鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月22日

夏に多い症状 カテゴリー:

みなさんこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

現在産休中ではありますが健康情報を載せていきます☆

私事ではありますが、妊娠37週に入りました。

いつ生まれても良い正期産に入りました!

あとは赤ちゃんのタイミングを待つのみですね☆

頑張ります。

今日のテーマは

「夏の湿気からくるだるさ」です。

雨の日が続きジメジメとした憂鬱な時期です。

気圧の変化から頭痛やだるさの多い人もいるでしょう。

実際に漢方薬局に相談に来る人は多くいます。

古傷が痛んだり、腰痛が悪化する人も多いでしょう。

 

漢方では「湿邪」という言葉があり、

対外の湿気をいい、胃腸炎や嘔吐・下痢・だるさなどの症状があります。

 

他には「痰飲」といい、体内の余った水分を指します。

全身の体がだるく・食欲低下などがあてはまります。

 

夏にだるさがでるのは漢方ではしっかり原因があります。

夏場辛い方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

辛い邪を取り除きましょう(#^^#)

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

アレルギー・喘息・つかれ・不安・ダイエットなどでお困りな方はお電話にてご予約ください。


ページ上部へ