鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

4月, 2017年

2017年04月24日

必要な栄養素 カテゴリー:

こんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在8カ月の男の子の育児中です。

最近は笑いや怒りを覚え喜怒哀楽が出ていました‼

反応が出てくるとさらに楽しいですね。

最近は離乳食の量がしっかり増えてきたので、3食にトライしようとしています。

この時期くらいには母乳からなかなか摂れない、鉄分やカルシウム‼

食事の栄養素が大切になってきます。

①エネルギーとなるお米・イモ類・バナナ

②野菜類などのビタミン・ミネラル

③お肉やお魚、豆類などのタンパク質

これらをバランスよく摂り、

さらにバランスよく栄養素摂取するためにバイオリンクの原液とバイオリンクの粒は欠かさず飲んでいます。

粒はつぶして粉状にしています。

嫌がらず続けています。

バイオリンクとはチクゴ株クロレラをそのまま粒状(1粒200mg)にしたものです。なんとクロレラのみなのです!

添加物も一切使用していません。

すごいです!ホームページはこちら↓

http://www.chlorella.co.jp/products/biorinck

 

クロレラで栄養素をしっかり摂取し、乳酸菌で腸内を整えています。

日々の食事のバランスが気になる方は松山漢方相談薬局へご相談ください。

 

その他にも様々なご相談があります。

不妊症・生理痛・生理不順・無月経・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・チョコレート嚢腫・PMS)・黄体機能不全・男性不妊・流産防止・産後の体調不良、貧血、冷え症、低血圧、低体温、頭痛、肩こり、めまい、メニエール、むくみ、乳腺炎、乳腺症、更年期障害、ホットフラッシュ・うつ病、不眠症、不安神経症、パニック障害、過呼吸症候群、強迫神経症、自律神経失調症、多汗症・老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎、ニキビ、脂漏性皮膚炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、ひざ痛、変形性膝関節症、五十肩、いぼ痔、きれ痔、痔ろう、脱肛、がん、腫瘍、気管支炎、ぜんそく、小児ぜんそく、起立性調節障害、チック症、夜尿症、眼精疲労、帯状疱疹、カンジタ膣炎、胃痛、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、内臓下垂、口内炎、口唇ヘルペス、ドライアイ、口腔乾燥症、高血圧、耳鳴り、突発性難聴、高中性脂肪、高コレステロール、痛風、糖尿病、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿もれ、過活動膀胱、尿管結石、腎臓結石、耳下腺炎、下痢、便秘、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎、扁桃炎、インフルエンザ、ノロウイルス・ロタウイルス・感染性胃腸炎など。

 

 

こんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

春になり温かくなりましたね。

春に体調を崩しやすい人と春は体調が良い人と様々です。

ちなみに私は春がとっても調子が良いです。

冬にためてきたエネルギーが解放されていき、活発的です。

本日のブログのテーマは、「活性酸素」と体の関係についてです。

 

 

活性酸素とは、「酸化させる力」が非常に強いものになります。

この言葉だけを聞くと、悪いイメージになりますが、実際には体に必要なものになります。

細菌類を駆除してくれる役割を持ち、細胞を健康に保とうとしてくれます。

ではなぜ、活性酸素が良くないとわれるのか。

 

活性酸素は毒性が強く、老化の原因となります。しみ・そばかす・しわ・子宮内膜症・子宮筋腫などの原因となります。

活性酸素が増える理由:紫外線、大気汚染、電磁波、たばこ、激しいスポーツ、ストレス、医薬品、排気ガス、加工食品、食品添加物、X線(レントゲン)など。

対策としては、

緑黄色野菜などに含まれるビタミンC,E,βカロチンが脂質の酸化を防ぐ食事を意識的に摂る

バランスよく偏った食事をしない

規則正しい生活を心がける

ストレスをためない

これらを行ったうえで、漢方薬を体質に合わせて内服するとさらに良いでしょう。

あなたに合った漢方やサプリメントをお選びいたします。

 

その他にも様々なご相談があります。

不妊症・生理痛・生理不順・無月経・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・チョコレート嚢腫・PMS)・黄体機能不全・男性不妊・流産防止・産後の体調不良、貧血、冷え症、低血圧、低体温、頭痛、肩こり、めまい、メニエール、むくみ、乳腺炎、乳腺症、更年期障害、ホットフラッシュ・うつ病、不眠症、不安神経症、パニック障害、過呼吸症候群、強迫神経症、自律神経失調症、多汗症・老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎、ニキビ、脂漏性皮膚炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、ひざ痛、変形性膝関節症、五十肩、いぼ痔、きれ痔、痔ろう、脱肛、がん、腫瘍、気管支炎、ぜんそく、小児ぜんそく、起立性調節障害、チック症、夜尿症、眼精疲労、帯状疱疹、カンジタ膣炎、胃痛、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、内臓下垂、口内炎、口唇ヘルペス、ドライアイ、口腔乾燥症、高血圧、耳鳴り、突発性難聴、高中性脂肪、高コレステロール、痛風、糖尿病、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿もれ、過活動膀胱、尿管結石、腎臓結石、耳下腺炎、下痢、便秘、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎、扁桃炎、インフルエンザ、ノロウイルス・ロタウイルス・感染性胃腸炎など。

 

2017年04月14日

春の症状 カテゴリー:

こんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

桜が散り始め、春の温かさを感じますね。

桜と菜の花が良い感じに混じり合い心が澄みます。

そんな春に起こりやすい症状をお伝えしていきます。

 

東洋医学では風による体調の変化を起こしやすく、カゼや気管支炎などにかかりやすくなります。風邪(ふうじゃ)と呼び、カゼや、体の痛み、しびれの原因となることがあります。

更に、肝の働きの乱れが起こります。

思考力や判断力の低下が起こり、イライラすることが多くなります。

陽の気が高まる春は、肝の気も高まり体調の変化が生じやすくなります。

起こりやすい症状:頸部の凝り・頭痛・冷え・のぼせ・だるさ・イライラ・不眠・筋肉痛・神経痛・皮膚病など

 

これらの症状でお困りの方は夏になる前にケアしていきましょう。

長引かせてしまうことで治りにくくなります。

早めにご相談ください。

その他にも様々なご相談があります。

不妊症・生理痛・生理不順・無月経・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・チョコレート嚢腫・PMS)・黄体機能不全・男性不妊・流産防止・産後の体調不良、貧血、冷え症、低血圧、低体温、頭痛、肩こり、めまい、メニエール、むくみ、乳腺炎、乳腺症、更年期障害、ホットフラッシュ・うつ病、不眠症、不安神経症、パニック障害、過呼吸症候群、強迫神経症、自律神経失調症、多汗症・老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎、ニキビ、脂漏性皮膚炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、ひざ痛、変形性膝関節症、五十肩、いぼ痔、きれ痔、痔ろう、脱肛、がん、腫瘍、気管支炎、ぜんそく、小児ぜんそく、起立性調節障害、チック症、夜尿症、眼精疲労、帯状疱疹、カンジタ膣炎、胃痛、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、内臓下垂、口内炎、口唇ヘルペス、ドライアイ、口腔乾燥症、高血圧、耳鳴り、突発性難聴、高中性脂肪、高コレステロール、痛風、糖尿病、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿もれ、過活動膀胱、尿管結石、腎臓結石、耳下腺炎、下痢、便秘、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎、扁桃炎、インフルエンザ、ノロウイルス・ロタウイルス・感染性胃腸炎など。

 

 

2017年04月04日

耳鳴りが胃腸の弱りからくるの? カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在8カ月の男の子の育児中です。

出産から8カ月が立つと思うとあっという間に感じます。

1日1日を大切にしようと思います。

 

患者さんで耳鳴りでのご相談がありました。

漢方での考えで耳鳴りの原因は様々です。

人によってタイプが異なります。

考え方が難しいため今日は胃腸の弱りからくる耳鳴りのご説明をいたします。

胃腸の弱り…脾虚タイプ‼

疲労や体力不足が原因となります。胃腸の疲れと耳鳴りが結び付きにくいと思いますが繋がってくるのです。

慢性的に胃腸が弱く、「気」のエネルギーが不足して、耳に十分な「気」や「血」が巡らないために発生するタイプです。

慢性的な疲労や病などで体力が落ちていると、脾胃の働きも弱くなります。

栄養分や陽気を体中に運ぶ脾胃の機能が悪くなると、耳の栄養状態も悪くなり。様々な症状が現れるのです。

立ちくらみ・倦怠感・食欲不振・軟便・張力の低下なども起こります。

漢方では脾虚を補うものをお勧めいたします。

 

なんで耳なのに胃が原因なのと疑問に感じますが、体はすべてバランスです!

体質に合わせた漢方を飲むと体調はしっかり整います。

気になるからは御相談ください。

その他にも様々なご相談があります。

不妊症・生理痛・生理不順・無月経・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・チョコレート嚢腫・PMS)・黄体機能不全・男性不妊・流産防止・産後の体調不良、貧血、冷え症、低血圧、低体温、頭痛、肩こり、めまい、メニエール、むくみ、乳腺炎、乳腺症、更年期障害、ホットフラッシュ・うつ病、不眠症、不安神経症、パニック障害、過呼吸症候群、強迫神経症、自律神経失調症、多汗症・老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎、ニキビ、脂漏性皮膚炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ぎっくり腰、ひざ痛、変形性膝関節症、五十肩、いぼ痔、きれ痔、痔ろう、脱肛、がん、腫瘍、気管支炎、ぜんそく、小児ぜんそく、起立性調節障害、チック症、夜尿症、眼精疲労、帯状疱疹、カンジタ膣炎、胃痛、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、内臓下垂、口内炎、口唇ヘルペス、ドライアイ、口腔乾燥症、高血圧、耳鳴り、突発性難聴、高中性脂肪、高コレステロール、痛風、糖尿病、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、尿もれ、過活動膀胱、尿管結石、腎臓結石、耳下腺炎、下痢、便秘、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎、扁桃炎、インフルエンザ、ノロウイルス・ロタウイルス・感染性胃腸炎など。

 

 

ページ上部へ