鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

30年ほど前までは、不妊症の原因は女性にあると考えられていました。しかし、男性に原因がある場合も多いことが知られるようになり、今では不妊症全体の50%前後を占めると考えられます。男性の不妊原因には以下の症状があげられます。

①乏精子症

精液中の精子の濃度が薄いものをいい、一般的には、精液1ml中、精子数が2000万以下をいいます。自然妊娠の可能性が低くなり、精子濃度が500万/ml以下になると自然妊娠の可能性は著明に低くなります。

②無精子症

精液中に精子が全く見つからないものを言います。自然妊娠は期待できませんが、精巣上体や精巣そのものには精子が見つかることも多いので、あきらめる必要はありません。

③精子無力症

精子の運動能力に問題があるものです。精液中に動いている精子の割合が、50%を下回るものをいい、自然妊娠の可能性は低くなります。

④奇形精子症

正常な形をした精子が、30%に満たない場合を、奇形精子症といい、この場合は受精が起こりにくくなり、自然妊娠の可能性はやはり低くなります。

これらの症状を引き起こす原因

最も多いのは、特発性造精機能障害と呼ばれる原因不明のものです。精巣の中における精子の産生が少なくなっています。精索静脈瘤も男性不妊症の重要な原因の一つです。精巣では精子が作られているのに、精子の運搬に問題がある場合もあります。精子の輸送路が先天的に欠損しているものを精路欠損症と呼び、輸送路が閉塞している場合を精路閉塞症と呼びます。射精された精子が膀胱に逆流する場合を逆行性射精と呼びます。精液量が1ml以下と少ない場合に疑います。染色体異常が原因で無精子症になることもあります。

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

①卵管炎

性交渉などを通じて女性の膣や子宮内の侵入した病原微生物が、卵管の中や周囲に広がり炎症を起こすと、柔らかくてもろい卵管は閉塞したり、繊毛を失ったりします。これが卵管炎です。特に卵巣や卵管の周囲の感染症は、付属器炎と呼ばれます。さらに、炎症が広がり下腹全体に広がり始めると、骨盤腹膜炎と呼ばれます。病原微生物として多いものは、クラミジアです。他にも、淋菌、大腸菌などの細菌や、ウレアプラズマ、マイコプラズマなどがあります。クラミジアは大きさで言うと細菌とウイルスの中間に位置する微生物で、性行為を通じて感染します。子宮頸管や卵管内、その周囲に炎症を起こし、症状が進むと卵管の癒着や閉塞を招きます。自覚症状としては、おりものの量が増加し、下腹が重く、時には痛む場合に疑われます。高熱が出ることは稀です。男性では尿道炎の原因となり、排尿時に痛みを感じるようになります。

②子宮内膜症

子宮内膜は、卵巣ホルモンの働きにより子宮の内壁に増殖する組織で、受精卵のベッドとなるものです。月経の時に出血とともにはがれ落ち体外へ出ていきます。子宮内膜症とは、この子宮内膜と同じような組織が卵巣や卵巣周囲、子宮の筋肉の中や、子宮の裏側のダグラス窩と呼ばれる所などで生え始めて増殖するものです。これを異所性の子宮内膜といい、その部位で出血し、炎症を起こし、その結果癒着が生じたり行き場のない血液がたまります。卵巣の中に血液がたまると、卵巣嚢胞を形成し、中の血液が古くなると卵巣チョコレート嚢胞と呼ばれます。また、子宮の柔らかい筋肉の中にできた子宮内膜症から出血が起こると、子宮の筋肉はだんだん硬く腫れてきます。これを、子宮腺筋症と呼びます。卵巣にできた子宮内膜症は、排卵を妨げたり卵巣周囲に癒着を招いて排卵された卵子が卵管に吸い込まれるのを妨げます。自覚症状として、月経時の痛み、性交時の痛み、不妊症が特徴です。特に月経痛がだんだん強くなる場合は要注意です。痛みなどの症状が全くない場合もあります。

③卵管留水腫

卵管に細菌などが感染して炎症を起こすと、卵管内に分泌物や膿がたまって腫れあがります。この状態を卵管留膿症といいます。炎症がさらに進むと卵管の先の卵管采が閉塞し、中の分泌物や膿が吸収され、その後に水がたまります。この状態を卵管留水腫といいます。卵管采が塞がってしまうと、排卵された卵子を卵管内に取り込めなくなり、不妊症の原因となります。もう一方の卵管が正常であれば自然妊娠は期待できます。この卵管留水腫は子宮卵管造影などで発見されます。両者の卵管采が塞がっている場合は、体外受精による治療が有効です。

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718ー6801

①体重の増減や激しいスポーツによる無排卵

肥満やヤセが、無排卵の原因となることがあります。ボディマスインデックス(BMI)が正常範囲の方は、妊娠しやすいと考えられます。このBMIとは、体重を身長の2乗で割った値であり、20~24㎏/㎡を正常値とします。例えば、体重50㎏、身長160㎝としますと、50割る1.6割る1.6で19.5となり、ほぼ正常範囲と言えます。初潮は、ボディマスインデックスが19以上にならないと起こりにくいと言われています。

②内分泌機能の低下

視床下部の機能が低下して、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)などの分泌が不十分になり、その結果、排卵が起こりにくくなる症状です。多くは原因不明です。血液検査で血中ホルモンの値を調べることで診断されます。LHやFSHの値が低い場合には、視床下部や脳下垂体の機能低下が疑われます。

③多嚢胞卵巣症候群

無排卵症の原因として最も多いものです。慢性的な男性ホルモン過剰状態が特徴で、高アンドロゲン性慢性排卵障害とも呼ばれます。卵巣にたくさんの小嚢胞が見られます。自覚症状としては、月経周期が長くなるか、無月経となります。症状の強い例では、無排卵に加えて、肥満や、ニキビ、多毛などの男性化がみられます。多嚢胞卵巣症候群の方は、将来、糖尿病を合併しやすいと考えられています。

④卵巣の機能低下、異常

卵巣の中には、卵子のもとである原始卵胞がたくさんつまっていて、片側の卵巣に1個の卵胞が発育し、やがて卵胞が破裂し排卵が起こります。この原始卵胞が極端に少なくなり、排卵が起こりにくくなる状態を、卵巣性無排卵といいます。無排卵症の中でも最も治療の難しいタイプです。そのほかに黄体化非破裂卵胞症候群があり、卵胞が成長して排卵期が来ても、卵胞が破裂せず、排卵が起こらないままに卵胞が黄体へと変化する症状です。基礎体温は2相性となり、排卵が起こっているように見えます。超音波検査で連続して卵胞を観察することで診断されます。

⑤高プロラクチン血症

プロラクチンとは、乳汁分泌ホルモンとも言われるもので、出産すると脳下垂体から大量に分泌され、母乳が出る仕組みになっています。また大量に分泌される授乳期間中は排卵が起こらなくなります。高プロラクチン血症とは、このプロラクチンの分泌が増加する症状で、無排卵や黄体機能不全の原因となります。自覚症状として乳汁の分泌が見られる方もあります。高プロラクチン血症の原因としては、ストレス、甲状腺機能低下、多嚢胞卵巣症候群、脳下垂体のプロラクチン産生腫瘍などが考えられます。胃薬や精神安定剤などの薬剤が原因の場合もあります。

⑥甲状腺機能異常

甲状腺機能の異常には、二通りがあります。一つは甲状腺機能が亢進してホルモンの分泌が増加する甲状腺機能亢進症で、代表的なものにバセドウ病があります。もう一つは、甲状腺機能が低下して必要なホルモンの分泌が減少する甲状腺機能低下症で、代表的なものには橋本病があります。いずれも無排卵症や流産の原因となります。甲状腺機能異常を引き起こす原因としては、ストレスなどが考えられます。甲状腺機能低下症の場合は、痩せすぎが原因となることもあります。

不妊のお悩み相談して下さい。

045-718-6801

 

ホルモンの作用と排卵

卵子が完全に発育を遂げ排卵されるためには、視床下部や脳下垂体からのホルモンと、卵巣からのホルモンの分泌が必要となります。しかし、思春期以前はこれらのホルモンの刺激がないため、卵子は途中で成長を止め、排卵されることなく吸収されていきます。思春期になり、ホルモンの分泌が始まって成長を再開した卵子は、ホルモンの作用を受けて発育を遂げ、排卵できるようになります。

ホルモンの種類と働き

視床下部から分泌されるホルモンを、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)といい、下垂体から分泌される2種類のホルモンを、卵胞刺激ホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)といいます。一方、卵巣で分泌されるホルモン卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)といいます。これらは受精卵が着床しやすいように子宮内膜のベッドを整えます。

卵子の数

女性の卵巣の中には、ピーク時で約800万個の卵子がつまっています。これらの卵子は、卵巣の中で冬眠していて、生涯を通じて少しずつ冬眠から目覚め、成長を開始します。卵子の数は、女性の出生時には200万個に減り、その後も加齢と共に徐々に減っていき、思春期になる頃には50万個くらいにまで減ります。通常は50歳台で卵子は枯渇し、閉経を迎えます。精子が男性の精巣(睾丸)の中で絶えず新しく作り出されるのとは対称的に、卵子は生まれ持ってきたものが減り続けるのです。

妊娠可能な期間

月経が始まると同時に、体温が下がり低温相に入ります。そして排卵すると、卵子を押し出した後の卵胞(黄体)から分泌されるプロゲステロンの作用で、体温が上昇し、高温相に入ります。この低温相から高温相に変わる時期に排卵が起こるわけですから、その頃が一番妊娠しやすい時期と言えます。しかし、精子は射精後、約3~7日間受精能を保ち、卵子は排卵後、約24時間受精能を保ちますから、排卵の7日前から排卵後1日位の期間が、妊娠可能な期間と言えます。排卵の期間は個人差がありますので余裕を見たほうがよいでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

近年、ストレス社会や食事の欧米化、化学薬品、食品添加物、農薬などによってホルモンのバランスを崩される患者さんが多くみられます。

本来、人間には、それらから守る機能が備わっており体のバランスを正常に保とうとしています。ところが病院の薬などで病気の症状を一時的に止めることに着目し過ぎて、体質を改善するどころか悪化する傾向にもあります。

ホルモンのバランスを正常に保つ人間本来の力を高めることがとても大切だと思います。

不妊のお悩み相談して下さい。

045-718-6801

 

 

 

妊娠成立の全体の流れ

①妊娠が成立するためにはまず、卵子が卵巣から飛び出します。(排卵

②この卵子を卵管がその先端で吸い込みます。(卵捕獲

③卵管の中に取り込まれた卵子は、卵管の中を、子宮の方に向かって運搬され、やがて卵管膨大部に達します。一方で膣の中にタイミングよく射精された精子は、その一部が子宮を泳ぎ上がって、やはり卵管膨大部に達します。(射精、精子の旅

④こうして、卵管膨大部で卵子と精子が巡り合い、やがて両者が結合します。(受精

⑤こうしてできた受精卵は、卵管の中を子宮のほうに向かって運搬されつつ、分裂・増殖していきます。(受精卵の分裂と移動

⑥やがて受精卵は子宮腔に入り、子宮内膜に接着した後、子宮内膜の中に潜り込みます。(着床、妊娠の成立

このように、妊娠が成立するためには、①排卵 ②卵捕獲 ③精子の旅 ④受精 ⑤受精卵の分裂と移動 ⑥着床といった一連の現象がとどこおりなく進行する必要があります。

 

●原因不明の不妊も

言い換えれば不妊症とは、一連の現象のどこかに障害が起こっているために妊娠が起こらない状態と考えられます。

現代の科学は妊娠成立の仕組みの全てを解明しているわけではありません。これは、不妊症にも原因不明のものがあることを意味しています。約10%の患者さんは、原因を調べても特に異常がないのに、なかなか妊娠に至らない原因不明不妊と診断されています。

このような場合でも東洋医学は治療の目的となり、本来、人間が持っている妊娠する力を高める、もしくは、体に溜まった不純物を取り除く、冷えを改善するなど漢方薬や自然薬など有効だと言えます。

不妊のご相談お待ちしております。

045-718-6801

 

 

 

 

2013年07月05日

頭痛による漢方治療 カテゴリー:

漢方では頭痛の原因を内因と外因、そして内因でも外因でもない場合(不内外因)の3つに分けて考えます。たとえば感冒に伴う頭痛などは外因性のものであり、高血圧に伴うもの、あるいは筋収縮性頭痛などは内因性が主体の頭痛であり、外傷によるものは不内外因性頭痛といえます。

外因としては、風、寒、湿、熱の邪の侵襲、内因としては七情(喜、怒、憂、思、悲、驚、恐)の失調とそれに伴う五臓の失調、さらにはそれらを基盤とした気、血、水のうっ滞、過不足などが挙げられる。

①、風性頭痛:頭目眩暈(めまい)、発熱発汗、筋肉の痙攣、悪風、脈は浮緩。

②、熱性頭痛:発熱多汗、口渇、胸苦しい、顔面紅潮、目充血、涼を好み熱を嫌う。小便短赤、大便秘結、脈洪大。

③、湿性頭痛:頭重、雲天に憎悪、脈細濡。

④、寒性頭痛:頭痛が歯に連なり、悪寒、手足厥冷、脈沈遅。

⑤、気虚頭痛:頭痛は朝重く夕方軽い、過労により憎悪。全身倦怠、無力、息切れ、食欲不振。脈虚大。

⑥、血虚頭痛:頭痛は熱烈ではないが常に感じ、午後から夜に強くなる。顔や唇に血色がなく、腹部も全体に軟弱、五心煩熱(手足がほてり、胸も暑苦しい感じ)、脈細渋。

⑦、痰性頭痛:頭にものがかぶさるように感じ、めまいがし、悪心煩悶、体が重く、痰も多い。脈滑大。

⑧、七情頭痛:多くは肝胆の失調により生じ、ストレスなどで増悪。脈弦数。

⑨、食滞頭痛:食物が不消化で、腹が張って、げっぷや胸焼けを伴う。脈滑。

 

『東洋医学では、頭痛は体のバランスが崩れているサインのひとつで、西洋医学などの解熱鎮痛薬など症状を抑える薬に頼ると、原因となる体の異常に気付かず、体質的にどんどん悪化してしまいます。例えば、冷え症が原因で頭痛がおきている人が解熱鎮痛薬を服用すると文字通り解熱なので逆に冷えが強まり、痛みが止まったとしても悪化していくのが想像できます。さらに、痛みを止めるために服用量が増えていく患者さんを沢山見ています。まずは頭痛の原因を知ることが大切で、どうしたら治るのか、何をしたら再発阻止できるのかが重要だと思っています。』

頭痛で悩まれている方は相談してください

045-718-6801

①片頭痛

●前触れがあります。

あくびやイライラ感、視覚障害、感覚障害などが現れることがあります。特に閃輝暗点(せんきあんてん)と言われる視覚障害が多くみられます。

●脈打つ様な痛みが出ます。

脈打つ様『ズキンズキン』『ドクドク』あるいは『ガンガン』と表現される様な痛みがでます。

●頭の片側が痛むことが多いです。

片側が痛むことが多いのですが、両側に痛みを感じることもあります。

●遺伝の影響もあります。

片頭痛を訴える方の多くが、その方の親も片頭痛を持っておられる方が多いようです。

●緊張が緩んだ時に起きます。

緊張が緩んで『ほっと』した時に起こりやすい頭痛で『週末頭痛』と呼ばれています。

②緊張型頭痛

●肩こりを伴います。

肩こりや首筋のこりを伴い、人によっては目の疲れ、身体の疲労感、フワフワする眩暈を訴える方もおられます。

●疲れがたまる午後から痛みが強くなる

精神的なストレスや身体的なストレスによって引き起こされるため、よりストレスの貯まる午後から痛みが強くなると訴えられる方が多いです。

③群発頭痛

●年に1~2回起こり、1日に1~2回、1回1~2時間、約1か月くらい頭痛が続きます。

睡眠中に起こる激しい痛みなので、いつ起こるのかという痛みに対する恐怖感が大きく、深刻です。

●毎回、頭の同じ側に激しい痛みがあり、鼻水や涙が出ます。

片側の目の奥に起こる激しい痛みが特徴です。血管が拡張して周囲に炎症を起こし、三叉神経を刺激して起こるのですが、眼の奥の太い血管に炎症が起こるためにその周りにある神経も刺激され涙や鼻水が出ます。

●男性に多くみられます。

男性に多く、20代から起こる慢性頭痛です。

●前触れがある時もあります。

 

の他、危険な頭痛 次のような症状を伴えば、急いで専門医へ

1、頭をバットで殴られたような激しい痛み、吐き気や激しい嘔吐など(脳出血?)

2、頭痛以外に吐き気などを伴い手足のしびれ、感覚純磨(感覚が鈍い)、物が二重に見えたり、意識がぼんやりする。(クモ膜下出血?)

3、頭重感や鈍い痛みが、徐々にひどくなり、吐き気がないのに突然吐く。(脳腫瘍?)

4、最近、頭を強く打ったことがあり、手足のマヒや尿失禁がある。(慢性硬膜下血腫?)

頭痛は日常よくみられる症状のひとつですが、その原因はいろいろあり一概に判断できません。また、痛みに対する感受性や容認度が個々の症状により異なり、また、心因性要因も大きくかかわっているのでその内容は複雑です。

片頭痛は頭蓋内動脈の拡張によるもので、血管運動性頭痛と呼ばれています。血管収縮が先行し、このとき視覚暗点や知覚異常を訴えることが多く、その後血管が拡張して特有の激しい拍動性の頭痛をきたします。頭痛は偏側性あるいは限局性で、悪心、嘔吐を伴うことが多い。頭痛の発作は2、3時間から1~2日に及ぶケースがあります。

 

片頭痛をはじめその他の頭痛の発生機序を以下のように分類している。

①、頭蓋動脈の拡張(片頭痛)

②、頭蓋内組織の牽引(脳腫瘍、脳出血、髄液採取後)

③、頭蓋内血管の拡張と牽引(発熱時、高血圧、脳動脈瘤、脳血管奇形、酸素欠乏、中毒ほか)

④、頭蓋組織の炎症と刺激(髄膜炎、クモ膜下出血)

⑤、頭および頸部の骨格筋収縮(緊張性頭痛)

⑥、頭部のある部位からの刺激による放散痛(緑内障、屈折異常、耳、鼻、口腔の炎症)

 

臨床的には頭痛の分類はいろいろあるが、National Instiute of Health(NIH)の分類では、

①片頭痛性、②筋収縮性(緊張性)③血管運動性鼻炎、④神経痛(三叉神経痛など)⑤眼疾患(緑内障)⑥外傷性 ⑦頭部組織の炎症 ⑧牽引性(脳梗塞など)⑨身体の異常による反応(発熱、高血圧など)⑩精神性(妄想、てんかん、抑うつ状態)などがあげられています。

 

2013年07月03日

食中毒の6つのポイント カテゴリー:

①夏場は細菌による食中毒に注意しましょう

食中毒の原因として細菌、ウイルス(ノロウイルスなど)、化学物質(農薬、食品添加物)、自然毒(キノコ、ジャガイモの芽、フグなど)などがあげられますが、初夏から秋口にかけては、細菌が原因の食中毒が多発しています。これは、食中毒を起こす細菌が高温多湿の環境を好み、夏場に活発に繁殖を繰り返すためです。

②細菌は食品に最初からついている

食中毒を起こす細菌には、さまざまな種類があります。最近は生産や流通での衛生管理が厳しくなっているので、『買ってきた食品は安全だ』と考えがちですが、こうした細菌は私達が購入した食品に初めからついています。例えば、肉類には『カンピロバクター』や『腸管出血性大腸菌 0-157』、魚介類には『腸炎ビブリオ』、生卵には『サルモネラ』、野菜には『ウエルシュ菌』、おにぎりや弁当には『黄色ブドウ球菌』などがついているのです。細菌はついているものという認識をもって食品を取り扱うことが大切です。

③食中毒の分類

食中毒は、病原体が飲食物とともに人体に取り込まれて発症するものと、病原体が食品中で産生した毒素が飲食物とともに取り込まれて発症するものに大別されます。前者は感染型食中毒、後者は毒素型食中毒といいます。感染型食中毒はさらに、病原体が腸管組織へ侵入して発症するものと、腸管内で毒素を産生しその毒素が原因で発症するものに分かれます。

④症状 (吐き気、嘔吐、下痢、腹痛

食中毒でもっとも多い症状は、消化管が障害されて吐き気、嘔吐、下痢、腹痛です。さらに、これらの症状に加え発熱を伴うこともあります。細菌やウイルスによる食中毒の多くのもので、これらの症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛)がみられます。なお、毒素型食中毒である黄色ブドウ球菌食中毒や嘔吐型セレウス菌食中毒では嘔吐が主症状となる傾向があり、感染型食中毒では下痢が主症状となる傾向があります。

⑤食中毒を予防する方法

1、細菌をつけない

生鮮食品などにもともとついている細菌が、手や調理器具などを介してほかの食品にうつることを二次感染といいます。二次感染を防ぐためには、正しい手洗いや台所の衛生管理を徹底することが重要です。

2、細菌を増やさない

多くの細菌は温度10~60℃で増殖します。食品についた細菌を増やさないためには、冷蔵庫や冷凍庫での『低温保存』が必要です。

3、殺菌する

ほとんどの細菌は75℃で1分間以上加熱すると死滅します。食品は中まで十分に加熱しましょう。布巾やまな板などの調理器具や漂白剤で殺菌します。

⑥、食中毒になってしまったら

吐き気や嘔吐、下痢などで体内の水分量が少なくなる可能性があり、こまめに水分補給を摂ることが必要です。病院でのお薬で注意が必要なのは解熱剤、吐き気止め、下痢止め、抗生物質の多用です。本来、体には生体防御になる免疫力が備わっていて、細菌を殺すために熱が出て、外に排出するために下痢や嘔吐などの症状がでます。安易に病院のお薬で症状を止めるだけだと治らないどころか悪化するおそれがあります。漢方薬や自然薬には、本来人間が備わっている免疫力や生体防御力を高める効果があり、食中毒にはかなり有効だと考えられます。

吐き気、下痢、嘔吐、腹痛などでお悩みの方ご相談下さい。

045-718-6801

①50年前の人間の肝臓の役割

*大きく分けて4つに分類できます。

○脂肪を代謝する(コレステロールをコントロールする)・・・30%

○ブドウ糖の代謝と貯蔵を行う(血糖コントロール)・・・30%

○タンパク質の合成・・・30%

○不純物(化学物質など)を分解する・・・10%

これを見ますと肝臓のもともとの働きは化学物質の分類が主ではなく、血糖やコレステロールのコントロールが主であったことが分かります。

 

 

 

ところが現代社会ではどうなったかといえば…

 

 

 

②現在の人間の肝臓の役割

 

○脂肪を代謝する(コレステロールをコントロールする)・・・10%

○ブドウ糖の代謝と貯蔵を行う(血糖コントロール)・・・20%

○タンパク質の合成・・・20%

○不純物(化学物質など)を分解する・・・50%

 

なんと!!

不純物が50%を占めているのです。

 

その結果、糖尿病・高コレステロール血症など現代病になっている原因です。

不純物に着目すると…

○化学薬品(病院の薬など)  

○農薬  

○合成添加物          

○ダイオキシン

○人工甘味料          

○有機金属

 など現代社会において数多く存在しています。

 

お医者さんで処方されるお薬のほとんどが、科学薬品で毎日せっせと飲むことで肝臓に負担がかかります。

 

例えで言うと、不眠のお薬を服用すると一時的に寝つきはよいように思いますが、五臓六腑で説明すると肝に負担がかかり、体質的には不眠を悪化させることがわかります。

ですから睡眠薬で不眠が改善されるどころか、どんどん量が増えてしまうのは当然のことです。

 

ですから肝臓に無駄な負担をかけるのではなく、解毒を助ける物や肝臓そのものの機能を高めることのできる漢方薬や自然薬の方が利点があるといえます。

もちろん、病院のお薬が必要な方もいます。

長寿の方ほど不純物の摂取が少ない、というのは私にしてみれば至極当たり前のことであり、薬を飲めば長生きができる、と思っておられる方に今日のお話が少しでも参考になれば幸いです。 

 

現在の症状に合わせたお薬や治療法など悩まれている方は、ぜひご相談下さい。

045-718-6801

ページ上部へ