鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

3月, 2014年

2014年03月16日

血液が汚れると病気になる!!! カテゴリー:

『血液が汚れると病気になる!!!』

~血液の汚れは万病の元。すべての病因の始まりはドロドロ血にあり。~


現代医学では『血液ドロドロ』『血が汚い』『瘀血』といった考え方に乏しく、その結果、検査数値の異常として表れない血液ドロドロと患者さんが訴える自覚症状は理解されないことが多い。

血液の汚れがほとんどの病気の始まりであり、その原因としてストレス・運動不足・食べ過ぎ・飲み過ぎなどが挙げられる。

その結果、血液が汚れ必要な栄養素や酸素が細胞に送れなくなると、さまざまな病気を引き起こすことになります。血液の汚れを改善することを怠り、病院などの対症療法(一時的に症状を抑える治療)に頼ると、さらに病状は悪化し治るどころか、さらに病気が増えていきます。

このような悪循環を断ち切り体の正常化を保ち、自然治癒力を高め、病気を根治していくことを信念に持って取り組んで参ります。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

薬剤師  松山 拓郎

春に起こりやすい自律神経失調症に注意

春になると『体調が悪いのに原因がわからない』といった患者さんを多くみます。さまざまな症状が出てくると、内科や整形外科、耳鼻科、婦人科などの一般科を受診する人が多いようです。

しかし、検査を受けてもこれといった異常は見つからず、『気のせいですよ』と言われたり、『低血圧症』『更年期障害』『慢性胃炎』『メニエル症候群』『坐骨神経痛』『生理不順』などの病名がつけられて、対症療法(表面に出ている症状に合った治療をすること)が行われたりします。

しかし、どんなに熱心に病院に通ってもよくならないために、結果としてドクター・ショッピング(何回も医師を変えること)を繰り返すことになりがちです。

漢方療法では、病気の原因を感情の変化、環境、生活習慣の3つが重なり合うことと考え、心と体を総合的にとらえて治療していきます。そのため漢方療法では、体質、食欲、栄養状態、病気の成り立ち、精神状態、生活態度など、その人に関するものすべてが治療のポイントになります。

漢方薬は、人間が本来持っている自然治癒力に働きかけて、心身のリズムを調和させていくものです。

最近では、ストレス社会や食事による添加物、農薬、人工甘味料、病院からの化学物質の大量投与により、肝臓や腎臓に負担をかけ、体のバランスを崩されている方が多く来局されます。

崩れてしまった心や体のバランスを整えるためにも漢方薬や自然薬、サプリメントなどで自然治癒力を引き出し、皆さんの中にある可能性を知るお手伝いをさせて頂きます。

 

自律神経失調症のお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

 

漢方薬で花粉症を治す

漢方と言えば、(じっくり飲まないと効果がないのでは?)と思いの方が多いかもしれませんが、体質に合ったものを用いることで、症状を緩和する事はもちろんのこと、改善していくことは難しいことではありません。体質改善をするために長く使用するものもあれば、即効性のある漢方薬だってあるのです。

しっかりと体質を見極めた上で、体質に合った漢方薬を服用すれば驚く早さで体感できます。

 

花粉症の漢方薬 4つの利点

①、副作用が少なく、眠くなる成分が入っていない

→副作用となる、眠気、口の渇き、胃腸や肝臓の具合が悪くなるなどの症状が出にくい。

②、体質改善につながる。

→手足の冷えが治ったなどの他の気になる症状の緩和も期待できます。漢方で花粉症を改善したほとんどの方が実感しています。

③、飲み続けると薬の量が減り、もしくは必要なくなる。

→市販の薬は、効かないと処方される量が増える場合がありますが、漢方の場合お一人お一人の体質に合った漢方をオススメします。

④、手間がかからない。

→目がかゆい時に点眼薬、鼻に点鼻薬といった面倒な併用がなく、さっと飲むだけで済みます。

 

花粉症のお悩みご相談下さい。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

 

順調な生理をはぐくむ食事、睡眠、運動

不妊で悩む女性の多くが、生理トラブルを抱えています。健やかな心身が、妊娠しやすさにつながるとする漢方では、生理が女性の健康のバロメーターと考えます。

生理周期が長い、あるいは短いといった生理不順は、ストレスやダイエットでホルモンバランスが乱れるために起こります。また、生理前や生理中に、下腹部痛やイライラなどの症状があらわれるPMS(月経前症候群)は、瘀血がある証拠です。

ただし、人間の体は精密機械ではないので、無理をした際に生理周期が狂うのは、よくあること。あわててホルモン剤を使うのではなく、生理トラブル=生活を見直すサインと捉え、リラックスして体を休めましょう。

健康な体づくり、順調な生理のために、規則正しい『食事』『睡眠』『運動』の3つが必要です。忙しくても、このうちのひとつをキープすれば、妊娠力へのダメージは少なくて済みます。たとえば、不規則な生活を送っているのに、ダイエットをする、というのは避けたいところ。運動不足で外食が続いても、睡眠不足で外食が続いても、睡眠時間だけは確保したいものです。

また、生理が毎月あっても、排卵のない無排卵性月経の場合もあるため、油断は禁物です。ふだんから、生理の日数や経血量を観察し、子宮や卵巣の状態をチェックしましょう。

 

妊娠しやすい『生理』の4つチェックポイント

1、生理周期

25~40日が目安ですが、90日までの周期の乱れや無月経は、そのままでも正常に戻る可能性があるので、様子を見ましょう。生理不順でも、冷えと瘀血を治して母体をつくれば、妊娠は可能です。ホルモン剤で無理に生理を起こしても、無排卵では意味がありません。

2、生理の日数

3~7日が一般的。2日以下や1週間以上の場合には、血の不足や、瘀血がある可能性が。ダラダラ少量の出血が1週間以上続くなら無排卵性月経かもしれません。

3、経血の状態

健康な女性の経血量は、普通の血液より少し濃い色で、かすかな粘り気があります。瘀血があると、黒っぽく、レバー状の塊が見られます。経血がスムーズに排泄されないので、生理痛や生理不順、PMSの原因になります。

4、経血の量

経血量には内膜の厚さが関係します。排卵すると、受精卵のベッドとなる子宮内膜が厚くなりここで受精しない場合には、内膜がはがれて経血として排泄されるからです。つまり、経血量が少ないときは子宮内膜が薄く、受精卵が着床しにくくなります。原因は、無排卵で内膜が厚くならない場合と、『血』の不足や子宮の老化による場合とがあります。経血量過多の原因には、経血の排泄がスムーズでない場合、子宮筋腫などの場合があります。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

TEL 045-718-6801

 

 

 

ページ上部へ