リニューアル準備中

ただいまウェブサイトのリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
新しいウェブサイトの公開まで今しばらくお待ち下さい。

鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2014年01月25日

不妊の2大原因『冷え』と『瘀血(おけつ)』 カテゴリー:

『冷え』が子宮や卵巣の機能を低下させる

漢方では、『冷え』と『瘀血(おけつ)』を不妊のおもな原因と考えます。年齢や婦人科疾患などの要因もありますが、不妊に悩む女性の多くは、体が冷えているか、血液循環が滞って古い血がたまっているか、もしくはその両方の症状がみられます。

体が冷えると、子宮や卵巣も冷え、いい卵子ができづらいからです。温かくふかふかしている子宮には、受精卵が着床しやすいのですが、冷えてかたければ、着床しにくくなります。

また、漢方では、卵巣機能不全や黄体機能不全などの機能的な不妊も、冷えにより、子宮・卵巣の働きが低下していることに起因すると考えられます。

 

『瘀血』がたまると婦人病の原因にも

一方、瘀血は古血とも呼ばれ、体内に滞っている、うっ血した血液のことです。

子宮や卵巣に元気に働いてもらうには、新鮮できれいな血液が必要です。瘀血は生理と深く関わっています。冷えや夜更かしなどで血のめぐりが滞ると瘀血がたまり、生理痛や卵巣機能の低下、さらには子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫といった婦人病の原因にもなります。

体質的に瘀血がたまりやすい人もいますが、油ものやお菓子をとり過ぎる食生活や太り過ぎも、瘀血の要因になります。

また、長期のホルモン治療も、瘀血の原因のひとつ。年齢によっては、ある程度のホルモン治療は必要ですが、あまりに長期にわたるとなると話は別です。長期のホルモン治療で、かえってホルモンバランスを崩して体重を増やし、瘀血をつくり出してしまっている人も少なくありません。

現代の女性を取り巻く環境は、不規則な食生活や極端なダイエット、素足のファッションなど、冷えと瘀血の原因となるもののオンパレード。こうした生活を見直すことが、妊娠力を高める第一歩になるのです。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

 


ページ上部へ