鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2016年07月29日

漢方で貧血を治そう カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

 

今日は「貧血」について載せていきたいと思います。

「血」は人体構成と生命活動維持していくうえでとっても大切なものの一つです。

「血」が足りていることで顔色が良く、筋肉が充実し皮膚と毛髪に潤いと艶がある。

視力も良く関節活動もしっかりしているのです。

さらに

精神は充実し、意識・感覚も鋭く、良く動くことが出来ます。

貧血が起こると

顔面蒼白になり冷や汗・悪心・嘔吐・目の前が白くなり意識がなくなります。

 

西洋医学の治療法

貧血の原因である疾患(胃潰瘍・子宮内出血など)があるようならばその治療が最優先

同時に鉄剤を服用するなどして貧血状態の改善を図ります。

鉄材は便秘や嘔吐など副作用があります。

 

東洋医学の治療法

貧血の症状は血虚(けっきょ)の状態と考えられます。

貧血は気と血が両方不足している気血両虚(きけつりょうきょ)の状態と もいえます。

ただ「血」が不足している原因だけでなく気虚もまた気が不足している状態をも指します。

 

東洋医学では血を補うだけでなく巡らせる気も重要と言えますね。

血を補う生薬や消化器が弱い人には気を補う生薬を使用していきます。

 

気になる方はお電話にて松山漢方相談薬局にご予約ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

耳鳴り・不安・疲れ・アレルギー・喘息・ダイエットなどでお困りな方など。

 

 

 


ページ上部へ