完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

症状別のお悩み

脂肪肝

脂肪肝とは

肝臓に脂肪が異常に蓄積している状態をいいます。

肝細胞の30%以上の脂肪が蓄積していることを言います。

肝臓では脂肪をエネルギーに変換するのですが、エネルギーとして使われず余った脂肪は

体へと蓄積していきます。生活習慣病の一つです。

食事の欧米化により栄養過多の方が増えてきているため、昔より脂肪肝の人は増えてきています。

 

脂肪肝の原因

アルコール依存症、肥満、糖尿病、血清中性脂肪値の上昇、栄養失調、遺伝性の代謝障害、薬物など。

 

脂肪肝が進むと

  1. 肝臓の検査ではγ-GTP(ガンマーGTP)が上昇します。
  2. 動脈硬化や血栓が出来やすくなり心筋梗塞や狭心症を起こしやすくなります。
  3. 血糖値が上昇することにより、HbA1C(ヘモグロビンAワンC)が大量に造られ、更に血栓症が進行します。
  4. さらに悪化すると脂肪肝は、肝硬変から肝臓癌へ進行していきます。

 

漢方薬での治療は

肝機能をサポートする漢方薬や脂肪を減らす取り組みを行っていきます。

食事でのアドバイスや普段の活動内容にも注目していきます。

 

松山漢方相談薬局では内臓脂肪を測定できる精密な機械もありますので、

ご予約ください。

 

 

 

 

 


同じカテゴリーのコラム記事