鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

12月, 2014年

 

★ダイエットを始めるのは今★

「ダイエットは明日から。」

「今日最後に甘いお菓子でご褒美。」

「来年の夏に痩せるぞ。」

今始めないこの言葉、良く聞くセリフですね。

ダイエットを失敗した経験がある人やダイエットは辛いものと考えている方こそ、ダイエットはまた今度と言うセリフが出てしまうのだと思います。

 

ダイエットに失敗してしまった人は、過酷な食事制限や過度な運動を行い、かなりストレスをかけながら行っている人でしょう。

過酷過ぎて続かず、リバウンドしてしまう人も多いでしょう。

ストレスがかかって辛いうえ、リバウンドしてしまい、「ダイエット=やりたくない」になってしまいがちです。

 

正しいダイエットを行えば、健康的にやつれることなく痩せ、体重を維持することもできます。

松山漢方相談薬局では、健康を保つために痩せられる方も多くいます。

今まで、たくさんの方が卒業し、痩せて奇麗になられています。

 

間違ったダイエット方法は止めて、正しいダイエットを始めましょう。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307 (JR鶴見駅西口、徒歩1分) お電話お待ちしております。

ダイエット中…飲み会で太る?

 

年末年始は飲み会で大忙し!

飲み会ではついつい食べ過ぎてしまうということはありませんか?

お酒を飲みながら話していると、口さみしくなってついつい食べてしまいますよね。

おつまみは味が濃く、食べるうちに喉が渇き、またお酒を飲みいつのまにか食べ過ぎ・飲み過ぎとなってしまうのです。

飲み会で太らないよう工夫しましょう。

さらに ●飲酒→緊張のほぐれ→気持ちが大きくなりダイエットの決心が緩む→勢いで食べる。

●夜に飲む→カロリーが消費されずに蓄積→太る。

●肝臓の機能も「解毒」に集中→食事の分解に時間がかかる。

●分解されなかった糖質は脂肪として蓄積される。

ではどうすれば良いのか?

 

★解決方法★

①飲み始めに野菜のメニューを多めに注文する。

飲むと気が大きくなりたくさん食べ物を頼んでしまいがちです。カロリーの低いものを始めに選びましょう。

サラダやおひたしなどを注文し、塩っ辛い食事や脂の多い食事は控えめにしましょう。

 

②お酒は小さいコップで1杯ずつ注文する。

大瓶が目の前にあるとついつい飲んでしまいます。少ないお酒を味わって飲みましょう。

ビールやカクテルなどの糖質の多いお酒は少量飲むようにしましょう。

 

③お酒飲む際はお水も摂取する。

利尿作用の強いお酒は、体内の水分を失います。お水も一緒に摂取し、アルコールの分解を促進させましょう。

 

④同席者とシェアする。

飲酒後は肝臓がアルコールを分解する為に血糖を多く消費します。

血糖値が低くなることで、空腹感を感じるため、シメが欲しくなります。

決して空腹ではないため、シメのラーメンやお茶漬け等は食べないようにしましょう。

もし食べるのであれば皆でシェアしながら食べるよにしましょう。

 

⑤食べ過ぎてしまったあとの対応方法。

食べ過ぎた場合は、2日以内にリセットしましょう。

 

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307 (JR鶴見駅西口、徒歩1分) お電話お待ちしております。

★ダイエットをしている方や健康に気を使っている方への調理法アドバイス★

普段行っている調理法にひと手間加えるだけでカロリーダウン出来ます。

毎日の積み重ねが脂肪の蓄積になりますので、日々の調理で試してみてください。

 

①蒸す・煮る・焼く

揚げる・炒めるは脂を使用します。それに比べて蒸す・煮る・焼くは油を使わないため、とってもヘルシーです。

素材の味を楽しみ、薄味にも慣れていきましょう。

②脂身を取る

鶏肉・豚バラの脂身は取っていますか?

お肉を選ぶ際は、赤身の多いものを選び、脂身がついている場合は、取り除くようにしましょう。

 

③あく・油を取る

煮物や汁物などを調理している時に浮き出てくる、あくや油をとりましょう。

冷めた後、浮き出てくる油は排除しましょう。

 

④電子レンジやオーブンを使う

油を落としながら調理してくれたり、油を使わないためヘルシー料理ができます

 

⑤揚げ物は控えめに

どうしても油を多く摂ってしまいます。

油はオメガ3のアマニ油・えごま油などを使うようにしましょう。

素揚げ→から揚げ→天ぷら→フライ→かき揚げの順に油を多く使います。

なるべく油の使わない調理法を選びましょう。

 

⑥ドレッシングはノンオイルを使用

普通のドレッシングは油が多いです。

オリーブオイルにお酢を入れヘルシードレッシングを作りましょう。

 

⑦フライパンを使い分ける

テフロンのフライパンを使用することで油を使わなかったり、少量で美味しい料理が出来上がります。

 

 

これが習慣化してくれば、ヘルシー料理に慣れていくでしょう。

毎日ヘルシーでは飽きてしまうため、たまに揚げものなどをプラスして美味しいご飯を作りましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などをチェックします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人に合った方法を検討させて頂くからです。

興味がある方は、一度ご相談ください。

体質に合った漢方や自然薬を選ぶことが重要です。

体質改善や症状などにお困りな方、漢方・ダイエット・不妊症・自律神経失調症・更年期障害などのお悩みの方は、ご相談ください。

 

★食事習慣を見直そう★

 

もともと体重が多い人や、体重が減らずに悩んでいる人はまず、生活習慣が整っているか見てみましょう。

そこまでたくさん食べているわけではないのに体重が増える…それには理由があります。

まず、これから述べる習慣が自分と適合するか見てみて下さい。

 

①3食きちんと食べましょう

食事と食事の間が長いと、体の防衛機能が働き、次の食事で栄養を身体にため込もうとします。

血糖値が急上昇してしまうため、野菜などの食物繊維から食べるようにしましょう。

次の食事までに「お腹がグ~と鳴らない・お腹が空かない」ということは、1食で食べすぎと言えます。

次の食事までにお腹が空く量に保ちましょう。

②夕食は遅くならないようにしましょう

脂肪を取り込もうとする時間は、10時~2時の間と言われています。

炭水化物と脂質は身体を動かすのに必要なエネルギー源。

エネルギーとして使われない場合、脂肪に蓄えられます。

夕食は遅くならないよう心がけましょう。

 

③しっかり食べ物を噛みましょう

現代、ながら食べが多いように感じます。

テレビや携帯・本を読みながら食べていては、無意識に食べすぎてしまいます。

自分では食べていなくても、いつの間にか食べてしまっていることもあるでしょう。

また、映画やテレビなどを見ながら、スナック菓子などを食べたりと余計なカロリーまで摂りがちです。

栄養のある食事をゆっくり噛み、素材を味を楽しみながら食べるようにしましょう。

 

④ゆっくり食べましょう

血糖値があがり満腹中枢が満腹を感じるまでに約20分かかります。

早食いは脳が満腹を感じる前にどんどん食べてしまい、気付いたらお腹がいっぱいで苦しい状態に…

そうならないためには、ゆっくり噛んで食事をするようにしましょう。

 

⑤高カロリードレッシングやマヨネーズを控えましょう

脂肪分がかなり多くカロリーが高いです。

ポテトサラダやマカロニサラダなどは特に注意です。

オリーブオイルにブラックペッパーなどを入れたシンプルな手作りドレッシングで食べるようにしましょう。

⑥偏食・単品ダイエットをしないようにしましょう

「○○は身体に良い…」「○○は太らない…」などを聞きつければ、そればかりを食べていませんか?

偏食は代謝に必要な栄養が不足し、逆に太りやすい身体を作ります。

摂取した栄養は、細胞の形成やエネルギー源となります。

しかし、代謝に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸が不足すると脂肪を燃やすエネルギーがなく痩せにくい身体となってしまうのです。

食べな過ぎては痩せません。栄養のあるバランスのとれた食事を心がけましょう。

 

⑦食事は1人分ずつ分けましょう

大皿で食べると自分がどれだけ食べたのかわからなくなってしまいます。

ついつい多く食べてしまう原因にもなります。

ドカ食いを防ぐために、自分の食べる量は決めて食べるようにしましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています。

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などをチェックします。

そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人に合った方法を検討させて頂くからです。

興味がある方は、一度ご相談ください。

体質に合った漢方や自然薬を選ぶことが重要です。

体質改善や症状などにお困りな方、漢方・ダイエット・不妊症・自律神経失調症・更年期障害などのお悩みの方は、ご相談ください。

 

 

 

食べているのに、痩せている人っていますよね。

1回でたくさん食べるのになんで太らないんだろうと疑問を持ちます。

 

それにはきちんと理由があります。

 

それは食べるタイミングを知っているからなのです。

 

痩せている人は、食べるとき・食べないときのメリハリがしっかりとついているのです。

 

血糖値が高い=蓄える=太る

血糖値が低い=痩せる

 

血糖値が低い時が痩せる時なのです。

 

現代、空腹を作る人が少なくなっています。

コンビニはどこへ行ってもあり、美味しいお菓子などバッグに入れ持ち歩くこともできます。

簡単に食べ物が手に入るため、小腹が空いたらパクッと一口…

これにより、血糖値が上昇したままになり、太りやすい身体を作ってしまうのです。

 

ではなぜ、空腹が痩せどきなのでしょう。

 

血液中の糖を消費すると、予備のエネルギーである体脂肪を利用して足りない分を補おうとします。

備蓄された体脂肪をエネルギーにしてしまえば痩せていくのです。

 

太らずにリズムがついている人たちは、食べるときはしっかり食べ、お腹が空いていないときは食べないのです。

お腹が「グ~」と鳴ったら痩せているチャンスです。

お腹が空くことを喜びましょう(●^o^●)

 

1日3食栄養のある食事をきちんと摂り、間食を避けるように心掛けましょう。

 

 

 

松山漢方相談薬局では、痩せない方へのカウンセリングを実施しています。

その人の生活に合わせた方法をお伝えいたします。

まず、体組成計にて現在の身体をチェックし、毎日食べている食事や活動量をみた上でカウンセリングを行います。

 

今まで、たくさんのダイエットをしても痩せない方・痩せてもリバウンドしてしまう方はご相談にお越しください。

 

 

皆さんはお魚を食べますか?

お魚はお肉に比べて料理方法に手間がかかってしまうイメージがありますよね。

『高い・臭い・難しい』

ここ10年で、魚料理が減ってきており、肉料理が増えているデータがあります。

お魚が身体に良い理由をお伝えしたいと思います。

 

お魚に含まれる、EPA・DHAという成分が中性脂肪を減らす働きがあります。

他にも、血管を若く保つ作用や悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

お魚の中でもダイエットに役立つのは、あじ・ぶり・さば・さんま・あじ・さわら・いわしなどのお魚になります。

青背魚は酸化しやすいため、新鮮なうちに食べるか、酸化を防ぐβカロチン・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどと一緒に摂ると良いでしょう。

 

新鮮なお魚を、刺身のままや蒸し料理・煮付け・スープなどにして食べるようしましょう。

焼き魚は焦げを取り除いてから食べましょう。

しらすやししゃもは丸ごと1匹食べられるため、栄養が満点★

EPA・DHAはもちろん、ビタミンE・ビタミンB2・カルシウム・マグネシウムが含まれています。

 

【DHA】ドコサヘキサエン酸

●能力UP

●老人性痴呆症の予防

●視力の改善

●精神の安定

●アレルギーの緩和

 

【EPAエイコサペンタエン酸

●血栓ができにくい

●悪玉コレステロールを下げる

●血圧の安定

●中性脂肪を減らす

●アレルギー緩和

 

等があります。

 

DHA/EPAをはじめとする、オメガ3の油を摂るように心掛けましょう(●^o^●)

 

 

 

松山漢方相談薬局では、それぞれの生活にあったダイエット方法をご指導いたします。

今までいろいろなダイエットをしたが、痩せない・ダイエットしてもリバウンドしてしまう方。

たくさんの方に、最後のダイエットの場所として喜ばれています。

 

痩せない原因にはいろいろな理由があります。

その理由を一緒に探しましょう。




 


ダイエットで食事量を減らし、運動を行っているのにも関わらず、

体重が減らないという方が良く訪れます。

その原因に…

たんぱく質不足が関係しているかもしれません。

手軽に食べられるパンや麺類が好きだったり、炭水化物の多い外食やコンビニが多いと、たんぱく質が必要量摂れていない可能性があります。


たんぱく質は身体を作るうえで欠かせない栄養素です。

筋肉、皮膚、髪の毛や爪、臓器、ホルモンなどはタンパク質によってできています。

ダイエットを始めると女性は特に低カロリー食を意識し、野菜料理が増え肉料理などのたんぱく質摂取量が減ります。

たんぱく質不足は集中力の低下を招き、イライラするなどストレスの原因にもなります。

いくら筋肉の元となり脂肪燃焼に役立つとはいえ、たんぱく質の摂り過ぎには注意しましょう。

なんでも偏りすぎてはいけないということですね。



たんぱく質を過剰に摂取して使いきれないと、脂肪となり蓄えられてしまいます。

1日の摂取量の目安は体重1kgあたり約1g。成人男性は約70g、女性は約55gとなります。


低カロリーで高タンパクなものを食べるようにしましょう。
『納豆・豆腐・大豆・枝豆・油揚げ』  など

『牛肉もも,ヒレ・豚肉もも,ヒレ・鶏ささみ・鶏胸肉・卵白・マグロ・サケ』などなど

 

ダイエットだからといって食事量を減らしすぎると、脂肪ではなく筋肉や水分量が落ち、

やつれたような状態になります。

しっかり必要な栄養素をとりながらダイエットをするようにしましょう。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 

皆さんは間食をどのくらいしていますか??

 

普段口がさみしくなって何かをつまんでしまうことはありますか?

バックにちょこっと食べられる物を入れていたりしますか?

家にお菓子箱が置いてありませんか?

寝る前にお饅頭・ケーキなどを食べていませんか?

 

私はバックにガムやあめ・チョコなどは必ず入れていました。

暇さえあれば何かを口に含ませ、食べ続けると袋の中のお菓子がなくなるまで食べ続けてしまっていました。

今考えると恐ろしいです!!

 

相談に来るダイエッターの方で「食事量抑えているのに体重が増えていくんです。」

という方は少なくありません。

 

デスクワークの引出しにお菓子BOXがあったり、会社の方からお菓子をもらったりと、

ちょこちょこ食べてしまっている方も良く聞きます。

 

ちょこちょこ食いが癖になると、無意識に食べ物を口に入れてしまいます。

 

DVDや映画を見ながら、ポップコーンやポテトチップスを食べ癒される。

これを癒しの場と考えている人は危険ですね。

 

実際私もそうでした!!汗

 

食事を減らして、代わりにお菓子やジャンクフードなどを食べていては痩せません。

 

★ではどのようにすればいいのでしょうか?★

①太ると思うものは買わない

目の前にお菓子や清涼飲料水があると、ついつい食べてしまいます。

目の前にあって食べられないとストレスになりやすいため、買う習慣を絶ちましょう!

ストレスにならない程度に、少しずつ買う量を減らしていきましょう。

買わないことが習慣化すれば必然的に欲しくなくなると思います。

 

②口さみしくなったら5分、気分転換をする

口さみしいのは、だいたい5分経つと消えていく場合がほどんどです。

その間に、少し動いたり、外の空気を吸って気分を変えましょう。

誰かとお話をして紛らわすのも良いでしょう。

自分で気分の変わるものを見つけましょう。

 

③3食のおかずを少し増やしてみる

 

間食をしたくなるということは、 脳が栄養を欲しているのかもしれません。おかずの量を増やしてみましょう。

食事での栄養が少ないため、

 食事の摂らなすぎも、ミネラル・ビタミン不足で痩せない原因の一つと言えます。

 

間食でストレス解消している人は、他に解消できるものを見つけて発散しながらのダイエットをおすすめします。

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

冬本番!!

冬は太ると思いがちですが、みなさん痩せるチャンスです★★

外気が下がれば下がるほど、体は自分で体を温めるために体内から熱を発します。

代謝がUPし、カロリーを消費してくれます。

それでも冬は体重が増えてしまう人もいるでしょう。

 

~冬に太ってしまう理由~

忘年会・新年会シーズンであることです。

夜遅くまで飲み会が続き、いつもより食事量が増えますね。

だらだら飲み食いをすることで摂取量は増えていきます。

又、冬は寒く家から出なくなり、部屋でくつろぎ運動もしなくなりますね。

 

冬は頑張って代謝を上げようとするのに、暖かい部屋にいては代謝は上がりません。

 

このサイクルにより、脂肪は蓄えられ、冬に太ってしまう原因となります。

 

冬に太らないようにするには、飲み会の日の朝食や昼食・次の日の食事はヘルシーな物を食べ、間食は止めたりと工夫しましょう。

 

冬に太る人はちょこっと工夫するだけで、食べ物が脂肪にならず体重をキープできます。

冬だからといって諦めず、冬だからダイエットに取り組みましょう。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

 

今まで、ダイエットをして成功した・失敗した・リバウンドした…様々だと思います。

 その中で、ダイエットがなかなか続かないという人は多いと思います。

『ダイエットしているのに、食べてしまい罪悪感を感じる。』

『ダイエットしようと思ってもなかなあ踏み出せない。』

『食事の我慢が辛くてストレスが溜まる。』

『一生懸命運動しているのになかなか痩せない。』

 

と感じている人は多いと思います。

 

実際に私もいろいろなダイエットを試しました。

食事抜きダイエット・炭水化物抜きダイエット・置き換えダイエット・カロリー制限・運動などなど・・・。

そして常に「ダイエットしなければ」と頭の片隅にあり、辛いイメージがありました。

 

食事制限しているのに痩せないことでの苛立ちを感じ、さらに倦怠感や冷え性に悩まされました。

これらを見ても、ダイエットと聞くと辛い・苦しいなどイメージがありマイナスになりがちです。

 

ダイエットで失敗してしまう人は、

 

意志が弱い・・・

痩せにくい体質・・・

根気強くない・・・からではないのです。

 

ダイエットは辛い、苦しいと思ってしまう事が、痩せない状態を作ってしまうのです。

 

「どうせ続かない」は

「やはり続かなかった」になる。

 

ダイエットを成功させようと思わない脳になっているのです。

 

当店では、楽しく・わくわくした状態でダイエットに取り組んでもらえるよう関わっています。

 ダイエットをしに来た方々はいろいろなダイエットを試した方が多いです。

なので、初めは松山漢方相談薬局でも半信半疑です。

しかし、実際やってみると体重は落ちていきます!!

たくさんの方が痩せ、卒業していきます。

自己流でやっても痩せないのであれば、絶対痩せる所で一緒に取り組んでいくことが大切です★★

★ダイエットに成功した人は「できると信じた人」★

 

 ダイエットにはイメージが大切です。

自分が痩せた時の姿や痩せた姿でやってみたことなど楽しみになるようなイメージをすることが大切です。

 

ダイエットがわくわくで楽しく好きになることが大切です。

 

松山漢方相談薬局では、たくさんの方がダイエットに挑戦し、皆様に喜ばれています。

ダイエットに挑戦し、体重が減ってくると体重計に乗る事が楽しくなってきて皆さん楽しそうです。

 

ダイエット方法はその方の生活リズムに合わせて提案させていただきます。

皆さん楽しんでダイエットに望みましょう(*^_^*)

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットのカウンセリングを行っております。

松山漢方相談薬局はたくさんの方に最後のダイエット場所として選ばれています

その理由は、体組成計にて現在の身体のチェックを行い、毎日食べている食事や身体の異常・精神状態などチェックをします。そのデータに伴って効率よく脂肪を燃焼できるよう、その人にあった方法を検討させていただくからです。

興味がある方は、一度ご相談して下さい。

 体質に合った漢方薬や自然薬を選ぶことがとても重要なことです。

体質改善や症状などにお困りな方、 漢方、ダイエット、不妊症、自律神経失調症、更年期障害などのお悩みの方は、ご相談下さい。

住所:横浜市鶴見区豊岡町2-2鶴見フーガⅡ307

(JR鶴見駅西口、徒歩1分)

お電話お待ちしております。045-718-6801

1 / 3123
ページ上部へ