完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方コラム

春の不眠に 『能活精』

2014.05.17

春の不眠に『能活精』


春の不定愁訴には花粉症、めまい、耳鳴り、頭痛、肩こりなどがあります。

いずれも寒さやストレスで気血のめぐりが悪くなり、(気血の排気ガス)である血熱が頭へ上がっていくことで引き起こされる状態です。これらは、いつの間にか身体のどこかが冷えていることの裏返しです。

また、(どうしよう)と思った瞬間に気血の流れは、きゅっと閉まって鈍くなります。

 

能活精の羚羊角は、(気血の排気ガス)を外へ出す(頭の換気扇)です。血熱が上がって眠れない興奮状態を鎮めてくれます。

よく受験生の集中力アップに使われますが、脳内環境が乱れているから集中したくても集中できず、寝てはいけない時に眠気に襲われるのです。

 

頭の中がすっきりしていれば、すべては自分の思い通りです。

 

漢方相談、ダイエット、不妊相談、自律神経失調症、更年期などのお悩み方、ご相談下さい。

 

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局へのアクセス、ご予約、場所のお問合わせなど、お気軽に045-718-6801までお願いします。

 

住所

横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

 

KANPORO松山漢方相談薬局

松山 拓郎

 

 

 

 

 


最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

  • [+]2020 (74)
  • [+]2019 (472)
  • [+]2018 (415)
  • [+]2017 (250)
  • [+]2016 (275)
  • [+]2015 (268)
  • [+]2014 (158)
  • [+]2013 (62)
  • [+]2012 (1)