザ、腰痛、頭痛、関節痛、がん予防、免疫力の低下、疲労、高血圧、低体温、生理不順、月経痛、不眠症、関節痛、貧血、食不振、脂肪肝、糖尿病、心身症、認知症、冷え性など。

 

これらの地区の方からご相談いただいております。

横浜市鶴見区・横浜市港北区・横浜市神奈川区・神奈川県旭区・神奈川県中区・神奈川県港南区・神奈川県南区・神奈川県緑区・神奈川県保土ヶ谷区・神奈川県戸塚区・神奈川県磯子区・神奈川県泉区・神奈川県瀬谷区・神奈川県青葉区・川崎市・東京都立川市・東京都港区・東京都大田区・東京都多摩市・東京都目黒区・世田谷区・船橋市・大島・北海道・新潟市など

 


ページ上部へ