完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

症状別のお悩み

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスが空気を通して広がり、花の粘膜に入り増殖しくしゃみ・鼻水などの症状が現れます。

風邪と違い全身症状が現れます。

38℃以上の急な発熱・悪寒・頭痛・関節痛・筋肉痛・倦怠感・食欲不振・咳など。

悪化すると肺炎や気管支炎を引き起すなど命の危険もあり得ます。

特に高齢者や乳幼児・基礎疾患がある方・妊娠中の方は注意が必要です。

 

西洋医学での治療

抗インフルエンザウイルス薬で治療します。

肺炎など重症化すると危険であるため早めに対応します。

熱が下がった後でもウイルスは滞在するため5日は様子を見ると良いでしょう。

 

東洋医学での治療

漢方薬を用いてウイルスによる炎症を鎮め、解毒を行い免疫力を高めます。

普段から風邪を引きやすい人は、かかる前に漢方などの自然薬で風邪に負けない体を作りましょう。