リニューアル準備中

ただいまウェブサイトのリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
新しいウェブサイトの公開まで今しばらくお待ち下さい。

鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス
2018年05月17日

低体温って恐ろしい‼ カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日も健康情報を載せていきます。

テーマは低体温についてです。

食事からとった栄養のうち、糖質をATPに変化させるためには、マグネシウム・鉄・マンガン・銅などのミネラルやB1・B2などのビタミンが必要になります。

不足してしまうと食べ物からエネルギーや熱を作ることができなず、体温が上がらなくなり、低体温からくる体の不調を起こすのです。

35℃では癌細胞が最も増殖する温度になります。

免疫力は20%程度となります。

35.5℃は消化吸収・排泄機能の低下(下痢・便秘・腹痛などの消化器症状)

自律神経失調症の出現(倦怠感・ほてり・冷え性・生理不順)

アレルギー症状の出現

免疫力は30%程度となります。

36℃筋肉運動により熱を生む。免疫力は65%

36.5℃が健康体であり、免疫力旺盛となります。

免疫力は100%となります。

最低でも36.5℃でいたいですね。

 

そこで必要なものが、バイオリンクになります。

エネルギーに変換させる、ミネラル・ビタミンがバランスよく入っており、野菜不足や偏った食事にプラスオンしましょう。

次回はミトコンドリアの話をしたいと思います。


ページ上部へ