完全予約制 お問い合わせ

桜木町店 / 045-341-4823
鶴見店  / 045-718-6801

漢方相談薬局の役割

漢方薬局の最大の特徴としては、個々に合わせた栄養学と東洋医学という医術を駆使し、
病気の根底にある身体に着目し、本来ある身体を取り戻すことで自然治癒力を高めていくことにあります。

東洋医学では「医食同源(いしょくどうげん)」「薬食同源(やくしょくどうげん)」という言葉があります。

これは、「体に合った食材を食べて健康を保てば、特に薬など必要ない」という意味や、 「日頃から口にする食事と医療の源は同じだ」という意味です。

その食事の延長線上にあるものが漢方薬と言えるのですが、 食材と比べて身体への働きは強いですが、栄養素は含んでいないのが特徴です。

何かお悩みの症状があり、症状を改善させようとしている人は、特に日頃の食事が大切で、
漢方薬局では食事で補いきれない栄養素を捕らえるのが最大の特徴や役割になります。

体質に合っていない漢方は危険

今では、多くの医療機関などで漢方薬を扱うようになりましたが、 中には「間違えている」とはっきりいえるような漢方薬を飲んでいる方が増えてきました。

医療機関があまり漢方薬を知らないまま、 さらに体質などを考えずに西洋医学の病名だけで、漢方薬を選ぶことが 増えたからです。(病名漢方)

残念ながら、保険適応という問題(漢方薬の適応症を定めてしまっているなど)から、 このような間違った漢方の使われ方は今後も増えていく傾向にあります。

松山漢方相談薬局では、お客様一人一人に合わせた処方の
ご提案をさせていただいております。

松山漢方相談薬局とは 漢方の特長 漢方相談の流れ