鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

『ダイエットしているのに、お酒を飲むと食べ過ぎてしまうケース』

飲み会ではいつも以上に食べてしまう、そんなことはありませんか?アルコールには緊張をほぐす作用があるので、飲むうちに気が大きくなり、結果的に食欲増進につながります。また、おつまみは味がしっかりついているものが多く、食べるうちにのどが渇いてきます。その、のどの渇きから、またアルコールがすすみ・・・と、いつのまにか食べ過ぎ・飲み過ぎのスパイラルにハマってしまうのです。

もちろん、ダイエットをしているからといって、行きたい飲み会、行かなければならない飲み会を断る必要はありません。まずアルコールに関しては、アルコール1㎏を消費するには7000キロカロリーも消費しなくてはならないと考えられていますが、人間には肝臓と言う素敵な臓器があり、アルコールは肝臓にとって毒だと判断し、夜に飲んだアルコールを朝までには0キロカロリーにしてくれます。ダイエット中でも、食べ方、飲み方をちょっと工夫するだけでも、食べ過ぎを防ぐことができるのです。ダイエットしているうちに、自分は食べたり飲んだりすることだけではなく、人との会話が好きで参加しているんだということに改めて気がつく人が少なくありません。

 

『ダイエットしているのに、お酒を飲むと食べ過ぎてしまうケースの解決方法』

①飲み始めて気が大きくなる前に、野菜のメニューを多めに注文する

理性がしっかり働くうちに、サラダやおひたしなど、野菜メニューを注文し、それから箸をつけて。サラダはドレッシングの量を控えめに。また、カニやエビなどの甲殻類は、低カロリーなのでメインディッシュにオススメです。

②アゲ物は、人にアゲる物と覚えよう。

飲み会などで、ダイエットの敵はアゲ物だと言えるでしょう。居酒屋などのメニューにはアゲ物が多く存在し、誘惑に負けそうになりますが、ダイエットカウンセリングをしていると以外と『アゲ物は人にアゲる物の魔法の言葉で』クリアーできるそうです。

③アルコールの種類を選ぼう

カクテルなどの甘いお酒は避けたほうがいいでしょう。アルコール以外の糖質や乳製品などに含まれる脂質は、食事の食べ方を気をつけていても、思わぬカロリーが潜んでいる可能性があります。また、ビール、ウイスキーはお腹を冷やす作用があり、サラリーマンなどによく見られる、ぽっこりお腹になる可能性があります。それ以外の日本酒、焼酎、ワイン、紹興酒(しょうこうしゅ)など楽しみながら飲んでよいと言えるでしょう。

 

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

参考資料: なぜ あなたは食べ過ぎてしまうのか

著者 岡嵜 順子

 

 

 

『ダイエットをしているのに、ポテトチップスなどスナック菓子がやめられないケース』

ポテトチップスのパリパリとした食感と絶妙な塩加減。何とも言えず後を引きますよね。開けたら最後、空になるまで食べ続けてしまう気持ちはよくわかります。テレビのCMでも、やめられない、とまらないなど耳にしたことがあると思いますが、好物というだけの理由ではないようです。

実は噛むことはとても快感なんです。人はイライラしていると、知らないうちにかなりの力で奥歯を噛みしめてしまいます。ストレスがあったり、人との会話が少ない状況になると気分転換をしたい気持ちから、ついポテトチップスなどのパリパリ感を求めるようになります。また、パリ、パリ、ゴクッと数回噛むだけでリズミカルに飲み込める大きさというのも関係しているようです。軽快なリズムでポイポイ口に放り込んでいたら、一袋なんてあっという間。イライラはおさまってもカロリーオーバーは確実です。

 

『ポテトチップスなどのスナック菓子がやめられない解決方法』

①食後に少量ずつ食べて、残りは目の届かないところにしまう

ダイエットに大切なことは、空腹時を作ることです。食後だとスナック菓子の量も抑えることができ残りはすぐに封をして見えないところへしまいます。見えるところに置いておくと、すぐに手が伸びてしまいますが、わざわざ立ち上がって取りにいかなければならないところに置いておけば、面倒くさくて、もういいやと思えるものです。袋の口をきっちり閉め、密閉できる保存袋に入れて冷凍庫にしまっておけば、湿気るのを防ぐことができるのでオススメです。

②嗜好品の買い置きはほどほどに。買うなら小さいパックを

どうしてもスナック菓子が食べたいなら、小さめの袋を選びましょう。大袋は1袋で500キロカロリーくらい。小袋は300キロカロリー程度です。ただし、くれぐれも買い置きはしないこと。

③カロリーオーバーにならずに噛む快感を味わえる物を選ぶ

空腹時を作ることは大切ですが、いきなり止める意志の強い方はいいのですが、中にはいきなりは無理という方もおられます。その場合は、スナック菓子ではなく、生野菜やスルメ、シュガーレスのガムなど、嚙み応えのある物を選んで噛む快感だけ味わいましょう。少しずつ空腹時を作れるようになり痩せる習慣が作れるようになります。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

参考資料: なぜ あなたは食べ過ぎてしまうのか

著者 岡嵜 順子

 

 

『自律神経失調症とは?』

①体調が悪いのに原因がわからない。

『体がふらふらして、外出するのが怖い』『ときどきめまいがして、手足も冷える。その上に胃腸の調子もよくないし・・・。』『体中悪いところだらけなのに、病院で診てもらっても異常はないと言われた』こんな人が、最近非常に増えています。このような症状が出てくると、内科や整形外科、耳鼻科、婦人科などの一般科を受診する人が多いようです。しかし、検査を受けてもこれといった異常は見つからず、『気のせいですよ』と言われたり、『低血圧症』『更年期障害』『慢性胃炎』『メニエル症候群』などの病名がつけられて、対症療法(表面に出ている症状だけ抑え込む治療)が行われたりします。しかし、どんなに熱心に病院に通ってもよくならないために、、結果としてドクター・ショッピング(何回も医師を変えること)を繰り返すことになりがちです。

 

 

②偏った生活習慣が自律神経失調症を招く

自律神経失調症は、内臓や器官には異常はなくても、その人の生活習慣の偏りによって、体を動かせる自律神経の機能が調和を崩すために起こるものです。そのため臨床検査が現れないことが多いのです。たとえば、新車のときにはどれも同じだった車が、乗る人の運転のクセによって、故障とまではいかなくてもギクシャクしたり、きしみだしたりするのと同じです。その人の運転法が悪い、というわけではありません。スピードを楽しむ走り方も、景色を楽しみながらのんびり運転するという走り方も、運転する個性です。自律神経失調症にかかる人の生活習慣にも、さまざまなクセが見られますが、それはその人の感性から生まれてくるものでは、決して『良い・悪い』の問題ではありません。個性的な性格は、その人の能力を伸ばす反面、その人を傷つけることもあります。その傷ついた部分が自律神経失調症という症状になって現れてくることがあるそうです。

 

 

③重く、長く続くストレスで自律神経失調症に

自動車は、運転する人のクセの影響を大きく受けることもあれば、そうでもないこともあります。同じように、自律神経失調症が起こる要因にも、その人の生活の仕方と感受性、その人が感じるストレスの強弱などが関係していることが多いのです。ストレスも、軽いうちなら、比較的楽に処理することができます。しかし、それが重く、長く続くと、精神的にも肉体的にも疲労困憊(こんぱい)した状態に陥り、ホメオスターシス(生体の恒常性維持機能)が崩れ、やがては体調のリズムの異常(つまり、自律神経失調症)として現れてくるのです。

 

 

④自律神経失調症は『心身症』の一つ

近代の西洋医学では、人間を『体』と『心』の2つに分けて、病気を身体疾患と精神疾患に分類しています。多くの病院では、病気はそのどちらかに分けられ、その範囲の中だけで診断と治療がなされているのが実情です。しかし、最近の社会の複雑化や人間関係の希薄化、それに伴う人々の心の変化によって、ストレス関連疾患がますます増加し、身体疾患か精神疾患かという分け方では対応できない病気も多くなりました。そこで心身症という病気の概念が出てきたのです。心身症とは、発症や経過に心理社会的なストレスが密接に関与していて、器質的異常や機能的異常が認められる身体疾患を総称します。ただ、神経症やうつ病など病名のついた精神疾患に伴う症状は含まれません。自律神経失調症は、心身症の中の機能的疾患に含まれます。

 

『漢方薬は、病気の原因を内因(感情の変化)と外因(環境)、不在外因(生活習慣)の3つが重なり合うことと考え、心と体を総合的にとれえて治療します。漢方医学の病気のとらえ方と自律神経失調症の治療には大きな共通点があります。漢方薬は、人間が本来持っている自然治癒力に働きかけて、心身のリズムを調和させていくものです。自律神経失調症は自然薬や漢方薬で十分ケアできる症状なのです。』

 

 

自律神経失調症のお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

『ダイエットをしているのに、片付け食いをしてしまうケース』

結婚している女性からの悩みで多いのが、片付け食いによる肥満です。家族のために作った食事を食べてもらえないと、切ないものですね。そのうえ作った手間や時間を考えると、簡単に捨てるなんてとてもできないと、つい自分で食べてしまいたくなるのも理解できます。

小さい子供は特に食べるむらがあり、たくさん残してしまうことが多く、逆にたくさん食べる日に食事の量が少ないと困ると、つい親の子供に対する愛情から多く作りがちになり、残った食べ物を自分で片付けようと食べ過ぎてしまうのです。

『片付け食いをしてしまう解決方法』

①少量ずつ盛る。

少量ずつ盛る(最初に少量を盛り付け、食べきったら少量おかわりする)という方法。家族にお皿に盛ったものをなるべく食べきってもらって、残り物そのものを少なくしようという作戦です。子供にとっても、たくさんの量が食卓に並ぶと食べなくてはいけないとプレッシャーに感じ、思ったほど食べられなくなってしまうのです。私も幼い頃にそんな悩みを持った子でした。きれいに食べきったときに、ちゃんと食べたねって褒めてくれたら、嬉しくて、おかわりをしてくれるものです。

②食品の上手な保存方法を身につける

カレーや煮物など、たしかに多く作ったほうが美味しいものもあります。そんなとき、ストック分はすぐに保存袋に入れて、冷蔵庫または冷凍庫へ。小分けにしておけば、お弁当のおかずにも使えます。

③残った分は、次の日にリメイクして食べる

鍋に残った料理は、翌日上手にリメイクして再び食卓へ。料理の手間も省けるうえに、無駄にはまりません。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

『食後のデザートがやめられないケース』

スイーツで締めないと食事が終わった気がしない、食べないと気が済まない、デザートは別腹など、食事をスイーツで締めくくるなど、毎日の習慣になっている方は少なくありません。実は砂糖の分子構造は、アルコールとよく似ています。お酒がクセになりやすいように、砂糖をたっぷり使ったデザートも、『これがなくっちゃ、終わらない!』という依存状態になる人がでてくるのも、おおいにうなずける話です。

ダイエットのカウンセリングをしていて、特に女性の方に甘いものは止めて下さいなどと言っても不可能なことです。まず食事をバランスよく食べてもらうことを提案し、デザートの食べ方にルールを守って頂いています。量を調節したり、食べ方を工夫すれば、ダイエット中でもデザートを止めずに成功している方は多いのです。食べ物が入る胃袋は一つ、脂肪がつく身体も一つ。自分を大事にしながら、食をコントロールしていきましょう。

 

『食後のデザートがやめられないケースの解決方法』

①極端な糖質制限ダイエットはやめる

炭水化物を極端に減らすと、デザートなどの糖分を欲することがあります。1日3回糖質の適正量も含め、バランスよく食べましょう。

②半分食べをする

大好きなものを断つことは、おそらく無理でしょう。では半分だけ食べるというのはいかがでしょう。最初の一口目は美味しくても、あとは惰性で食べていることはありませんか?半分にしても満足できるはずです。

③毎食から週1のご褒美デザートへ

毎食のデザートも、惰性で食べていることが多いもの。1日1回から、少しずつ『週1回今日だけ特別』に変えていけるとよいですね。頑張った自分へのご褒美デザートなら、なおさら美味しくいただけます。1人だと食べ過ぎてしまう場合も、仲間と一緒ならブレーキが掛けやすいのでオススメです。

④ゆったりと、香り高いノンカロリーの飲み物を飲む

コーヒーやハーブティーなど『このお茶を飲めばデザートがなくても満足できる』という、自分好みの香り高い飲み物を見つけましょう。『お茶で満足できるはずない!』と思う方もいるかもしれませんが、アロマ効果の高いお茶は、気持ちが落ち着いて心が満たされ、それによって食欲が抑えられます。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

『早食いでたくさん食べてしまうケース』

早食いは、食べ過ぎ=肥満の原因となる悪い習慣です。人は満腹中枢から送られた満腹信号をキャッチすると、はじめて『おなかがいっぱいになってきた』と感じます。この満腹信号が出るまでには、食べ始めてから20分ほどかかります。しかし早食いの人は、おなかがいっぱいだと感じる前に食べ終わってしまっているので、いつも食べ過ぎてしまうのです。よく噛んで食べれば、必然的にいつもより食事に時間をかけることになります。つまり、満腹信号を逃さずキャッチできるようになるのです。あるダイエットカウンセラーの方が炭水化物を30回以上噛むとタンパク質に変わると言っていましたが、もちろん、炭水化物がタンパク質に変わることはなく、それほど良く噛むことはダイエットに有効だと伝えたいのだと思います。

『早食いでたくさん食べてしまう解決方法』

①よく噛んで食べる喜びを味わおう

よく噛むことは、食べ過ぎ防止の基本中の基本。〇回以上噛むと決めてもいいのですが、これだと数えるのが面倒で続かないという方が多いようです。口に入れたものがペースト状になるまでを目安に噛みましょう。噛むことの医学的利点はいくつもありますが、そのひとつが唾液の分泌量が増えること。咀嚼(ソシャク)によって満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぎます。同時に、内臓脂肪が減少することも証明されました。よく噛むと薄味でも美味しく感じます。ご飯の甘さや野菜の美味しさにきっと気が付くはずです。自炊の方は食材を大きめに切ったり、硬いものを選ぶと自然と噛む回数も増えます。

②野菜はダイエットの強力助っ人。野菜と仲良くしよう。

野菜には食物繊維が多く含まれており、よく噛まないとペースト状にならないので自然と早食いを防げます。また肉などのタンパク質やご飯などの炭水化物より先に野菜を摂ることで、血糖値の上昇を穏やかにすることができ、太りにくい身体づくりにも役立ちます。

③一口を少なめに、優雅な習慣を身につける。

イメージして下さい。あなたは、素敵なドレスの似合う美女。もしくは、素敵なタキシードが似合う紳士です。高級レストランに行ったイメージで、一度に口に入れる量を減らし、ゆっくり噛んで食べている姿は優雅ですよね。常に次の一口を、口元でスタンバイさせているような食べ方はやめましょう。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

『口寂しくて間食してしまいダイエットに失敗するケース』

おなかが空いていないのに、口寂しいと間食をしてしまうなどダイエットのカウンセリングをしていると多く聞かれます。中には食事をたくさん食べているわけでもないのに、なぜか体重がどんどん増えていくと悩む人が多いです。

『食べ過ぎ』とは、その人が1日に必要な摂取カロリーを上回るカロリーを摂ってしまう状態のことです。つまり、毎回食事を『これ以上は入らない』というほど満腹になるまで食べている人はもちろん、間食などを含め1日の摂取カロリーが必要量を越えている人も立派な食べ過ぎなのです。

『間食、夜食がダイエットにとって最大の敵』

まずダイエットを成功させるには、空腹時を作ることが大切です。空腹時とは血液中の糖質が不足している状態で、さらにエネルギー消費を行う場合は、体に貯蓄していた脂肪を遊離脂肪酸としてエネルギーにしていきます。その状態がまさに痩せるときなのです。

食事をたくさん食べているわけでもないのに、なぜか体重がどんどん増えていく方の多くは太る体質ではなく、太る習慣にあるケースがほとんどです。カロリーを減らして、激しい運動をしても、間食や夜食(ちょっとしたジュースやおやつも含む)など1日に痩せる時間がなければダイエットに失敗するケースがほとんどです。

食べるときは食べる!食べないときは食べない!などメリハリのある食生活がダイエットには必要です。ダイエットに関しては、食後のデザートはいい言葉ですが、3時のおやつはダメな言葉ですね。

『口寂しくて間食してしまう場合の解決法』

いわゆる口寂しさからくる食欲は、大体5分経つと消えてなくなっている場合がほとんどです。何か食べたいと思ったら、5分間を上手に乗り切る方法を考えましょう。

①家にいるなら玄関を開けて深呼吸。仕事場なら窓辺まで移動

人はストレスがかかると、物を食べることで発散しようとします。仕事でデスクに座りっぱなしなら、少し動いて身体をリラックスさせてみては?ストレッチができれば最高ですが、物を取りに少し歩く、あるいは窓辺へ行って空を見上げるだけでも、想像以上に気分がスッキリします。

②心がホッとする人とのおしゃべり

女性のストレス解消法は食べる、しゃべる、寝ると聞いたことがありますが、人との会話は食欲をまぎらわせます。だだし、話す相手を間違えると逆にストレスがたまり過食の原因も・・・。話す相手も選びましょう。

 

ダイエットは辛い、難しいとマイナスなイメージですが、それでは長く続きません。ダイエットは楽しくて、簡単なものなのです。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

 

 

 

 

 

不妊症ってなに?

赤ちゃんを待ち望んでいるのに、2年以上たっても妊娠しない・・・(不妊症)。そんな悩みをもつ不妊症の夫婦は、10組に1組いるといわれています。

 

避妊していないのに、2年たっても妊娠しないこと(不妊症)

赤ちゃんを授かりたい夫婦が避妊をせずにセックスをしていて、2年たっても妊娠しないことを、医学的に不妊症と定義します。人間のセックス1回での妊娠率は10~25%ほどで、これは排卵日に合わせてセックスをして、4~10回に1回、妊娠できるという確率です。つまり、妊娠のチャンスは月に1度の排卵のタイミングでやってくるので、夫婦に不妊原因がないなら、1~2年のうちに妊娠する計算になります。実際に、妊娠を望む夫婦のうち8割が1年以内に妊娠、その翌年にさらに1割が妊娠、そして、残り1割の夫婦が不妊症の可能性を持つという統計があります。

 

10組に1組が不妊症の悩みを抱えている(不妊症の確率)

1割の夫婦、つまり10組に1組の夫婦が不妊症ということからもわかるとおり、不妊症は珍しい悩みではありません。不妊の原因はさまざまで、男女の生殖機能の不妊問題はもちろん、最近では女性の晩婚が大きな不妊要因となっています。なぜなら、卵子の質は年齢に比例して下がるため、女性が子供を望む年齢が高くなると、その分、不妊症になる確率が上がるからです。さらに、多忙な日常生活でストレスが増加し、女性はホルモンバランスの不具合を、男性は精子の数の減少をおこしやすいという現状もあります。(不妊症の原因)

不妊症の心配があるようなら、病院で検査を受けたり、漢方薬局で不妊症の原因があるか調べてみることが第一です。そして、不妊の原因が見つかったら、適切な治療を行います。不妊症で漢方薬局や病院に行くタイミングは、排卵日を予測してセックスをしている状態が半年ほど続き、それでも妊娠の兆候が見られない場合を不妊の目安にします。なお、月経痛がひどかったり、冷え性、勃起や射精しなかったりする症状がみられたときは、不妊の原因になるので、すぐに漢方薬局や病院に相談して下さい。

 

不妊症が疑われるおもな症状

不妊症が疑われる女性の症状

・月経痛がひどい。・月経周期が不順。・不正出血がある。・性交痛がある。・冷え性である。

不妊症が疑われる男性の症状

・排尿痛がある。・勃起しない。・射精しない。

不妊症が疑われる男女共通の症状

・ストレス過多。・セックスレス気味。・喫煙の習慣がある。

 

不妊症のよくあるQ&A

Q、結婚して1年ほどですが妊娠しません。現在35歳ですが、これって不妊症ですか?

A、不妊症の可能性は大きいです。

避妊をせずにセックスをしているにも関わらず、2年たっても妊娠しないことを不妊症といいますが、最近では半年たっても妊娠の兆候がみられないときは、不妊検査を受けたほうがよいとされています。これは、女性の年齢があがれば、卵子の質が下がるため、不妊治療もむずかしくなるからです。妊娠は卵子、精子、卵管、子宮、卵巣の状態が整って初めて妊娠が成立します。早めに漢方薬局に相談するか受診をこころがけましょう。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

KANPORO 松山漢方相談薬局

045-718-6801

 

 

基礎代謝をアップさせよう

基礎代謝は、成人男性で約1500キロカロリー程度です。基礎代謝は17歳くらいから落ち始め、35歳を過ぎるとガクンと低下し、以降そのまま下がり続け、それに並行して体温も低下してきます。

 

基礎代謝を上げるには、運動で筋肉をつけるのが一番です。

体温が1℃上昇すると、代謝は約12%アップすることを考えると、筋肉以外でも体温(熱)を多く産生する臓器の働きを活性化させることも大切です。ちなみに、温暖安静時の部位別熱産生は、骨格筋20%、肝臓20%、脳18%、心臓11%、腎臓7%、皮ふ5%、その他19%となっています。筋肉運動(労働)をすると、心拍数の増加も伴いますので、骨格筋と心筋からの熱産生はさらに増加し、代謝のアップに結びつきます。脳は、安静時にさえ18%の熱産生をしているのですから、考えたり悩んだりすると、その働きが増えてさらなる熱産生=代謝のアップをもたらすわけです。よってほとんど運動らしい運動をしない作家の方々に肥満が少ないのは、脳をフル回転させエネルギーを消費しているからでしょう。筋肉、心臓、脳をはじめ、肝臓、胃腸、腎臓など人体のあらゆる臓器の働きをコントロールしているのが、東洋医学でいう『気』です。『気』の働きを強めると『血』と『水』の流れがよくなり体内に力がみなぎり代謝がアップするとされています。気の流れをよくする食物として、生姜、ニラ、ニンニク、ネギ、玉ねぎ、ラッキョウ、シソなどがあります。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

①基礎代謝(全体の代謝の60~70%を占める)

安静時代謝とも言われ、呼吸や血液循環など、生きていくために最低限必要なエネルギー量のことを言います。つまり、目を開けて、横になって何もしていない状態で必要なエネルギーのことです。性別、体型、年齢、毎日の労働や運動の量によって違いますが、筋肉の量の多い人ほど基礎代謝量が多くなります。男性のほうが女性より基礎代謝が高く、また、年齢と共に基礎代謝が低下していくのは、男性のほうが筋肉量が多いこと、年齢と共に筋肉量が少なくなることと大いに関係しています。ここから、女性が男性より肥満になりやすい理由と、年をとってくると、以前と同じ食生活をし、同じように体を動かしていても、肥満してくる理由がわかります。つまり、基礎代謝が高ければ高いほど、つまり何もしない状態でのエネルギー消費量が高いほど、同じ物を食べてもやせやすく、太りにくい、ということになります。

 

②生活活動代謝(全体の代謝の20~30%を占める)

ふだんの生活での労働や運動などの活動で使われるエネルギーのことです。

 

③食事誘発性熱代謝(全体の代謝の10%を占める)

食物誘発性体熱産生(DIT)とも言われます。何か食べ始めると、数分もすると体が温まってきます。食べた物がすぐエネルギーになるわけではないのですから、不思議な現象です。これは、食物が口に入り、そしゃくを始めると舌の味覚細胞や鼻の臭覚細胞が刺激されて交感神経が興奮し、副腎髄質よりアドレナリンが分泌され、心拍数が増すことにより代謝が活発になり、体温が上昇してくる働きによるものです。『DIT』の高い食物は基本的には『体を温める赤・黒・橙の食べ物』と考えて良いでしょう。とくに、生姜、コショウ、唐辛子、それにニラ、ニンニク、ネギ、玉ねぎなどの野菜は『DIT』が高いと言ってよいでしょう。

 

ダイエットのお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

 

 

ページ上部へ