子宝相談

●子供ができないが誰にも相談できない。
●病院で検査した方がいいの?
●私は自然妊娠できるの?
●タイミングはいつがベスト?
●卵子の質を良くするには?
●子宮内膜を厚くすることはできるの?
●夫の精子の状態が気になります。
●子宮内膜症でも妊娠はできるの?
●噂やインターネット上の知識に惑わされ、
 かえって不安になる。

すべての方が、本来「妊娠力」を持っています。

その妊娠力が過労やストレス、不規則な生活習慣・睡眠時間の遅さ、短さなどによって落ちている方が多いのです。
今の生活習慣をお聞きして、まず養生法を詳しくお伝えします。妊娠がゴールではありませんから、その養生法は必ず、妊娠時・出産・そして産後も 必ず役に立つものです。
漢方薬や自然薬・サプリメントなどの長所をうまく組み合わせ、あなたの月経のリズムに合わせて、お選びする事により妊娠力を高めます。

漢方の特徴として、妊娠しやすい体を整えていくことに重点を置いています。ホルモンなどを補充するだけでなく、血行を改善し、バランス良くすることで、生理痛や月経不順をもとに戻して精神的にも安定させる作用があります。

漢方の考え方では、この体内を巡る三つの要素、
「気・血・水」のバランスを基本とし、とても重要視しています。
気・血・水は互いに影響しあっていますので、どれか一つが滞っても不調が起こると考えられています。
実際には、このどれか、又はどれも不足していたり、滞っていたりする事が多いのです。

まずは、この気・血・水を整えていく事でカラダの不調や基礎作りをしていくと、カラダと心が共に楽になっていきます。それには、「証」と言って、体質を見極めてお薬をお出ししていく必要がありますので、是非、お時間をつくってお越し下さい。私はゆっくりと体調をお伺いする事に重点を置いています。足りない所を補ったり、巡りの悪い所を良くしたり、そうする事で体調が予想以上に良くなった!とおっしゃっていただく事がとても多く、「ストレス」を感じづらいカラダ=子供を授かりやすいカラダをつくっていくことができます。

病院で不妊治療をされている方もご来店いただいております。病院と
併用されながら行っている方もいらっしゃいますのでご安心下さい。

女性側に原因がある場合
・卵巣性不妊 ・黄体機能不全・卵巣嚢腫
・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)・子宮腺筋症
・高プロラクチン血症(高PRL)・習慣流産・不育症
・子宮筋腫・子宮内膜症(チョコレート嚢腫)

男性側に原因がある場合
・造精機能障害・精路通過障害・性機能障害・精子機能障害

基礎体温表は必ずお持ち下さい。 病院にて検査をされている方は検査結果をお持ち下さい。

「子供が出来ない・・・」と悩む原因は、 女性だけが原因ではない事も多いのです。
ご相談は出来ればご夫婦そろってご来店下さい。

もちろん、おひとりでも大丈夫!!ですので、ぜひ、ご遠慮なく来店ください。


ページ上部へ