鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

12月, 2016年

2016年12月21日

うんちの様子 カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日も健康情報を載せていきたいと思います。

 

今日は誰にも聞けない「うんちの様子」です。

便の形状や色・硬さによって今の体調がわかります!

日々の中で体調チェックしていきましょう。

食べ物は口→食堂→胃→小腸→大腸を通り、消化吸収を行い残りのカスとして便にて排泄されます。

食べたものや体調によって、便が柔らかかったり硬くなったり、臭いが異常だったり色が悪かったりと変化します。

では健康な便はどのようなものでしょう。

●バナナより少し柔らかい硬さ

●強いにおいが無い

●黄土色~茶色

●スムーズに出てくる

●残便感が無い

●血液が混ざっていない・黒くない

●1日~3日に一度出る

 

これらが正常と言えます。

便秘じゃないから大丈夫と安心していて危険ですよ!

臭いや形状もとっても大切です。

日々観察して、健康的な食事を心がけていきましょう。

日々の食事のケアが大変という方は松山漢方相談薬局にお越しください。

不規則な食事にプラスできるものたくさんあります。

病気になる前の未病のうちにケアしていきましょう(*’▽’)

2016年12月12日

不正出血の原因は? カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日は不正出血についてです。


生理ではない出血があるというご相談はとても多いです。

出血が止まらないと、不安が募りますよね。


そんな不正出血には種類があります。

①色が鮮やかな赤または紫紅であり、ねっとりで塊もある=陰虚

●ふらつき・めまい・耳鳴りが現れることがある

●くちが渇きやすい

●下肢がだるい

●手や足が熱っぽくなる

 

②色が淡くうすい色がだらだら続く=脾気虚

●疲れやすい

●顔がむくみやすい

●食が細い

●便が緩くなりやすい

 

③色が淡くうすい=陽虚

●寒がりで手足が冷える

●青白い顔

●思春期の成長不足

 

④紫暗色で塊がある=お血

●下腹部痛がある

●唇の色が紫

●シミができやすい

 

不正出血の原因は一つではありません。

漢方薬局では出血以外の症状をしっかり問診していきます。

体質はそれぞれ違うためあなたにあった漢方をお選びいたします。

 

一度松山漢方相談薬局にご相談ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴り・不安・不眠症・月経不順・不妊症・疲れ・吐き気・消化器症状・などでお困りな方も多くいらしてます。

皆さんこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日は健康レシピを載せていきたいと思います。

かぶと鶏肉のスープです。

材料

かぶ

鶏肉

三つ葉(ほうれん草や小松菜など)

鶏ガラスープのもと


 

作り方

①かぶと鶏肉を一口サイズに切る。

②水とかぶを鍋にいれ火にかける。

③沸騰したら鶏肉を入れ火を通す。

④鶏がらスープのもとと三つ葉を入れ塩で味を調節したら出来上がり。

 

鶏とかぶのうま味が出ておいしいです。

簡単なので試してみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

自身でダイエットが行えない方、効率よく健康的に痩せたい方はお電話にてご予約ください。

その他にもたくさんのご相談の方が多くいます。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・月経不順・不妊症・疲れ・風邪・耳鳴り・不安・腰痛・腹痛・咳など。

2016年12月07日

その脂肪肝大丈夫? カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

以前は看護師として大学病院の循環器科に務めていました。

生活習慣病による様々な病気を見ているなかで、病気になる手前の段階で手助けができないかと感じ、漢方薬局でダイエットカウンセラーを始めました。

たくさんの方がダイエットに成功しており、
小さい子からお年寄りまで様々な年齢の方がダイエットを通して健康になっていく姿をみてうれしく思っています。

今は4か月のBOYの育児中ですがまた皆様のお顔が見れる場所でカウンセラーを行っていきたいと思っているため、もうしばらくお待ちください。

今日はそんなダイエットや健康にも関係のある、【脂肪肝】についてです。

健康診断などの血液検査で「GPT(ALT)」「GOT(AST)」「γ-GTP」の数値に異常がみられている人へ、BLOGをまとめていきます。

■GPT(ALT)
主に肝細胞の中に組み込まれている酵素です。

肝臓に異変が発生して肝細胞の崩壊が始まりますと、血液の中に流出してしまうことで異常値が出ます。

GPT(ALT)基準値は、5~45U/L

 

■GOT(AST)
肝細胞、腎臓、心臓などの臓器の細胞に存在する酵素。肝細胞の崩壊が始まりますと血液中に流出すると数値が高くなる。

GOT(AST)の基準値は、10~40U/L

 

では脂肪肝の原因についてです。

食べ過ぎ・飲みすぎ・食事時間が遅い・睡眠不足などです。

脂肪は取り過ぎることで、緊急時用のエネルギー要因として備蓄されます。

これが増えることで脂肪肝となります。

健常者の中性脂肪の比率は3~5%程度なのですが、30%を超えてしまうと脂肪肝と言われるようになってしまいます。

 

脂肪肝をそのままにしておくことで、肝がん・肝炎・肝硬変と危険な病に繋がっていきます。

そう大変な病気へとつながっていくのです。

早い段階でケアしていくことをお勧めいたします。

まず正しいダイエットを行う必要があります。

ただ体重を減らすのではなく、脂肪を減らすのです!

松山漢方相談薬局には内臓脂肪まで測れる精密なお高い体組成計がありますので、一度チェックしてみてください。

正しいダイエットをしなければ脂肪は減りません。

あなたの生活リズムに合わせたダイエット法をお伝えしますので、ご相談ください。

まず自身で気を付けることは暴飲暴食を防ぐことです。

食べたものをエネルギーとして使ったら食事をするようなリズムに変えましょう。

時間だからお腹空いていなくても食べてしまっている方は特に注意が必要です。

お腹が鳴ったら食事をするように心がけましょう。

 

ダイエットのご相談のほかにも、自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・

月経不順・不妊症・耳鳴り・腰痛・腹痛・咳・風邪・耳鳴り・疲れ・不安などのご相談の方も増えています。

気になる方はお電話にてご予約ください。

 

2016年12月05日

夜泣き・疳の虫・ひきつけ カテゴリー:

皆さまこんにちは(*’▽’)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在4か月の男の子の育児奮闘中です。最近では夜の授乳時間が空いてきたため、眠れるようになってきました!(^^)!

今日はそんな子供の生活についてです。

子供の夜泣き・疳の虫・ひきつけで悩んでいる方は少なくありません。

夜泣きがひどくてお母さんの疲労もたまってしまっている方や、お店で大声でなきじゃくったり、子育てに不安を感じている人もいるでしょう。

今日はそんな幼少期の症状に対してのケア方法をお伝えしていきます。

まず東洋医学での考えは小児の頃はエネルギー(陽)が盛んで、水分を含む栄養素(陰)が不足すると、夜泣き・疳の虫・ひきつけが発症するという考えです。成長するに従って陰陽をはじめ五臓のバランスが整うため、改善されていくでしょう。

しかし現在の症状はケアしていきたいですよね。

現代は共働きの両親が多く、夕食の時間が遅くなったり、寝る時間が遅くなっている現状です。寝る時間が遅くなることで、朝すっきり起きられず朝食抜きのお子さんも増えています。

さらにファーストフードなど高カロリーなうえ栄養素が全くない食事をしていることでさらに陰が不足していきます。

陰が補えないことで、エネルギーのみが盛んになり、ちょっとしたストレスなどで容易に心身のバランスを乱し、過敏で興奮しやすい体質となります。

さらに花粉症、喘息、アトピー等のアレルギー疾患や精神的に過敏な子供が増えてしまっているのです。

 

まずは、睡眠をしっかりとるように促していきましょう。

そして食事内容の栄養バランスを整えるよう心掛けていきましょう。

症状で気になる方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

お子様のご相談も増えています。一人や家族で悩まずにご相談ください。

 

その他にもたくさんのご相談があります。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不安・月経不順・不眠症・

疲れ・ダイエット・耳鳴り・関節痛・高血圧・低血圧・腹部症状・など。

 

皆さまこんにちは(*’▽’)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日のテーマは「妊娠しやすいタイミングを知る」です。

子供が欲しいと感じている夫婦は多くいます。考えすぎてストレスをためている方や、結婚してそろそろ、子供が欲しいと考えている方、さまざまだと思います。

しっかり理解を深めていきましょう。

女性の卵胞は1日に1~2㎜ずつ大きくなり、排卵日のころには直径18~22㎜になります。よく、排卵日が重要と思い込んでいる方もいますが、排卵日2日前~が妊娠しやすいとわかっています。

精子の平均寿命は平均2~3日であり、卵子の寿命は24時間と言われています。

卵子の寿命が短いことから、排卵後タイミングよく出あう必要があります。

卵子が飛び出る、卵管膨大部で精子が待っているとイメージです。

⑤が受精の場所になるため、精子がスタンバイし、④の排卵のタイミングを待つ状態となります。

排卵日は生理周期で見分けるのはなかなか大変であるが、次回の生理日の14日前あたりと言えるでしょう。

私は生理のタイミングがバラバラであったため、なかなか排卵日を見分けるのは難しかったです。

基礎体温でリズムを知り、排卵検査薬の使用や超音波で見てもらうことをおすすめいたします。

妊娠しやすい身体作りや元気な精子・卵子をつくるには漢方や栄養素で基盤を作っていく必要があります。

松山漢方相談薬局では元気な子が授かるようお手伝いをしていきます。

気になる方はお電話にてご予約ください。

 

その他にもお困りな症状のある方は御相談ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・耳鳴り・不安・不眠・不妊・月経不順・疲れ・アレルギー症状など。

ページ上部へ