鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

湯船にゆっくりつかろう!!

最近は、若い人たちを中心に、湯船にゆっくりとつからないでシャワーだけで済ます入浴習慣をもつ人が多くなっていますが、このことも、日本人の低体温→代謝の低下=肥満、免疫力の減弱=さまざまな病気の蔓延の一大要因になっていると言ってもよいでしょう。入浴は『39~41℃のぬるめの湯は、副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらす』『42℃以上の湯温では、交感神経を刺激するので、寝起きの悪い人の朝風呂には適する、また胃腸の働きも抑制して、食欲を減少させることで減量効果がある』などとされていますが、要は、ご自身が一番気持ち良いと感じる温度のお風呂に入られるのが、健康効果も高まると考えてよいでしょう。湯船に10分間つかると、深部体温が約2℃上昇し、代謝が約20%促進されるので、30~40キロカロリーが消費され、やせやすくなります。また、体が温まると、腎臓への血流も多くなって、排尿量が増し、水太りが改善されるというメリットもあります。よって、入浴は湯船にゆっくりつかる入浴を心掛ける必要があります。

生姜風呂

生姜100~300gをすりおろし、直接、湯船の中に入れるか、布袋に入れて浴槽につけます。保温効果は抜群で代謝が高まることが期待できます。生姜で皮ふがかゆくなる人は、生姜の量を減らすか、それでも反応があるときはやめて下さい。

塩風呂

自然塩1袋(約500g)を湯船の中に入れて、よくかきまぜて入浴すると、体がポカポカと温まり、汗がしたたり落ちてくるものです。お風呂から上がるときは、シャワーで冷水をかけると、皮膚にくっついた塩を落とすことができるほか、体を引き締める効果があります。冷水をかけることで、全身の毛穴、汗腺が閉じ、体表の血管も収縮して、熱が体内にこもり、保温効果も増します。

半身浴

半身浴は、湯船の底に低い椅子や逆さにした洗面器を置き、それに腰かけて、みぞおちから下を湯船につけ、10~30分入浴する方法です。冬は寒いので、全身浴をして体が温まったあとにやるとか、バスタオルを肩にかけてやるなどする必要があります。半身浴は、人体最大の産熱器官である筋肉の70%以上が存在する下半身を積極的に温めるのですから、効率的に体温が上昇してきます。全身浴の場合は、湯の水圧で胸囲が約2㎝、腹囲が約5㎝も縮み、体に負担がかかり、長い時間の入浴ができませんが、半身浴の場合、こうした負担がないため、長時間の入浴ができるわけです。また、下半身に存在する腎臓が温まって血流がよくなるため、腎機能の促進→排尿量の増加がみられ、水太りの改善に大いに役立ちます。

サウナ浴

サウナ浴には4つの効果があり、①温熱刺激により血管が拡張して血液の循環がよくなり、腎機能も促進されて排尿量が増し、水太りが改善される。②発汗により、多量の水分が排泄されて、水太りが改善されるほか、汗が気化するときに、気化熱により約0.6キロカロリー(汗1㏄につき)のエネルギーの消費になる。③甲状腺の働きがよくなり、代謝が活発化するので、やせる効果が促進される。④発汗と同時に皮脂腺より脂肪が排泄されるので、減量に結びつく。などの効果があります。1回のサウナ浴は5~10分が適当ですが、『何分入る』と決めると無理しがちになるので、苦しく(嫌に)なったらすぐ出て、水風呂に入るか、冷水シャワーを浴びるということを繰り返されるとよいでしょう。

一度、ダイエットに取り入れてみてはいかがですか?

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

食べ過ぎてしまう原因とは?

食べ過ぎは、単に『おなかが空いている』という身体の反応だけで起きるのではありません。食行動と心理には密接な関係があり、脳への刺激や感情の変化によっても食欲はかなり影響を受けています。

①食べ方の問題

・口寂しくて間食する。・早食いでたくさん食べる。・食後のデザートは別腹。・片付け食いをする。・食べ始めると止まらない。・食べ物を多く買い過ぎる。・お酒を飲むと食べ過ぎる。・1日1食でドカ食い。・夕食を摂る時間が遅い。・コンビニの誘惑に負ける。・旅行に行くと食べ過ぎるなど。

②ストレスの問題

・嫌なことがあると『やけ食い』。・残すことに罪悪感。・疲れると甘いものに手が伸びる。・人に勧められると断れない。・悩みごとがあると食べてしまう。・ダイエット中に反動で食べ過ぎるなど。

③環境や身体の変化の問題

・一人暮らしを始めたら太った。・タバコをやめたら食欲が増進。・生理前になると食べ過ぎる。・出産後、体重増加が止まらない。・更年期障害で太り始めたなど

太ってしまう原因は、一人一人違うものです。個人にあったカウンセリングが必要で太らない習慣を身につけることが大切です。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

そもそも食べ過ぎって?

スリムでかっこよくいたいのに、気がつくとつい食べ過ぎてしまう。そんなことはありませんか?そもそも食べ過ぎとは、その人が、1日に消費する以上のカロリーを摂取することを言います。人が1日に必要な摂取カロリーは、『基礎代謝(消化吸収、神経系ほかの内臓の活動、体温の維持など、生きているだけで消費するエネルギー)と運動などに使うエネルギーの合計』とされており、これは身長や年齢などから割り出すことができます。

1日に必要な摂取カロリー = 標準体重×30キロカロリー

標準体重(キロ)は身長×身長(メートル)×22なので、例えば身長160センチの人なら、1.6×1.6×22×30=1700

という計算になり、1日に必要な摂取カロリーは約1700キロカロリーとなります。カロリーオーバー(摂取カロリー>消費カロリー)の状態が続くと、消費されなかったカロリーが脂肪となって体内に蓄えられます。その結果、ぽっこりおなか(内臓脂肪蓄積型)やウエストのくびれがなくなるなど、体型に変化が表れます。さらに内臓脂肪が増えるとメタボリック症候群となり、糖尿病や動脈硬化など生活習慣病に陥る可能性が高くなってしまいます。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい

045-718-6801

便秘が先か、病気が先か?

人間の身体はつくづく不便なもので、何か病気になると続けざまに病気を患うことは珍しくないことです。便秘もまたその例外ではなく、他の病気の呼び水となったり他の病気が原因で併発したりすることが多い症状です。

 

便秘が原因となりうる病気。

●痔

『便秘に痔は付き物』というくらい、痔は便秘によりなりやすいものです。特に、排便の際に強くいきむことで直腸がうっ血して腫れる『いぼ痔』、硬い便で肛門周辺を傷つける『切れ痔』は、便秘によって起こりやすい痔といえます。また、肛門が炎症を起こし潰瘍が出来てしまう『痔ろう』は、手術しなければ治せない上に大腸がんを併発させることがある、大変危険な痔です。痔ろうは切れ痔に便が侵入して起こる事があるので早めの治療を。

 

便秘の併発に注意が必要な病気。

●高血圧症の方は便秘に注意

便秘が続くと、排便するために強くいきむ癖がついていきます。強くいきむと腹圧が高まり、全身の血の巡りが早くなります。高血圧症は脳卒中や動脈硬化を引き起こす原因にもなるので、注意が必要です。

●過敏性腸症候群

ストレスや自律神経失調症などが原因で大腸の運動が不規則になったり、下痢を催したりする過敏性腸症候群も便秘の原因になります。過敏性腸症候群で便秘になると、腸の蠕動運動が速くなるためウサギのようなコロコロと硬い便が排泄されるようになります。

 

便秘のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

2013年10月01日

不妊症のよくある質問⑥ カテゴリー:

Q、仕事に追われセックスレスです。赤ちゃんは欲しいのですが・・・?

A、夫婦で話し合いを。休暇をとって旅行へ行くのもおすすめです。

だれでも仕事などで疲れているときは、セックスをしたい気分にはなりません。まずは、本当に赤ちゃんを望んでいるのか、望んでいるなら、何人欲しいのかといった、赤ちゃんに対する正直な気持ちを、ふたりで話し合うようにしましょう。女性は、妊娠可能な年齢の限度がほぼ決まっています。そのため、出産計画は欲しい子どもの人数や女性の年齢によって変わってきます。それを踏まえて夫婦の人生プランを考え、どうしたらセックスレスを回避できるのか考えてみましょう。セックスレスの原因が夫婦の仕事の忙しさにある場合は、思い切って休暇をとって旅行にでかけるなど、ふたりでゆっくり過ごす時間を持ちましょう。

 

 

Q、セックスの仕方が悪くて妊娠できないということはありますか?

A,禁欲は必要なし。体位などは気にせずセックスを楽しみましょう。

セックスをしたときに男性が濃い精液を出せるように、少し禁欲したほうがいいと言われていますが、その必要はありません。むしろ、妊娠可能な期間は、回数多くセックスをしたほうが、妊娠する可能性が高まります。毎日もしくは、1日に数回してもいいでしょう。また、セックスのときに正常位のほうが妊娠しやすい、射精のあとはじっとしていると精液がこぼれなくていいなどといわれますが、妊娠率はほぼ変わりありません。大切なのは、夫婦が愛情をもってセックスをすることです。妊娠しやすさなどは考えずに、好きなスタイルで愛し合うのがいいでしょう。それとは別に、セックスがうまく行かず、不妊症になることがあります。女性が痛みや恐怖感からペニスの挿入を受け入れられない場合や、男性が膣内で射精できない場合などは、不妊症の原因になります。心理的な要因もありますので、ご相談下さい。

 

Q、仕事などでストレスが多いのですが

A、ホルモンの分泌に影響が出ることがあります。

女性の排卵をうながすホルモンも、男性の精子形成を促進するホルモンも、脳にある視床下部から指令が出て分泌されます。視床下部は、もともとストレスの影響を受けやすい場所。過度なストレスがかかるとホルモンの分泌が抑えられてしまうことがあり、不妊の原因になります。日常的にストレスにさらされている人は、趣味やリラクゼーションなど、自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスを溜めないようにしましょう。ストレス社会によりストレスを減らすことは困難です。でもストレスに負けない体作りは漢方薬や自然薬でも作ることは出来ますので、ご相談下さい。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

Q、夫が糖尿病でも妊娠はできるのでしょうか?

A、精液検査を受けましょう。異常がなければ大丈夫です。

精液検査で異常がなければ心配ありません。しかし、糖尿病などの生活習慣病が原因で、精子をつくる力が低下する造精機能障害になることはよくあるので、注意が必要です。これは、精液検査を受ければわかります。ほかにも糖尿病の男性は、性機能の低下を起こしやすいと言われています。高血糖の状態が続くことにより、血液の流れが悪くなったり、ホルモン分泌が低下したりすることなどが原因で、勃起障害が起こりやすいのです。また、勃起できていても、精液が膀胱に流れてしまう逆行性射精という病気への影響も指摘されています。糖尿病の管理や不妊でのお悩みなど漢方薬局にご相談下さい。

 

Q、過去に、原因不明の発熱を起こしたことがあります。

A、一時的に不妊になることはありますが、多くの場合はもとに戻ります。

男性が40℃近い高熱を出した場合、その後、精子をつくる力が低下し、造精機能障害になることがあります。精子をつくっている精巣は、熱に弱い器官です。精巣が包まれている陰嚢(いんのう)が、体の外側に突出してついているのも、温めすぎない環境を保つという意味があります。精巣が通常の機能を維持するには、32~34℃と体温より低い環境が最適。そのため高熱を出して精巣の温度が高くなると、精子をつくる機能が影響を受けることがあります。精子の数が少なくなる乏精子症や、精子の運動性が低くなる精子無力症といった症状を引き起こし、不妊の原因になることがあるのです。しかし、これらの場合は、一時的な現象で回復することが多いので、あまり心配することはないでしょう。ただし、発熱の原因が思春期を過ぎてからのおたふくかぜの場合、精巣が炎症を起こして、造精機能障害になることがあり、機能が回復しないこともあるため、注意が必要です。しかし、高熱やおたふくかぜにかかると、必ず造精機能障害になるというわけではないので、自分たちだけで悩まずに、ご相談して下さい。

 

Q、喫煙の習慣があります。

A、女性も男性も不妊の原因に。すぐに禁煙を。

女性が喫煙すると、卵子の質や受精卵を育てる子宮内膜に、悪循環があることが知られています。実際、体外受精の治療を行っても、喫煙している女性の卵子は、受精率や妊娠率が低くなる傾向があります。妊娠を望む場合は、必ず禁煙するようにしましょう。男性の場合も精子をつくる力が低下します。とくに精子の数が少なくなる乏精子症や、精子の運動性が低い精子無力症と診断された場合は禁煙しましょう。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

2013年09月30日

加齢臭の原因について カテゴリー:

加齢臭とは

中高年特有の体臭のことで、近年では男性をはじめ女性にも発生するといわれています。加齢臭の原因物質はノネナールと呼ばれ、この臭いが加齢臭の原因だといわれています。ノネナールの増加にはヘキサデセン酸という脂肪酸が大きく関わっています。ヘキサデセン酸は若い人にはほとんど存在しませんが、男女を問わず中高年の皮脂には多く存在しています。このヘキサデセン酸が酸化により分解されたりすることで、ノネナールが作られます。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺から出る汗は大半が水分です。細菌はアポクリン腺から分泌される汗に多く含まれる皮脂などの有機成分を栄養源として増えます。

加齢臭の原因

アポクリン腺から出る汗は強いストレスや緊張を感じたり、肉類中心の食生活や運動不足が原因で分泌されやすく、ベタベタしているのが特徴です。またストレス、飲酒、喫煙などにより、『過酸化脂質』が体内で増えるといわれています。日常的に加齢臭を予防するにはヘキサデセン酸をノネナールに変える『過酸化脂質』と『細菌』を増やさないことが大切です。

加齢臭を予防するには

生活習慣を見直すことが加齢臭の予防につながります。①食生活を改善する。②ストレスを上手にコントロールする。③適度な運動を取り入れる。このような改善が困難な場合は、漢方薬や自然薬など体のバランスを整えるものが必要になります。

 

加齢臭のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

2013年09月29日

不妊症のよくある質問④ カテゴリー:

Q、特に気になることはないのですが、妊娠しません。

A,半年から1年たっても妊娠しない場合は不妊症の疑いがあります。

医学的には、健康な夫婦が避妊せずにセックスをしていて、2年間妊娠しない場合を不妊症とよびます。しかし、実際は、半年から1年経っても妊娠の兆候がないならば、不妊症の疑いがあると言えます。まずは漢方薬局に相談して下さい。女性は年齢とともに卵巣の機能が衰え、妊娠しにくい体質になります。30歳を過ぎたら、できるだけ早めに相談して頂くことをおすすめします。

 

 

Q,30代後半になると、妊娠が難しいと聞きました。

A、加齢とともに妊娠しづらくなります。規則正しい生活を心がけましょう。

一般的に女性が妊娠しやすい体質を保てるのは37歳までと考えましょう。38歳を過ぎると妊娠する力が急激に衰えはじめ、46歳を過ぎると、妊娠する力がほとんどなくなります。その理由の第一は、卵子の加齢です。卵子の前段階である原始卵胞は、女性が生まれたときにすでに卵巣の中に備わっています。排卵は月に1回起こりますが、体内の卵子は、加齢により質が下がるのはもちろん、レントゲンなどの外部からの影響を受けて傷ついていきます。これにより、妊娠する力が徐々に衰えるのです。そのほかの要因として、子宮筋腫や子宮内膜症があります。これらの病気にかかる確率は年齢とともに高くなり、不妊の原因になります。しかし、最近、卵巣年齢(妊娠しやすさ)が測定できるようになり、実年齢と卵巣年齢は同じではないことがわかってきました。漢方薬や自然薬には、ある程度、卵巣の若さを保つことが出来ます。さらに、規則正しい生活を送ることも大切です。

 

 

Q,二人目が欲しいのにできません。

A、二人目不妊とよび、不妊の原因がみつかることも。

一人目はすぐにできたのに、二人目がなかなかできない場合を、二人目不妊と呼びます。一度は妊娠・出産しているので、からだはどこも悪くないと思いがちですが、一人目の出産後に不妊原因が生じた可能性もあります。また、二人目不妊の人によく見つかるのが、卵管や男性の精子異常です。二人目不妊でお困りな場合は漢方薬局に相談して下さい。

 

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

Q、性感染症にかかったことがあります

A、感染者の多いクラミジアは卵管障害の原因になります

 

性感染症には多くの種類があり、不妊の原因になるものも少なくありません。なかでもクラミジアは、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし、その後遺症から卵管の癒着や閉塞が生じて、精子や卵子が通過できなくなることも。また、自覚症状がほとんどないこともあり、知らないうちに感染していたということも。診断方法は、子宮頸管の粘液を採取してクラミジアの有無を調べる方法と、血液から抗クラミジア抗体を測定する方法があります。血液検査で陽性反応が出た場合、クラミジア感染が進行中であるかだけではなく、過去に感染があった可能性もわかります。いずれの場合でも、卵管がダメージを受けて不妊を引き起こしていることがあるので、子宮卵管造影検査などで調べてもらいましょう。

 

Q,小さな子宮筋腫があります

A、小さければ大丈夫。ただし場所によっては摘出や漢方薬が必要なことも。

 

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことで、年齢が高めの人に多く見られます。腫瘍が小さければ、妊娠できることが多く、ほとんど問題はありません。ただし、子宮の内側に突出する粘膜下子宮筋腫の場合は、受精卵が着床する場所に腫瘍ができるため、着床障害になる可能性があります。小さくても不妊や流産の原因になるため、その場合は、切除や漢方薬の服用をしていく必要があるでしょう。

 

Q,平熱が低いと妊娠しにくいのですか?

A,平熱とは関係ありません。ただし、冷え性ならば漢方薬などで改善が必要です。

 

平熱が低いことは妊娠にあまり関係がありません。しかし平熱が低いだけでなく、いつも手足が冷たいなど冷え性の人は、妊娠しにくくなるので、漢方薬局に相談して下さい。冷え性は血液の循環が悪いことが、原因ですが、卵巣や子宮の血液の流れが悪いと、それらの働きも悪くなります。血行をよくする生活を心がけましょう。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

2013年09月27日

不妊症のよくある質問② カテゴリー:

Q、不正出血があって不安です。

A、子宮内膜ポリープという可能性も

 

不正出血の原因で多いのは、子宮筋腫と子宮内膜ポリープという病気です。これは、発生する場所や大きさによって、受精卵の着床を妨げる着床障害になることがあり、不妊の原因になります。とくに、月経から約2週間後の排卵日の不正出血は、よくあることと軽く見られがちですが、実は子宮内膜ポリープのことがほとんどです。このほか、まれに初期の子宮がんということもあります。いずれにしても、早めに受診するか、漢方薬局にご相談下さい。

 

Q、子宮内膜症があると診断されました。

A、炎症や癒着を起こしがち。早期治療が大切です。

 

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が、卵巣や子宮の筋層など、子宮腔内以外の場所で増殖する病気です。卵巣にできると卵巣チョコレート嚢胞、子宮の筋層にできると子宮腺筋症とよばれ、どちらも不妊の原因になります。また、子宮内膜症の組織は月経血のように体外に排出されないため、卵巣や子宮筋層に血液がたまると、炎症や周囲の組織と癒着を起こしがち。東洋医学では、これらの症状を瘀血(おけつ)といいます。早期治療が必要なので漢方薬局にご相談下さい。

 

Q、過去に中絶の経験があります

A,あまり心配はないですが、子宮内膜の状態を調べてもらいましょう。

 

妊娠中絶の経験が原因で、不妊になることはあまりありません。むしろ、過去に妊娠することができたという実績から、現在も妊娠できる可能性が十分あると考えられます。ただし、妊娠中絶の手術の際に、子宮内膜が傷つくことがあり、妊娠がしにくくなることも。心配な場合は医師に相談し、超音波検査や子宮鏡検査で、子宮内膜や子宮腔内の状態を調べてもらうといいでしょう。

 

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

 

ページ上部へ