鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

3月, 2015年

皆さんはストレスで過食が止まらないってことありますか??

私も以前、仕事で疲れてポテトチップスを買い込んで食べるという生活をしていた時期がありました。

その他にダイエット相談でいろいろな相談を受けます。

 

テレビを見ながら、菓子パンを大量に食べていた。

イライラしてどんぶり飯を2杯ペロッと食べてしまっていた。

夜中にドーナッツをたくさん食べてしまった。

お腹が空いて甘いものが止まらない。

などなど

食べすぎの罪悪感と脂肪は蓄積する一方ですね(>_<)

 

ダラダラと大量に食べてしまうことや気付いたらなくなっていることは誰にでも良くあります。

こんなにたくさん食べてしまったと、自分を責めないで過食をうまくコントロールしていきましょう。

 

まず過食はストレス解消するのに必要な行動でもあります。

数か月に一度、バイキングに出かけたくさん食べることは趣味の一環でもあります。

 

食べ過ぎを罪悪感やストレスに感じてしまうと、またストレスが溜まり反動でまた食べるといった悪循環に!!

 

たくさん食べることは誰にでもあります。

たくさん食べたことでストレス解消できたと自分を褒めてあげてください★

 

★過食の理由★

必要な栄養素が足りていないかも?

月経前に過食が止まらないという方は多いと思います。

月経に必要な血液やエネルギーが不足している場合に起こります。

また、食べたいものを制限している反動で過食をしてしまうケースもあります。

食べたいという欲を抑え込んでいるから、ストレスがたまった時に食べすぎてしまうのです。

 

食べたいものは制限せず食べるようにしましょう。

きちんと食事の栄養素は食べていますか?

ダイエットといって食事を抜いていませんか?

抑え込むことでストレスにも繋がります。

 

食べたいものは食後に食べストレスを溜めない生活を心がけましょう(●^o^●)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1週間に1度来ていただき、体組成系できちんと脂肪が減っているかみながらダイエットを行っていきます。

目に見えて脂肪が減っていくのがわかるため、楽しくわくわくしたダイエットが行えます★

ご自身でダイエットが行えない方はご相談ください。

健康的に痩せて、体調の良い身体を手に入れましょう。

 

その他に、花粉症・めまい・不眠症・不妊症・更年期障害・自律神経失調症などでお困りな方はお電話でご予約下さい。

 

「最近お腹が出てきた」と感じている人や、

「お腹周りが前から気になっている人」などの悩みはありますか??

ダイエットカウンセリングをしていて、内臓脂肪を気にしている人は少なくありません。

 

★内臓脂肪の特徴★

内臓脂肪は男性につきやすい傾向にあります。

又、皮下脂肪と違い、太って見えない方もいます。

内臓の周りに脂肪が蓄積しているため、外からは掴めないのが特徴です。

 

さらに危険なのが、生活習慣病のリスクが上がるということです!

糖尿病・動脈硬化・心疾患・脳血管疾患など危険がいっぱいです。

 

内臓脂肪をため込まないように健康的なダイエットを行いましょう★

①極端なダイエットは避けましょう!

極度な運動や絶食などの極端な食事は体調を崩すため絶対に止めましょう。

又、すぐに体重を減らそうとするため脂肪が減らず、筋肉や水分が減るだけの可能性も高いです。

脂肪が減らないことでリバウンドしやすい身体になるといえます。

1か月に体重の5%を減らすように心がけましょう。

 

②栄養バランスを考えた食事を!

カロリーの低いものばかりを食べるのではなく、野菜やミネラルの栄養素をしっかり摂りましょう。

お肉・大豆などのたんぱく質も必要な栄養素です。

いろんな食材を選び食べるようにし、お菓子や揚げ物は避けましょう。

食べすぎは注意です!

腹八分目を心がけてください★

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1 週間に1度来店頂き、健康的にダイエットを行い脂肪が減っているかを確認しながら行います。

辛いダイエットは続きません。

一緒にわくわく楽しいダイエットを行いましょう★

松山漢方相談薬局でダイエットを行っている方は、しっかり脂肪が減り目に見えて雰囲気が変わり喜ばれています。

自身でダイエットが行えない方は、お電話でご予約お待ちしております。

その他に自律神経失調症・花粉症・更年期障害・不眠症・めまい・不妊症・イライラなどでお困りな方はお電話ください。

 

 

 

2015年03月28日

産後ダイエット★ カテゴリー:

出産後に体重が増えたという方は多くいます。

そのままダイエットをせずに時がたち…

あっというまに肥満体形に!!

 

★産後の体型★

産後は赤ちゃんを守るために、脂肪が増えている状態です。

特にお腹まわりに皮下脂肪が多くつくため、ぽっこりお腹になった人も多いでしょう。

そして、出産により骨盤が広がりを見せどっしりとした体つきに!

その他に便秘・痔・産後うつ・むくみ・貧血・抜け毛などの症状で悩まれている方もいます・

産後はとってもデリケートで不安定です。

慣れない育児と共にし、疲れが蓄積されます。

産後はしっかり身体を休めましょう。

 

★ダイエットを考える前に休みましょう★

出産により母体への負担は個人差があるため、産後1か月~1か月半は身体をしっかり休めましょう。

 

★危険なダイエットは避けましょう★

①摂取カロリーを減らさない!

授乳婦の場合、+600kcalが必要と言われています。

だからといって、食べすぎていては太る一方です。

体重を日々測定して、赤ちゃんの母乳の摂取量と自身の摂取量のバランスを見ていきましょう。

和食中心で栄養バランスのとれた食事を食べましょう。

 

②水分の選び方

授乳中は普段よりも水分摂取量が増えます。

甘いジュースや糖質の多い飲み物は避けましょう。

低カロリーでカフェインのない飲み物として、

水・麦茶・タンポポ茶・ルイボスティーをおススメします。

松山漢方相談薬局にある無添加・天然成分のタンポポ茶です♪

さっぱりしていてとっても飲みやすいです♪


 

③断乳後の摂取カロリーに注意

母乳は600kcal程度消費しています。

運動にするとウォーキングを3時間程度行っているのと同じくらいの消費になります。

それはそれはお腹がすきますね!

その感覚で断乳後もカロリー摂取していては太っていく一方です。

食べ過ぎないように注意しましょう★

 

 

産後に体型を戻すのは6か月以内に行うと良いと言われていますが、

体調を安定する大切な時期でもあります。

無理なダイエットは止めて、

日々体重計で測定し過度に増えないようコントロールしましょう。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

長年蓄積した脂肪をしっかり減らすことができます。

ダイエット開始時の脂肪のグラフとダイエット終了後のグラフを見ると一目瞭然です!

以前の身体がうそのようです。

毎週グラフを見ていると、わくわくした気持ちになります(●^o^●)

辛いダイエットは続きません!

一緒に楽しいダイエットをしましょう★

まずはお電話でご予約をお願いいたします。

その他に、体調不良・花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・めまい・腰痛などでお困りな方はお電話でご予約下さい。

 

 

お酒が好きだから、止めずにダイエットがしたい!

という方は女性でもとっても多いです。

カウンセリングをしていても、毎晩ビールを4杯飲むという方や焼酎は欠かせないという方もいます。

お酒をやめなければ痩せないんでしょ~?と恐る恐る聞いてくる方は少なくありません。

 

お酒を飲みながらでもダイエット出来ている人はたくさんいます★

皆さん怖がらずダイエットに取り組みましょう!

 

アルコールのカロリー数は「1gあたり7kcal」ととっても高いです。

ビール(500ml)=ご飯1膳=コーラ(500ml)

ご飯と同じくらいのカロリーなのです!

しかしアルコールはエンプティカロリーと呼ばれ栄養素が無く、ほとんど体内に吸収されることはありません。

なぜならアルコールは優先的に排出・放出・消費されているのです。

顔が赤くなったり、体が火照ったり、トイレが近くなったりすることで体外へ放出しているのです。

 

身体はアルコールのカロリー消費を優先させ、その他の糖や脂質などの消費を後回しにします。

後回しにされた栄養素が消費されずに体内に残ってしまうと脂肪として蓄えられます。

 

アルコールが体内に残っている間は、食べ物が消費されにくいため飲みすぎ食べ過ぎは注意しましょう。

おつまみはヘルシーに★

シメのラーメンは止めましょう!

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

1週間に1度来ていただき、体組成計にて脂肪量・脂肪率・内臓脂肪・蛋白質量・無機質量・筋肉量などを測定いたします。

しっかり順調にダイエットが行えるかを一緒に見ていきます。

一人で辛いダイエットをしても続きません。

一緒に楽しくわくわくしたダイエットを行いましょう★

私もダイエットをしてから、リバウンドなく過ごせています。

気になる方はお電話お待ちしております。

 

 

その他に気になる症状がある方はお電話でご予約承ります。

体質改善・花粉症・自律神経失調症・更年期障害・めまい・不眠症・不妊症などでお困りな方。

お待ちしております。

 

 

2015年03月25日

奇麗にダイエット★ カテゴリー:

奇麗にダイエットをしましょう★

過度な食事制限をして、

「やつれる・肌荒れ・シワが増える・髪の毛につやが無くなる・顔色が悪い・気力がない・イライラしている」などの症状を起こしていては周りに心配されるだけです!

 

健康的に脂肪を減らすダイエットをしましょう。

 

★食事は大切★

不健康な化学添加物や脂っこいジャンクフードを食べていては健康的なダイエットにはなりません。

早く痩せたいからといって、食事を抜いたり・極度なカロリー制限は止めましょう。

5大栄養素である、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルをしっかり摂りましょう。

偏った食事を絶ち和食中心の食事を心がけましょう。

 

★良い睡眠をとる★

成長ホルモンが分泌されるため、傷んだ肌や髪の毛を整え・脂肪の燃焼にも繋がります。

ホルモンバランスも整いますので身体にとってはとっても良いことです。

理想の睡眠は最低でも6~7時間は寝ましょう。

1日で最も痩せやすい時間は夜中の2時から4時とされていますが、

熟睡しているためには0時前にはしっかり寝るようにしましょう。

 

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1週間に1度来て頂き、体脂肪を測定していきます。

順調にダイエットが行えているかカウンセリング行います。

辛いダイエットは続きません!

一緒にわくわく楽しくダイエットに挑戦しましょう(●^o^●)

お電話でのご予約お待ちしております。

その他に、花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不妊症・不眠症・腰痛・めまいなどでお困りな方もお電話お待ちしております

 

 

 

~ダイエットレシピ~


★豚肉となすの炒め物★


~材料~

なす…中2本

ほうれん草…4束

豚肉…180g

大葉…3枚

★ダシ汁…1cup

★酒…大さじ1

★醤油…大さじ1

★みりん…小さじ1

ごま油…大さじ1

 

~作り方~

①ナスを食べやすい大きさに切ったら水にさらしておく。

②ごま油で豚肉を炒め、さらになすとほうれん草を入れ炒める。

★の調味料をいれ中火で煮る。

③最後に大葉を入れたら出来上がり♪

 

とっても簡単で、栄養も摂れるためお勧めです(●^o^●)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

1週間に1度カウンセリングに来ていただき、しっかり脂肪が落とせているか体組成計で測定をしていきます。

辛いダイエットは続きません!

一緒にわくわく楽しいダイエットを行っていきましょう♪


その他に、花粉症・自律神経失調症・更年期障害・腰痛・不妊症・不眠症・生理不順・めまいでお困りな方はお電話お待ちしております。


KANPORO松山漢方相談薬局のスタッフ青澤神菜(かな)です。

以前は看護師として循環器病棟でたくさんの患者さんを看てきました。

生活習慣病である、動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・高血圧・高脂血症・糖尿病などの疾患の方は多く、治療だけでなく食事指導なども行ってきました。

入院に至るまでの患者さんは、長い習慣の蓄積であり、

もっと早い段階で健康を考えお手伝いができたら良いなと感じ、

漢方薬局でダイエットカウンセリングを始めました。

健康のために痩せたいという方も増えています。

皆様のお手伝いが出来るよう努力していきたいと思います(●^o^●)

 

そんな私がダイエットのBLOGを更新しています

 

前回はジャンクフードの危険性について載せました★

★★ダイエット中に避けたい食べ物★★

★★ダイエット中に避けたい食べ物②★★

 

↑↑こちらをチェックしてみてください。↑↑

 

これらジャンクフードには、麻薬やタバコと同じくらい中毒性があることをお伝えしていきます。

 

脂肪と糖の多い、お菓子類は麻薬を吸った時と同じように脳の中の「快楽中枢」を刺激することが分かっているようです。

ダイエットや仕事でストレスが溜まると、コンビニでお菓子やプリン・ケーキなどを買ってドカ食いをしてしまっていませんか?

 

ポテトチップスなど、食べ始めたら止まらないですよね。

中毒性の元は砂糖・塩・油・化学調味料・炭酸飲料水などによるものです。

快楽物質である「ドーパミン」が分泌されるため、嬉しい・気持ちいといった癒しの物質が出るため、ついつい食べてしまうのです。

 

ジャンクフードを食べることで、「肥満・生活習慣病・老化」のリスクが高まります。

 

ポテトチップスに含まれる、揚げ油が酸化し「過酸化物質」が含まれており、細胞・肌・血管などの老化を早めます!

ポテトチップスは一口目「美味しい」と感じる配合で作られていますから、癖にならない訳がないのです。

お腹が空いたら、開ければすぐに食べられる手軽さでついつい手が伸びます。

しかし、健康には不向きであることを理解し、買わないようにしましょう!

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

1週間に1度、来店頂き体組成計にて体脂肪を測ります。

脂肪が減らないダイエットは正しいダイエットとは言えません。

脂肪を減らしてこそリバウンドのない身体と言えます。

辛いダイエットは続きません!

楽しくわくわくしたダイエットを一緒に行いましょう。

その他に、花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・腰痛などでお困りな方もお待ちしています。

 

 

前回はジャンクフードが太ってしまう理由を載せました♪

こちら ★ダイエット中に避けたい食べ物★

 

①ジャンクフードは少量でも高カロリー

②ジャンクフードは飽和脂肪酸を多く含んでいる

を載せました!

 

今回は続きをまとめていきます★

 

③砂糖たっぷりな食べ物が危険!

現代では、甘い飲み物である清涼飲料水がたくさん出回っております。

さらに甘いお菓子もたくさんの種類がありますね。

新しい味が好きな私もついつい味見してしまいます!

しかし砂糖を摂りすぎるととっても危険です。

1,血糖値を急上昇させ、たくさん食べてもお腹が空く

2,糖尿病の原因になる

3,身体を冷やし、様々な病気に繋がる

4,体内からカルシウムを奪い、骨粗鬆症のリスクが高まる

5,高カロリー

6,感情的になる

 

「コーラを飲むと骨が溶ける」と小さい頃から言われていましたが、

砂糖は身体の中で消化されていく過程でカルシウムなどのミネラルを奪っていきます。

カルシウム不足になり、骨粗鬆症・腰痛・膝痛・不眠症・アレルギー体質・イライラなどの症状が現れます。

 

砂糖は疲れた時に欲しくなるため、疲れが取れるように思われがちですが、

それは間違いです。

砂糖は素早く血中に取り込まれ血糖値を急上昇させるため、一時的に疲れがとれたように感じます。

しかし、血糖値が急降下しますので疲れやすくなり空腹感を感じやすくします。

根本的な疲労回復にはならないのです。

甘いものがどうしても欲しいのであれば、ビタミンやミネラルをしっかり摂りましょう。

健康的なダイエットを行っていきましょう。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1週間に1度来ていただき、脂肪がきちんと減量出来ているか確認しながらダイエットを行います。

一人でダイエットを行っても続きません!

辛いダイエットは止めて、楽しいくわくわくするダイエットを行いましょう(●^o^●)

やる気と脂肪がある方はお電話下さい。

 

花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・めまい・頭痛・腰痛など

お困りな方はお電話お待ちしております。

ダイエット中なのにも関わらず、ポテトやハンバーガーを食べたくなる時ってありますよね?

ジャンクフードが太ってしまう理由をまとめました★

 

ジャンクフードとは:栄養価のバランスを著しく欠いた食品のこと。

高カロリー・高塩分だが、身体に必要な栄養素であるビタミン・ミネラル・食物繊維があまり含まれない食べ物!

ジャンクとは英語で「がらくた・屑」の意味です!

ハンバーガー・ピザ・ドーナッツ・ホットドッグ・ポテトチップス・ポップコーン・カップラーメン・清涼飲料水・アイスなどを言います。

ジャンクフードは食感や味が良い・快楽や満腹感を目的とする食品が多いです。

しかし少量でもカロリーが高く、栄養が無いことから、肥満・糖尿病・脳心血管疾患・がんなどのリスクが上がると言われています。

 

幼少の頃から炭酸飲料水・清涼飲料水・チョコレート・クッキーなどのお菓子やジャンクフードを食べている人は、自分の重い通りにならないとすぐに感情的になりやすかったりとキレやすい子になるとも言われています。

 

①少量でも高カロリー

ジャンクフードは砂糖・油・小麦・塩などを大量に使用しており、とっても高カロリー!

●ハンバーガー:約300kcal

●フライドポテト:約400kcal

●ポテトチップス:約550kcal

●ピザ1ピース:約200kcal

 

とっても高カロリーなうえ、低栄養なんです!

 

②肥満や脂質異常症などの原因になる飽和脂肪酸を多く含んでいる

飽和脂肪酸は代謝に重要な役割を果たす身体に必要な栄養素ですが、

摂りすぎると血流の流れが悪くなり、中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるため、

血液中に増えすぎると動脈硬化の原因になるとても悪いものです。

 

飽和脂肪酸を含む食材は

ラード・バター・牛乳・生クリーム・マーガリン・ショートニング・チーズ・牛肉・豚肉・卵などです。

これらが多く含まれた食材を頻繁に食べるのは止めましょう。

 

きちんと1日350gの野菜を食べていますか?

ジャンクフードを食べる前に、1日分の野菜を摂取できるような生活に整えましょう。

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを実施しています。

1週間に1度ダイエットに来ていただき、しっかり脂肪が減っているか確認しながらダイエットが行えます。

脂肪が減るのが目に見えるため、わくわく楽しくダイエットが行えます。

辛いダイエットは続きません★

一緒に太る原因を見つけ楽しいダイエットにしましょう。

お電話お待ちしております。

 

花粉症・自律神経失調症・更年期障害・不眠症・不妊症・めまい・腰痛などでお困りな方、お電話お待ちしております。

 

体重が徐々に増えていってしまっている方は要チェックです!

「そろそろ痩せなきゃやばい」と感じつつも、チョコレートなどのお菓子や脂っこいつまみなど、

ついつい食べすぎてしまうことありますよね。

ダイエットの相談で、「夕食前のカップラーメンが止まらず、1か月で2㎏ずつ増えてしまっているんです~(>_<)。」

という訴えがありました。

 

素晴らしいことに、その方は自身が太っていく理由を理解しているのです!

ということは、その太る原因を取り除いてあげることが必要ですね。

「食事前にカップラーメンを野菜に変える」という提案は定着してきていると思います。

しかしそれが出来ないから困っているのです!

 

カップラーメンは人の味覚に合うように作られているため、とっても美味しいです!

しかし化学添加物の塊でもあります!

食べ過ぎることで、老廃物が溜まりにきびなど吹き出物が多くでたり、栄養失調

下痢などの消化器症状・栄養失調・心臓病・脳卒中・糖尿病リスクも高まります。

 

カップラーメンのリスクを理解したうえで、次はストレス太りに着目したいと思います。

 

脳はストレスを感じると脂肪を蓄積させるホルモンが分泌されるため、危険な状態と判断し脂肪をため込もうとします。

ストレスを感じると脳は甘いものや脂っこいものを欲しがりますので、ストレスで太るというのは理にかなっているのです。

食べてはいけないと思えば思うほど、欲しくなります!

制止されるとそれが余計にストレスにもなりますので、止められる範囲で食べる回数を減らしていきましょう。

又、食前に食べていたカップラーメンを食後に回し、食べれなかったら今日は止める!

というふうに減らしていく努力をしましょう。

徐々に買わない習慣を目指しましょう!

 

他に、リラックスできることを見つけ、ストレス解消が食事にいかないよう変換するのも良いでしょう。

ゆっくり、湯船につかったり、映画やゲーム・本を読むなど★

時間を有効活用しましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

1週間に1度来店いただき、体組成計で測定をし脂肪がきちんと減っているか確認していきます。

辛いダイエットは続きません。

一緒に楽しんでダイエットを行いましょう(●^o^●)

 

その他に自律神経失調症・更年期障害・生理不順・めまい・腰痛・不眠症・不眠症などの症状でお悩みの方もお電話お待ちしております。

 

 

 

1 / 3123
ページ上部へ