鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

11月, 2016年

2016年11月28日

フィトケミカルって何? カテゴリー:

皆さまこんにちは(*’▽’)

今日のBLOGは「フィトケミカル」についてです。

有名な五大栄養素

糖質、②たんぱく質、③脂質、④ビタミン、⑤ミネラル(無機質)

最近では「第6の栄養素」として食物繊維、そして「第7の栄養素」にこのファイトケミカルが含まれでいます。


フィトケミカルとは、植物性化学物質のことです。

動くことのできない植物は、太陽の紫外線による酸化を防ぐため、色や香り苦味をもった植物栄養素を作り出してきました。

緑黄色野菜や淡色野菜・果物・豆・イモ・海藻・お茶などから発見されています。

現在までに発見されているフィトケミカルは約1000種類あります。

フィトケミカルには強い抗酸化力・抗菌作用があり、免疫機能を整えたり、アンチエイジング・がんなど多くの病気の予防に役立つ、細胞の栄養素になると考えます。

意識することは

赤・橙、黄、緑、紫、黒、白の7色の食材を選ぶことで、バランスのとれた食事に近づきます。

赤・・・トマト、パプリカ、唐辛子など

橙・・・にんじん、かぼちゃなど

黄色・・・キウイ、トウモロコシ、ブロッコリーなど

緑・・・ほうれん草、ピーマン、おくらなど

紫・・・ブルーベリー、黒豆、なす、ぶどうなど

黒・・・ごぼう、じゃがいも、コーヒーなど

白・・・ねぎ、にんにく、まめ

 

などになります。

外食が多いと、お肉や油などが多くなりがちになります。

自炊を目指すことでこれらの食材をバランスよくとることが出来ます。

カット野菜などいつとれたかわからない野菜を選ぶのではなく、新鮮な野菜を選びましょう。

日々の心がけが自身・家族の体を作ります。

今日は食養生について載せましたが、現在症状が出ている場合は漢方薬をお勧めいたします。

松山漢方相談薬局では漢方薬だけでなく必要な栄養素や食事指導なども行っています。

気になる症状がある方は御相談ください。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不安・月経不順・ダイエット・不眠・不妊・消化器症状・耳鳴り・吐き気・アレルギー症状などでお困りな方はお電話にてご予約ください。

 

 

皆さまこんにちは(*’▽’)

松山漢方相談薬局では不妊症でお悩みの方が増えています。

検査をしても異常がないのになかなか妊娠しない方から病院で不妊治療を行っていても妊娠しない方など。様々な悩みの方がいらっしゃいます。


基礎体温で高温期が安定しない、高温期になりにくい、高温期が短い、ジグザグできれいに2相に分かれない、という体質のかたも少なくありません。

いずれの場合も、漢方薬で妊娠の可能性を高める方法があります。

大事なのは、「妊娠しやすい体質」をつくることです。

「妊娠力=生殖力」が低下していると、何年も「タイミング療法」や、さらに「人工授精」「体外受精」などを試しているもなかなか授からない場合があります。

現在、何らかの原因によって妊娠しにくい状態にあるとしたらまずはその原因を探ることが必要です。
現在の体質はこれまでの生活環境によって作られたものです。

食事や適度な運動、ストレスなど様々な要因によって、本来の妊娠力が発揮できなくなっているのかもしれません。
生活改善と体質改善により効果的に授かる方法をお伝えしていきます。

 

不妊でお悩みの方は御相談ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順・疲れ・不安・アレルギー・耳鳴り・喘息・アトピーなどでお困りな方もご相談ください。

 

 

2016年11月22日

舌診って何? カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

現在もうすぐで4か月になる男の子の育児中です。

最近は笑うようになりますますかわいくなってきました(*’▽’)

育児の合間にBLOGを更新していきます。

 

今日は中医学で使われる「舌診」についてです。

臓器の鏡と言われるほど舌診はとっても重要な指標になってきます。

症状に現れていなくても舌を見るだけで起こりうる症状がわかるのです。

舌の新陳代謝は良く3日で新しく生まれ変わると言われています。

普段から舌を見るようにし、体調が悪いときなどのサインを見極めていきましょう。

 

見るところは、下の色・形・厚み・動き・苔の有無や色などを見ていきます。

見るときの注意点は

なるべく自然光で見るようにし、食後などは避けましょう。

 

●健康な舌

形は大きすぎず小さすぎず、色は真っ赤ではなく淡い赤色で舌苔は薄く白い状態。

 

●薄白苔舌

舌の全体が広く、薄く白い苔がある。下の周りにがたがたと歯形がある。下の周辺に赤い斑点がある。

→虚弱体質で身体が冷えやすいため、風邪を引きやすい。

 

●厚白苔舌

舌が分厚く、苔が白い。周辺が赤い。

→冷房などによって表面は冷えているが、体内には熱がこもっている状態。

自律神経の乱れから不眠症や精神状態の不安定、風邪をこじらせたときに多い。

今日はわかりやすい3つの状態をご紹介いたしました。

松山漢方相談薬局にわかりやすい舌の写真があるので、気軽に声をかけてください。

 

毎日舌をチェックすることでいち早く体調を見ることが出来ます。

気になる症状がありましたらご相談ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

アレルギー症状・不安・疲れ・風邪・消化器症状・ダイエットなどでお困りな方もお電話にてご予約ください。

2016年11月18日

虚弱体質な子供 カテゴリー:

 

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局の神菜です。

 

子供の健康大丈夫ですか?

現代の子は食事の偏りや運動不足・ストレスなどから虚弱体質の子が多くいます。

体力つけてストレス対処や病気にかからない体を目指しましょう。

虚弱な子供に多い特徴

・食が細く体形もほっそりしている

・顔色が悪い、青白い

・アレルギー体質である

・胃腸が弱い

・貧血

・疲れやすい

・筋肉が少ない

など

 

これらが当てはまる子は、

免疫力が低下している場合が多く、アレルギー体質や風邪などにかかりやすくなります。

ゲームやテレビで夜更かしし寝不足になったり、朝がすっきり起きられず朝食が食べられなかったりと不規則な生活も原因の一つでしょう。

子供のいじめなどからストレスが溜まり、身体機能の乱れ、免疫力低下などを引き起こします。

 

漢方では体質に合わせてお選びしていきます。

体質や症状にあった漢方を飲まなければ効きません。

松山漢方相談薬局にご相談ください。

しっかりお話し聞いていきます。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順・

アレルギー・喘息・疲れ・風邪・消化器症状・ダイエットなどでお困りな方もお電話にてご予約ください。

 

2016年11月14日

高血圧に漢方薬 カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

今日の健康情報は「高血圧」についてです。

血圧とは・・・心臓から血液が送られていく時の血圧が「収縮期血圧」=「最高血圧」といいます。

反対に心臓に血液が戻って来る時の血圧が「拡張期血圧」=「最低血圧」と言います。

血管は柔らかく弾力性のあるものですが、高血圧の状態が長くと、高い圧力にさらされた血管は厚く硬い壁になってしまいます。硬くなった血管は収縮が出来ずに、血管内が細くなる部分も出てきます。この結果、血流が減り心臓が圧力を増すことで、さらに高血圧へとなってしまいます。

高血圧が続くことで様々な危険性があります。

くも膜下出血・心筋梗塞・動脈瘤・などの命に係わる疾患までも引き起こしてしまうのです。

 

高血圧は西洋医学での降圧剤だけでなく自然薬である漢方薬もあります。

松山漢方相談薬局にご相談ください。

あなたにあった漢方薬をお選びいたします。

 

その他にお困りな症状がありましたらご相談ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順・ダイエット

耳鳴り・疲れ・感冒症状・消化器症状など。

2016年11月11日

カテゴリー:

こんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日のテーマは

[PMS]についてです。

PMSとは月経前症候群といい、生理前や排卵時に疼痛やイライラ、だるさなどがあるものをいいます。

生理痛は当たりまえと思っている方は多くいますが、漢方での考えは生理痛がなくて健康と言えます。痛みをそのままにするのではなくケアしていきましょう。

松山漢方相談薬局には多く女性の方が来られます。

西洋医学での治療法は対処療法となり副作用で悩まれている方も多くいます。

漢方の自然の生薬で体調を整えていくことをお勧めいたします。

 

女性疾患の中でもたくさんの漢方があります。

自ら判断するのではなく専門知識のある松山先生に相談しましょう。

 

 

その他にも食不振、めまい、耳鳴り、難聴、便秘、下痢、頻尿、貧血、冷え性、高血圧、低体温、不眠症、不妊症、月経異常、生理痛、白内障、緑内障、関節痛、腰痛、頭痛、リウマチ、風邪、インフルエンザ、鼻炎、ニキビ、アトピー、アレルギー、ガン予防 など

お電話にてご予約ください。

2016年11月08日

思春期のダイエット カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

今日は思春期の無理なダイエットについてです。

 

最近はテレビや雑誌など細い人が魅力的という思考が広がっています。

それによって小学生や中学生の無理なダイエットが行われているのです。

ダイエットといえば取り組みやすい、断食や食事制限などのダイエットです。

成長において栄養素はとっても重要です。

食事制限を行ってしまうことで、イライラや集中力の低下につながります。

さらに月経不順や成長が行われないからだになってしまいます。

さらにカルシウム不足になり将来の骨粗鬆症にも繋がります。

 

正しいダイエットには栄養素が必要です。

専門的なダイエットを行っている松山漢方相談薬局に一度ご相談ください。

 

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順・

不安・アレルギー・耳鳴り・風邪・疲れなどでお困りな方はお電話にてご予約ください。

 

2016年11月07日

冷えは漢方薬で カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

寒い季節になってきましたね。

冷え性が気になっていませんか?

冷えは万病の元ですよ!

そのままにせずしっかりケアしていきましょう。

 

西洋医学では冷えというのは重要視されていません。

東洋医学では気や血のめぐりが整っていれば、体のすみずみまで温まるという考えがあります。

冷えは体のバランスが悪くなっていることが考えられますが、人それぞれお渡しする漢方薬は異なってきます。

手足が常に冷たい

クーラーなどの風邪が苦手

体力がなく貧血

手足がむくむ

肩こり腰痛がひどい

生理不順

頻尿

めまい

頭痛

などなど

たくさんの症状があります。

なぜ冷えがきているのかは専門である松山先生にみてもらいましょう。

 

冷えは当たりまえと考えずに辛い症状がおこるまえにケアすることをお勧めいたします。

他にも悪寒、風邪、頭痛、疲労、多汗、不眠、貧血、黄疸、のぼせ、脱毛、化膿、動悸、息切れ、目眩、高血圧、胸痛、食不振、腹痛、下痢、痔、月経異常、不妊、冷え性、肩こり、腰痛、精神症状、鼻炎、目のかすみ、排尿、うつ病、便秘、糖尿病、動脈硬化・ダイエットなどお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

 

 

 

 

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

今日は「ストレスには漢方」をテーマにまとめていきます。

 

まず、ストレスとは何か。

ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、

その原因となる刺激(ストレッサー)のことです。

簡単に例えると、生活の中で騒音を我慢している状態を続けると辛くなります。

しかし休息や気分転換をすることで気持ちは楽になります。

 

しかしストレスが大きすぎたり、はねのける力が弱っていると、

身体に症状が現れたり、精神的に辛い状態となります。

目に見えないものであるため、我慢し続けうつ状態になる方は少なくありません。

人間関係や忙しい生活などストレスになることはたくさんあります。

不安やイライラが募り、不眠症になる人もいるでしょう。

 

そんなときは漢方薬に頼ってみてください。

漢方ではストレスが溜まった時、

ゆっくり休んで整えた方が良い人と外に出て発散した方が良い人と様々です。

松山先生はストレス発散方法のタイプを教えてくださいます。

その人にあった漢方を選んでくれるため、体調は良い方に向かっていきます。

 

辛くて我慢している方や西洋医学で良い方向に向かわない方は一度ご相談ください。

 

その他にも

不眠・不妊症・月経不順・ダイエット・悪寒、風邪、頭痛、疲労、多汗、不眠、貧血、黄疸、のぼせ、脱毛、化膿、動悸、息切れ、目眩、高血圧、胸痛、食不振、腹痛、下痢、痔、月経異常、不妊、冷え性、肩こり、腰痛、精神症状、鼻炎、目のかすみ、排尿、うつ病、便秘、糖尿病、動脈硬化などたくさんのご相談があります。

お電話にてご予約ください。

 

皆さまこんにちは(#^^#)

松山漢方相談薬局のスタッフ神菜です。

今日のブログのテーマは

 

「更年期障害」についてです。

松山漢方相談薬局のご相談の中でもとても多いご相談です。

 

更年期障害の原因は閉経前後のホルモンバランスが悪くなることで辛い症状が出ることを言います。

主な症状は

頭痛・頭重感・肩こり・しびれ・めまい・冷え・ほてりなど

ホットフラッシュといい暑いわけでもないのに体がほてり、手足が冷たいなどの訴えが多いです。

その他にも、動悸・頻脈・関節痛・食欲不振・下痢・便秘・嘔吐・イライラ・不安感などがあります。

漢方では全身の症状をしっかりみていき辛い症状がなぜ来ているのかを見ていきます。

漢方はその方に合ったものでなければ効果が薄いです。

松山漢方相薬局ではしっかり状態をみて漢方をお渡しいたします。

お困りな方は御相談ください。

 

その他にもたくさんの症状でお悩みの方が多くいらっしゃいます。

自律神経失調症・めまい・耳鳴り・不安・疲れ・アレルギー・喘息・

不眠症・不妊症・月経不順・ダイエットなど。

 

ページ上部へ