鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年08月12日

かぼちゃの種捨てていませんか? カテゴリー:

こんにちはd( ̄  ̄)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日はみなさんが捨ててしまっているかもしれないカボチャの種について載せていきたいと思います。

 

カボチャの種には様々な栄養が豊富に含まれています。

そこでかぼちゃの種を食べることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

①排尿障害の軽減

女性の排尿障害の原因としては女性ホルモンの乱れなどが関係していると言われています。

カボチャの種には抗菌作用や炎症を抑えてくてくれる働きや、過敏性や頻尿などの排尿障害を軽減してくれる効果があります。

 

男性の場合は前立腺肥大症を改善する効果があると言われています。

 

②骨粗鬆症予防

上記の排尿障害の原因と同様にホルモンバランスの乱れが関係しています。

なのでホルモンバランスを整えることや、カボチャの種に含まれるカルシウムなどの栄養で丈夫な骨をつくることが出来るため、骨粗鬆症の予防に繋がります。

 

③体力をつける

カボチャの種にはミネラル(リン・カルシウム・カリウム・鉄・セレン・亜鉛など)が豊富に含まれています。ミネラルには身体全体の機能を高めてくれて、体力の増強効果があると言われています。

なのでミネラルをたくさん摂ることにより疲労しにくい身体を作り、体力の増強になります。

 

④ダイエット効果

カボチャの種には血流を良くしてくれる効果があり、そこから新陳代謝が上がり代謝を良くしてくれます。

それだけでなくオメガ−3脂肪酸も含まれているので、中性脂肪を少なくしてくれる働きもあることからダイエット効果に繋がります。

 

⑤活性酸素除去

老化や病院の原因となっている活性酸素を除去してくれる働きがあります。


などカボチャの種には様々な健康になれる効果があります。

今カボチャの種を捨ててしまっている方は是非調理して残さず食べてみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

 

他にも自律神経失調症、胃腸虚弱、不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、動悸、めまい、耳鳴り、がん予防、生活習慣病、白内障、緑内障、口内炎、鼻炎、蓄膿症、白髪、抜け毛、アレルギー、アトピー、ニキビなどお困りの方お電話でご予約ください。


ページ上部へ