完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

症状別のお悩み

リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫疾患の1つで

全国で患者数が70万人~80万人と推定され、いわゆるリウマチ性疾患の中でも最も患者数が多い疾患です。

男女差が大きい疾患で1対4で女性に多く、

働き盛りの30~50歳代が発症のピークと考えられています。

男性の場合は50歳以後にもう一つの発症のピークがあります。

免疫の異常により関節に炎症が起き、進行すると破壊や変形に至ります。

このため、治療をしないで放っておくと、

10年後には半数の方が寝たきりになってしまうと言われています。

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは本来異物を認識し排除するための役割の免疫系が、

自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす病気の総称です。

自己免疫疾患は、

①全身にわたり影響が及ぶ全身性自己免疫疾患と、

②特定の臓器だけが影響を受ける臓器特異的疾患の

2種類に分けることができます。

関節リウマチは全身性エリテマトーデス(SLE)などとともに代表的な膠原病で、①の全身性自己免疫疾患です。

関節リウマチの起きる場所

典型的には手の指や足の指などの小さい関節に対称性に関節炎が生じますが、

膝などの大きな関節が侵されることも少なくありません。

また関節症状以外にもリウマトイド結節、動脈炎、神経炎、強膜炎、心膜炎、リンパ節腫、脾種等がかなりの頻度で認められています。

これらは関節リウマチの合併症ではなく関節リウマチ自体の性質によるものと考えられています。

関節リウマチの症状

・関節の腫れ、痛みがある

・症状が左右対称に起こっている

・関節がこわばる(特にがつらい)

微熱倦怠感がある

関節リウマチという病名から関節だけが侵される病気と勘違いされがちですが、微熱・倦怠感・食欲不振などの全身症状も伴います。

 

間質性肺炎による痰を伴わない咳、眼症状、皮膚症状など関節以外も侵されます。

以下編集中です。