鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

2月, 2015年

~身体に必要な栄養素について~

 

ブログで日々、たんぱく質は大切な栄養素と載せています。

特に低脂肪・高タンパクな食品をご紹介いたします。

 

★植物性たんぱく質★

脂質の代謝を良くし、コレステロール値を低下させ食物繊維もたっぷり摂れます。

○豆腐

○納豆

○油揚げ

○おから

 

★動物性たんぱく質★

○えび

○たこ

○貝類

○白身魚

○ササミ

 

たんぱく質不足にならないように、ダイエット中でもしっかり食べるようにしましょう。

 

その次は糖質についてです。

 

糖質と言えば、甘い物を思い浮かべ果物やチョコレートやアイスクリームなどのお菓子を思い浮かべる人は多いでしょう。

その他にもご飯やパン、イモ類などにも糖質は

 

糖質は3種類あります。

①ブドウ糖・加糖(単糖類)

②砂糖(2糖類)

③米・麦・イモ類(多糖類)

身体を動かすうえで、重要なエネルギー源になりますが、余った場合は体脂肪となります。

糖類の摂りすぎには注意しましょう。

 

健康的にダイエットをするには、バランスよく食べることが必要です。

炭水化物の多いどんぶりやラーメンばかり食べていては、ビタミン・ミネラルの含まれた野菜類が不足してしまいます。

定食のような色々な品目のある食事を心がけましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計にて体重を測り、6周波の精密な機械により体脂肪・内臓脂肪・栄養状態・水分量などを測定いたします。

その後、生活状況や精神状態に合わせてあなたに合わせたダイエット方法をご提案いたします。

1週間に1度カウンセリングに起こし頂き、今のダイエット法があっているのか、効率的に痩せる方法などのアドバイスをしていきます。

最後のダイエットにしましょう。

 

その他にも、不妊治療・自律神経失調症・更年期障害・腰痛・膝痛・生理不順などでお困りな方は一度ご相談ください。

 

 

★規則正しく食事ダイエット★

現在、3食きちんと食事を摂った方が良いという人や、1食が健康!

と様々な意見があります。

1日一食では1日に必要な栄養素をきちんと摂取しなければならないため、なかなか難しいと思います。

又、食事と食事の間が飽き、空腹時間が長くなり次の食事の吸収量が必要以上に高まってしまいます。

その反動で過食となり肥満となる人もいるでしょう。

 

ダイエットを行うと極端に食事量を減らしてしまい、筋力の低下や骨密度の低下・貧血・倦怠感

などの症状が現れてしまいます。

 

①まずはたんぱく質を摂るよう心がけましょう。

 

②次に食べる順番を気をつけましょう。

摂取カロリーを減らすだけでなく、食事による血糖値の上昇が肥満に繋がってしまうのです。

血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるホルモン「インスリン」が過剰に分泌されます。

インスリンが、各細胞に糖を送り込むのですが、余った糖は脂肪細胞に送り込みます。

それが蓄積されて肥満となるのです。

 

食事の始めに

野菜や海藻類などの食物繊維を食べる。

たんぱく質や脂質である大豆やお魚・お肉を食べる。

炭水化物であるごはん・パン・麺を食べる。

 

この順序はアンチエイジングにも繋がり、痩せるとともに血管も健康へ近づきます。

 

③食品群をバランスよく食べましょう。

【孫は優しい】と聞いたことはありますか?

【ま・ご・わ・や・さ・し・い】

ま→豆

ご→ごま

わ→わかめ(海藻類)

や→野菜

さ→魚

し→椎茸(キノコ類)

い→芋類

これらを指します。

5大栄養素である「タンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル」が全て含まれています。

 

これらを目安にお料理をすると良いでしょう★

健康的にダイエットに取り組みましょう★

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計で筋肉量・脂肪量・内臓脂肪量・栄養状態・水分量などを測定します。

その後、生活状況や精神状態に合わせてダイエット方法をご提案いたします。

リバウンドしてしまう人やダイエットがうまくいかない方はご相談ください。

最後のダイエット場所にしましょう★

その他に、不妊治療・更年期障害・自律神経失調症・腰痛・めまい・頭痛

などでお困りな方もお電話お待ちしております。

危険なダイエット行っていませんか?

ダイエットカウンセリングを行っていて、危険なダイエットをしていた方の話を良く聞きます。

それは・・・下剤や利尿剤を使用することです。

それはとっても危険です!

 

①下剤ダイエットの危険性

下剤を使用する人は、食べても吸収されないから痩せるという考えで使用しているようです。

下剤を使用している人に、ドカ食いしてしまう人が多いようです。

下剤を乱用する結果、

★身体からカリウムが失われ、倦怠感・筋力低下・痙攣・しびれ・知覚障害などが現れる。

★一時的に体重は減るが、その後は減らなくなる。

★下剤を続けることで、大腸の粘膜が刺激に反応しなくなる。

★肛門の筋肉が弱り、漏れやすくなる。

②利尿剤ダイエットの危険性

むくんでいるため、水を外に出して痩せようと考える人が利尿剤ダイエットを行うようです。

★身体からカリウムが失われ、倦怠感・筋力低下・痙攣・しびれ・知覚障害などが現れる。

★一時的に尿量が増え体重が減りますが、また戻る。

 

下剤や利尿剤はダイエットを目的とした薬ではありません。

この方法を行っている人はすぐに止めましょう。

 

和食中心のバランスの良い食事を心がけましょう。

早食いが厳禁ですので、ゆっくり噛みしめながら食べるようにしましょう。

間食を止め、朝・昼・夕で食事をまとめることが大切です。

健康的に痩せることがとっても大切です。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

体組成計にて測定を行い、内臓脂肪・筋肉量・水分量・栄養状態・筋肉のバランスなどを測定いたします。

その方の生活に合わせてダイエット方法を提案させて頂きます。

皆様に最後のダイエットの場所として喜ばれています。

痩せるまでカウンセリングを行います。

気になる方はお電話お待ちしております。

 

その他にも、更年期障害・自律神経失調症・不妊治療・腰痛・膝痛・生理不順などでお困りな方は

お電話お待ちしております。

 

★生理前の過食について★


女性なら感じていると思いますが、生理前は食欲が旺盛になったり、顔や足が浮腫む経験ありますよね。

痩せている人でも1㎏~2㎏は生理の影響で体重が増えます。

場合によっては3㎏~5㎏増えます。

ではなぜ、生理前になると無性にチョコレートやケーキなどの甘いものが食べたくなったり、

食欲が止まらずドカ食いをしてしまったりするのでしょう。

生理前の食欲増進の原因としては、女性ホルモンが関係しています。

 

女性ホルモンには、卵子を大きく成長させ子宮内膜を増やす卵胞ホルモン(エストロゲン)と、

卵子を子宮に定着させようとする黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

 

黄体ホルモンの分泌量が増えると、出血などで失われる栄養を補うために、

細胞に水分や塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせてしまうのです

それによって、体が重く感じたり、むくみ・便秘などの症状を伴うのです。

 

食欲が増しているからといって何でもかんでも口に入れるのではなく、

女性ホルモンのバランスが保たれるように、バランスの良い食事を心がけましょう

生理前の5日間は蓄える時期であることを理解し、

炭水化物・タンパク質・脂質・ミネラル・ビタミンをバランスよく食べるようにしましょう。

代謝が悪くなっているため、すぐに脂肪になりやすい脂質やパン・甘いものなどの過剰摂取は止めましょう。

身体を冷やさないようにし、休息をしっかり摂ることが大切です。

 

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

体組成計で体脂肪量・内臓脂肪量・筋肉量・栄養状態・水分量などを測定いたします。

生活状況・精神状態の問診を行い、その人にあったダイエット方法をお伝えいたします。

最後のダイエットにしましょう。

ダイエットがうまくいかない方やダイエットを考えている方はお電話下さい。

 

その他にも更年期障害・不眠症・自律神経失調症・腰痛・膝痛・めまいなどでお困りな方もお電話お待ちしております。

 

ダイエットの取り組み方をご紹介します★

ダイエットに挑戦し、体重が減ってきているにも関わらず、

長い期間取り組んでいると疲れてしまいますよね。自分を追い詰めないように続けることがとっても大切になってきます。

 

ダイエットを成功させるために重要なことをお伝えします。

 

①痩せている人の習慣を真似る

太ってしまうにはやはり、食べすぎていたり間食していたり偏った生活をしていたりと…

太っていくには必ず理由があります!

痩せている人に共通している習慣を身につけましょう。

以前のBlogをチェックしてみてください★★太る習慣を卒業しましょう★★

②目標や日々の努力のグラフをつける

ただ痩せたいと思うのではなく、なぜ痩せたいのかが重要になってきます。

「昔の服が着れるようになりたい」「誰かに痩せたねと言われたい」「腹囲を10㎝減らしたい」など具体的な目標を立てましょう。

それを目のつくところに貼り、痩せた自分を妄想しましょう。

そして体重を表に記入して折れ線グラフをつけましょう!

食べ過ぎの日や痩せていく日などのバランスが見えてきます。

 

③体重の増減よりも体脂肪を目安に

体重は水分量や食べ物ですぐに変わります。

脂肪を減らすことで太りにくい身体を手に入れましょう。。

家の体重計の体脂肪は2度乗ると違う数値が出たりします。

正確とは言えないため、体脂肪を測定するときは6周波の精密な機器を使いましょう。

ダイエットをするに当り準備が必要です。

目に見える目標を立てるようにしましょう★

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計にて脂肪量・内臓脂肪量・筋肉量・栄養状態・水分量を測定し、生活状況に合わせてダイエット方法をご紹介します。

ご自身でやるより効率的に行えるようお伝えしたいと思います。

ダイエットを考えている方やダイエットを失敗してしまった人はお電話下さい。

最後のダイエット場所にしましょう。

その他にも体質改善や不妊治療・更年期障害・自律神経失調症・腰痛・膝痛・めまい・しびれなどでお困りな方、お電話お待ちしております。

 

 

外食を行う際には注意が必要です★★

ダイエット中でも、友人や家族と外食をすることはありますよね。

そんなときに、体重を増やさないために気をつけたいことを載せました★

ご覧ください★


①カロリーの低いメニューを選ぶ

揚げもの→よりは炒め物→よりは煮物→よりは生食→よりは蒸し料理→よりは網焼き→よりはゆで料理

カロリーの高いもの順に並べました。

ヘルシーな食事を選ぶ癖をつけましょう。

②うす味のものを選ぶ

味が濃いものは塩分が多く入っていますので、薄味の物を選ぶようにしましょう。

 

③組み合わせを考える

ラーメン・パスタ・丼物などは野菜類が摂れず、炭水化物に偏ってしまいます。

野菜類もしっかり頼み栄養バランスを考えましょう。

 

④麺類はスープを残す

スープには塩分や脂質類が多く含まれている可能性が高いため、最後まで飲み干すのは止めましょう。

 

⑤ドリンクバーで飲みすぎない

ドリンクバーだからと言ってもったいないと飲みすぎていませんか?

糖質などカロリーのあるものは飲みすぎないようにしましょう。

ブラックコーヒーやストレートティー・お茶などがおススメです。

 

⑥料理にかかったソースは全部食べない

ソースには糖質・塩分・脂質が多く含まれているため、なるべく減らすように心掛けましょう。

ソースを落としながら食べると良いでしょう。

これからの外食時、少し気にかけるだけで変わってきます★

意識すると良いでしょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計にて脂肪量・内臓脂肪量・筋肉量・栄養状態・身体年齢などを測定いたします。

その後、生活状況や精神状態の問診を行い、その方に合わせたダイエット方法をお伝えいたします。

その他にも体質改善や更年期障害・不妊治療・花粉症・腰痛・膝痛などでお困りな方はお電話下さい★

 

 

痩せやすい身体を作りましょう★★

 

普段の食事は積み重ねが恐ろしい結果となります。

「少しだからいいか!」と毎度毎度言い聞かせて食べていませんか?

 

習慣を変えるだけで痩せやすい身体が手に入ります。

チェックしてみてください★


①普段の飲み物は「清涼飲料水」ではなく「水」か「お茶」が良い

甘いものを食べない人や間食はしないという人が見落としがちなのが清涼飲料水です。

1本のペットボトルの中にも糖質が大量に含まれています。

これらを見ても、ケーキと同じくらいくらいの糖質が含まれています。

 

②早食いを止める

ダイエットと言うと食べ過ぎないように腹八分目までと言いますが、同時に早食いが注意です。

脳が満腹と感じるには20分程度かかります。

少しの量でお腹がいっぱいにするには、ゆっくり噛みしめながら食べるのが良いでしょう。

一口入れたら、箸を置く癖をつけましょう。

 

③ながら食いを止める

スマホをいじりながら食事をしていませんか?

テレビに夢中になっていると、食べたものの満足感が得られず「まだお腹がいっぱいにならない!もっと食べたい」

と脳が感じてしまうため食べすぎの原因になります。

食事をすることに向き合ってしっかり噛んでだべるようにしましょう。

④食べすぎた時は3日以内に取り返す

飲み会やパーティーなどで夜遅くまで食べ続けてしまうことってありますよね。

食べ過ぎて体重が増えたとしても、すぐには脂肪にはなりません。

脂肪になる前に、食べすぎた後はヘルシーな食事に置き換えリセットするようにしましょう。

 

ダイエットを意気込んで行うと、絶食や過酷な運動を行い辛くて続かない人は多いでしょう。

ダイエットは明日からという人がいますが、この4点を気を付けるのは今からでもできます。

 

出来ることからコツコツと行っていきましょう(●^o^●)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計で全身の測定を行い、体脂肪・筋肉量・内臓脂肪量・栄養状態・水分量を測定いたします。

その後、生活のカウンセリングを行いその人に合った方法でダイエットを始めていきます。

ダイエットは辛いと続きません。

楽しんで行えるようアドバイスしていきます。

その他にも、体質改善・不妊治療・更年期障害・腰痛・花粉症などでお困りな方お電話お待ちしております。

2015年02月20日

効率よくダイエット★ カテゴリー:

KANPORO松山漢方相談薬局のダイエットカウンセリングでは1週間に1度来ていただき、

精密な医療器具の体組成計で体脂肪を測定いたします。

靴下を脱がずに、足首で測定いたします。

家にある市販の測定器は流している電流の種類や強さが違うため、正確とは言えません。

家にある市販の測定器は2度測ると違う数値が出てしまうこともあります。

また、身長と体重のバランスであるBMIを元にずれないように表記されているものであり、

体重が少ない人は低脂肪に体重が多い人は高脂肪に出やすくなります。

 

よって、体脂肪量や内臓脂肪量を見るときは必ず精密な器具を使いましょう。

6周波の電流が流れ精密に測れます。

体重減少は水が抜けたり、筋肉が減っただけでも起こります。

 

ダイエットに大切なのは脂肪を減らすことです!

 

脂肪を減らすことでリバウンドがなく見た目美しく痩せることができます。

 

ホットヨガやサウナ・有酸素運動の後に体重を測定すると減っていることありますよね!

それは体内の水が抜けているのです!

 

運動で痩せるにはストイックさが必要になってしまいます。

例えば、ウォーキング30分で消費できるカロリーは100kcal程度!

脂肪1kg=7200kcalありますので、たった1kg減らすのにも毎日ウォーキングをして2カ月と12日必要になる計算になります。

 

最近ホットヨガを行っている方を多く耳にしますが、1時間のレッスンで約200kcalの消費となります。

インナーマッスルの強化・姿勢の強化・心肺機能の強化には良いですが、消費カロリーは低く基礎代謝は上がりにくいと言えます。

 

運動でたった1kgの脂肪を減らすにはかなりの時間がかかります!

 

とっても効率が悪いですね。

食事内容のチェックと漢方で効率良くダイエットをおすすめします★

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットの他にも、花粉症・自律神経失調症・腰痛・膝痛・更年期障害・生理不順・頭痛・不妊治療などでお困りな方お待ちしております。

ゆっくりお風呂につかりましょう★

テレビを見ながら・・・雑誌を見ながら・・・スナック菓子をつまんでいませんか?

ながら食べはついつい食べすぎてしまい太る原因と言えるでしょう。

ながら食べは癖になりがちです!

気持ちがリラックスし癒しのひと時の方もいます。

 

そこでおおすすめが「ゆっくりお風呂につかること」です。

暖かいお風呂にゆっくりつかることで、リラックス効果がありストレス解消に繋がります。

一人暮らしや夜が遅かったりすると、シャワーで済ませる人も多いと思いますが、

1日の疲れをとる意味でも湯船につかるようにしましょう。

 

①温熱・水圧効果で血流が良くなる

湯船で温まることで、血流が良くなり新陳代謝が上がります。

さらに水圧により筋肉をほぐしリンパの流れが良くなります。

温めながら水圧によるマッサージ効果で一石二鳥です。

 

②ダイエット効果

10分つかるだけでも、約80kcalの消費があります。

黙って入っているだけなので楽ちんですね。

私は本や雑誌を見るようにしています。

39度程度で副交感神経が優位になりリラックス効果が得られます。

③10分つかるだけで汚れが落ちる

10分湯船につかるだけで毛穴が開くため、8割の汚れは落ちているそう。

10分以上のつかることで、保湿成分が流出し乾燥肌や敏感肌になり、ターンオーバーが乱れます。

 

湯船につかる事で良いことだらけです(●^o^●)

毎日の習慣にしてみてください★

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

体組成計にて体脂肪・筋肉量・内臓脂肪量・筋肉バランス・栄養状態・水分状態・基礎代謝・1日の必要摂取量などを測定いたします。

その後、人それぞれの生活に合わせたダイエット方法をアドバイスいたします。

皆様洋服のサイズダウンに喜ばれています★

気になる方はお電話を★

 

その他にも体質改善・自律神経失調症・更年期障害・不妊治療・腰痛・膝痛・花粉症でお困りな方はお電話お待ちしております★

花粉症の時期がやってきますね!!

いつも辛い思いをしてこの時期を乗り越えようとしているかたは是非、松山漢方相談薬局へ★

花粉症の時期をみなさん楽に過ごすことが出来ています★

お辛い思いをしている方はお待ちしています。

皆さんはカップラーメンを食べますか??

コンビニの食事の中でもお弁当やおにぎりと共にカップラーメンを選んでいる人は多いと思います。

安く、手早くお腹も満たされるため食べる人は多いでしょう。

カロリー表記上はそこまでカロリーは高く見えませんがスープまで飲みつくすことで、カロリーUPや塩分過多になりがちです。

 

その他にもカップラーメンがどのくらい身体に悪いのかお伝えします。

①添加物が盛りだくさん!

食べ物の中でも、多くの添加物が使われています。

添加物代表ともいえるでしょう。

 

合成保存量・合成着色料を使用しないと訴えている商品も出ていますが、それ以外に香料・酸味料・着色料など、

たくさんの添加物が使われています。

 

②栄養が偏る

カップラーメは大量の塩分と炭水化物・脂肪がほとんどです。

ダイエットや健康でいるために必要な栄養素【ビタミン・ミネラル・食物繊維】はほとんど含まれていません。

 

カップラーメンの減量である、小麦粉は吸収が良いうえ腹もちが悪く、血糖値を急上昇させます。

 

たくさん食べることで、心臓病や脳卒中・糖尿病リスクが上がります。

 

③味覚麻痺になる

化学調味料をたくさん摂取することで、刺激が強いものが美味しいと感じやすくなります。

科学合成されたものは味がしっかりするためそれを美味しいと感じている人も多いでしょう。

素材の味を楽しめるよう、薄味に慣れましょう。

 

④発がん性物質

添加物は日本にある食事でも多く使われてきています。

人体への影響は無いとされる量で作られていますが、たくさんの量と摂った場合危険が潜んでいます。

大量に食べるのは止めましょう。

 

これらを見てもカップラーメンはとっても危険です!

塩分過多やカロリー過多のうえ、栄養不足と最悪な状態です!

ビタミン・ミネラルを摂るよう心がけなるべく手作りな物を食べるようにしましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

まず体組成計で体重・体脂肪・内臓脂肪量・栄養状態・水分量などを測定し、何か月でどのくらい痩せるのかを査定します。

人それぞれの生活に合わせてダイエット方法をお伝えします。

ダイエットは辛いと続きません!

楽しみながら一緒にがんばりましょう(●^o^●)

 

他にも更年期障害・自律神経失調症・不眠症・不妊治療・腰痛・膝痛などでお困りな方もお電話お待ちしております★

 

1 / 3123
ページ上部へ