鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

2013年09月29日

不妊症のよくある質問③ カテゴリー:

Q、性感染症にかかったことがあります

A、感染者の多いクラミジアは卵管障害の原因になります

 

性感染症には多くの種類があり、不妊の原因になるものも少なくありません。なかでもクラミジアは、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし、その後遺症から卵管の癒着や閉塞が生じて、精子や卵子が通過できなくなることも。また、自覚症状がほとんどないこともあり、知らないうちに感染していたということも。診断方法は、子宮頸管の粘液を採取してクラミジアの有無を調べる方法と、血液から抗クラミジア抗体を測定する方法があります。血液検査で陽性反応が出た場合、クラミジア感染が進行中であるかだけではなく、過去に感染があった可能性もわかります。いずれの場合でも、卵管がダメージを受けて不妊を引き起こしていることがあるので、子宮卵管造影検査などで調べてもらいましょう。

 

Q,小さな子宮筋腫があります

A、小さければ大丈夫。ただし場所によっては摘出や漢方薬が必要なことも。

 

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことで、年齢が高めの人に多く見られます。腫瘍が小さければ、妊娠できることが多く、ほとんど問題はありません。ただし、子宮の内側に突出する粘膜下子宮筋腫の場合は、受精卵が着床する場所に腫瘍ができるため、着床障害になる可能性があります。小さくても不妊や流産の原因になるため、その場合は、切除や漢方薬の服用をしていく必要があるでしょう。

 

Q,平熱が低いと妊娠しにくいのですか?

A,平熱とは関係ありません。ただし、冷え性ならば漢方薬などで改善が必要です。

 

平熱が低いことは妊娠にあまり関係がありません。しかし平熱が低いだけでなく、いつも手足が冷たいなど冷え性の人は、妊娠しにくくなるので、漢方薬局に相談して下さい。冷え性は血液の循環が悪いことが、原因ですが、卵巣や子宮の血液の流れが悪いと、それらの働きも悪くなります。血行をよくする生活を心がけましょう。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

2013年09月27日

不妊症のよくある質問② カテゴリー:

Q、不正出血があって不安です。

A、子宮内膜ポリープという可能性も

 

不正出血の原因で多いのは、子宮筋腫と子宮内膜ポリープという病気です。これは、発生する場所や大きさによって、受精卵の着床を妨げる着床障害になることがあり、不妊の原因になります。とくに、月経から約2週間後の排卵日の不正出血は、よくあることと軽く見られがちですが、実は子宮内膜ポリープのことがほとんどです。このほか、まれに初期の子宮がんということもあります。いずれにしても、早めに受診するか、漢方薬局にご相談下さい。

 

Q、子宮内膜症があると診断されました。

A、炎症や癒着を起こしがち。早期治療が大切です。

 

子宮内膜症は、子宮内膜に似た組織が、卵巣や子宮の筋層など、子宮腔内以外の場所で増殖する病気です。卵巣にできると卵巣チョコレート嚢胞、子宮の筋層にできると子宮腺筋症とよばれ、どちらも不妊の原因になります。また、子宮内膜症の組織は月経血のように体外に排出されないため、卵巣や子宮筋層に血液がたまると、炎症や周囲の組織と癒着を起こしがち。東洋医学では、これらの症状を瘀血(おけつ)といいます。早期治療が必要なので漢方薬局にご相談下さい。

 

Q、過去に中絶の経験があります

A,あまり心配はないですが、子宮内膜の状態を調べてもらいましょう。

 

妊娠中絶の経験が原因で、不妊になることはあまりありません。むしろ、過去に妊娠することができたという実績から、現在も妊娠できる可能性が十分あると考えられます。ただし、妊娠中絶の手術の際に、子宮内膜が傷つくことがあり、妊娠がしにくくなることも。心配な場合は医師に相談し、超音波検査や子宮鏡検査で、子宮内膜や子宮腔内の状態を調べてもらうといいでしょう。

 

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

 

Q,月経周期が不順で、月経痛もひどいのです。

A,月経不順は数日のずれならOK。痛みが強い場合は子宮内膜症の場合も

 

月経の初日から次の月経の初日までの間隔を月経周期とよび、通常の場合、28日周期といわれています。実際には個人差があるので、25日~31日の範囲であれば、問題はありません。それを超えると月経不順と呼ばれ、排卵が起きていない場合や、黄体機能不全などの場合があり、不妊症の可能性がでてきます。また、月経痛の強い人は、子宮内膜症や子宮筋腫という病気が潜んでいることがあり、これらも不妊の原因になります。痛みの感じ方は個人差があるので、必ずしも病気ということではありませんが、痛み止めの薬を使用しないと日常生活に支障がある場合は、漢方薬局に相談して下さい。

 

 

Q、月経の量が少なくなった気がします。

A、個人差はありますが、卵巣や子宮の働きが低下している疑いがあります。

 

月経の量は加齢により減少しますが、以前より極端に少なくなった場合は、卵巣や子宮の機能が衰えてきている可能性があり、不妊の原因が潜むケースも。また、流産の手術後に月経の量が減少した場合、子宮内膜が薄くなっていたり、子宮腔内に癒着が起こっていたりする可能性があります。そのような場合など漢方薬局に相談して下さい。

 

 

Q,ダイエット後、月経がなくなり、その後に戻りました。

A、再び月経があるなら大丈夫。しかし短期間の減量には注意しましょう。

 

現在、月経がもとに戻っているなら、妊娠への影響は少ないでしょう。しかし、体重が戻ってもすぐ月経が再開するとは限らないので注意が必要です。過激なダイエットを行うと月経や排卵がなくなるだけではなく、卵巣の働きが低下することも。その結果、妊娠する力が落ちることもあるので、短期間に減量するのはやめましょう。正しいダイエット法や妊娠に不安がある場合など、漢方薬局にご相談して下さい。

 

 

不妊症のお悩みご相談して下さい。

045-718-6801

 

基礎体温を測っていると、妊娠しやすい日がわかる

基礎体温とは、呼吸や代謝など生きていくのに最低限必要な活動をしているときの体温のこと。いわゆる睡眠中の体温です。女性のからだは、月経周期にあわせて基礎体温が変化していくので、2か月くらい基礎体温を測り続けていると、月経周期はもちろん、排卵日もある程度の範囲内で予測できるようになります。したがって、排卵日に合わせてセックスすることで、妊娠の確率を高めることができます。基礎体温を測ることは自然妊娠への第一歩なのです。

目覚めてすぐに測り、記録する

正しい基礎体温を知るには、睡眠中に近い状態で測ることが大切です。人間のからだは、少し動いただけでも体温が上昇します。食事や運動などをすれば、多くのエネルギーを燃焼するので、なおさらです。そのため基礎体温は、朝、目覚めたら起き上がらずに、ふとんの中で測るのが基本です。不規則な生活をしていると正確な数値が出ないので、最低でも毎日4時間以上の睡眠をとり、同じ時間に検温するのが無理な場合でも、目覚めてすぐに測ることだけは守るようにします。また、枕元には、婦人体温計と一緒に基礎体温表と筆記用具を用意しておき、体温を測ったらその場で記録をしましょう。表に書き込むことで、体温の推移がひと目でわかります。記入する際は、月経はもちろん、おりものの状態やセックスの有無なども併せて記入するといいでしょう。なお、基礎体温はちょっとした体調の変化にも影響を受けます。かぜや飲酒、睡眠不足や旅行など、普段の生活と違うことがあったときは、それも記入しておきましょう。

基礎体温を測るときのポイント

①目が覚めたら起き上がらずすぐに測る。

からだを動かすと体温が上がるので、寝たままの状態で測ります。体温計は寝る前に枕元に置いておくといいでしょう。

②毎日同じ時間に測る

測る時間が大きく違うと、基礎体温が安定しません。寝坊や旅行などでいつもと違う時間に測ったときなどは、その旨をメモしておきましょう。

③婦人体温計を使う

基礎体温の変化は0.2~0.4℃と小さな範囲です。体温の変化がわかりやすいように、通常の体温計よりも目盛りが細かい婦人体温計を使いましょう。

④記録する

測った体温は記録します。毎日の体温を折れ線グラフにすると、自分の月経周期や排卵日などがわかってきます。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

生まれたときから、卵子を持っている

女性は、卵巣の中に一生分の原始卵胞(卵子のもとになる細胞)を持って生まれてきます。その多くは成熟せずに消滅し、生まれたときに約200万個あった原始卵胞も、月経が始まるころには20万~30万個に。その後、毎月数百個ずつ減少し、45歳になるころには数千個まで減ります。女性が一生を通じて排卵する卵子の数はわずか500個ほどで、多くは熟成せずに消滅してしまうのです。

卵巣・卵子は歳とともに老化する

加齢により原始卵胞の数が減るのと同時に、卵巣の老化がすすむと、卵子の質も低下します。そのため、受精能力のある卵子を育て、排卵させることが困難になります。一般的に、38歳以上になると、原始卵胞の数が2万5000個以下になり、以降は老化が急激に加速します。そのため、46歳以降で妊娠を望むのは難しくなると言われているのです。

実年齢と卵巣の若さは違う

最近、卵巣年齢が注目されるようになりました。卵巣年齢は、血液の抗ミュラー管ホルモン(AMH)の数値から算出されます。このホルモンは未熟な卵胞の細胞から分泌されるもので、卵巣の中に、受精能力のある未熟な卵胞が多いと数値が高くなり、数値が低いと卵巣年齢が高いことになります。この卵巣年齢は、通常、歳とともに高くなるものですが、なかには実年齢よりも若く、妊娠力が高い人もいます。卵巣の老化は自然現象ですが、普段の生活習慣や食生活などにより、老化のスピードを遅くすることはできます。もちろん、卵巣年齢も38歳以上になると、妊娠力が低くなってきます。

卵巣・卵子の若さを保つ方法

①規則正しい生活を送る

朝は早く起き、夜はゆっくり休むという当たり前の生活をすることで、卵巣が機能しやすくなります。

②ストレスをためない

ストレスがたまると、ホルモンのリズムが狂う可能性があります。リラックスをこころがけましょう。

③からだを冷やさない

からだが冷えると血流が悪くなり、卵巣の働きも悪くなります。とくに下半身は温めるようにしましょう。

④過激なダイエットをしない

急な減量は、ホルモンの分泌を抑えてしまうことがあります。ダイエットは穏やかに行うようにしましょう。

⑤バランスのいい食事をとる

偏った食事では、からだ全体の生命力が落ちます。栄養バランスを考えた食事をこころがけて。

⑥禁煙する

喫煙習慣のある人は、女性も男性も不妊になる可能性が高まるといわれています。すぐに禁煙を。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

加齢や卵管の異常、男性不妊がおもな原因

ひとりめは難なく妊娠できたのに、ふたりめは授からない。そんな症状を『2人目不妊』といいます。

2人目不妊の原因は卵管障害など、ふつうの不妊症と変わりません。『1回、妊娠できたのに不妊症なんて・・・』と思うかもしれませんが、それはきわめて低い確率のもと、偶然に授かった可能性があるのです。あるいは、ひとりめの子の出産後に、不妊の原因が生じることもあります。

2人目不妊に悩む夫婦には、女性の卵管障害や、男性側に不妊の原因が見つかるケースがよくあります。卵管障害の場合、ひとりめの妊娠時は障害の程度が軽かったものが、時間とともに悪化して、ふたりめの妊娠を難しくしていることがあります。男性に原因がある場合も、ひとりめの妊娠以降、なんらかの病気やストレスなどが原因で、精子の状態が悪化したことが考えられます。

女性の加齢が原因になることもあります。女性の卵巣機能や卵子の質は加齢とともに低下し、ホルモンのバランスが崩れやすくなるからです。

2人目不妊に関する疑問Q&A

Q、ひとりめは治療を受けて出産。次は妊娠しやすくなりますか?

A、不妊治療が必要になることが多いです。

ひとりめのときに不妊原因があった場合、ふたりめのときにも同様の原因があることが考えられるため、妊娠しやすくなることはありません。ただし、ひとりめのときの不妊原因が子宮内膜症だった場合、妊娠によって病状がよくなり、一時的に妊娠しやすくなることはあります。しかし実際には、出産後に月経がはじまって1年ほど経過すると、子宮内膜症が再発していることが多いので、ふたりめのときも不妊治療が必要になることがほとんどです。

Q、2人目不妊の目安となる症状は?

A、体重増加や前の出産の状況も確認して

以前より体重が著しく増加しているときは要注意。肥満はホルモンのバランスを乱し、不妊を引き起こすことも。ほかにも甲状腺の病気、糖尿病、加齢なども不妊の原因になります。また、ひとりめを出産したとき、①胎盤剥離に20分以上かかった②出血が700cc以上あった③分娩後、母親が発熱したといった症状があった場合は、ひとりめの出産が不妊の原因になっている可能性もあります。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

①マイペースで取り組むことが肝心

不妊治療は、気負わず、焦らず、淡々と続けることが大切です。『赤ちゃんはまだなの?』などの周囲の言葉を気にする必要はありません。相手は、あまり深く考えずに口にしていることがほとんどです。人は勝手なことをいうものと開き直り、笑顔でかわすくらいのゆとりを持ちましょう。ただし、家族や身近な人にいわれる場合は、やめて欲しいことをきちんと伝えるようにしましょう。

②治療オンリーにならず自分の時間を充実させる

いつも不妊治療のことで頭をいっぱいにしてしまっては、結果を出す前に息切れしてしまいます。日ごろから、打ち込める仕事や趣味を持ち、自分の時間を充実させましょう。また、夫婦で旅行に行ったり、共通の趣味を楽しんだりすることもおすすめです。お互いにリフレッシュするのはもちろん、不妊治療のギグシャクした関係も修復され、再び、治療に取り組む意欲が生まれるはずです。

③相手を思いやる気持ちを持つことが大切

不妊治療は、女性に負担がかかりがちです。検査ひとつをとっても、男性はほぼ1回の精液検査ですむのに対し、女性は内診をはじめ、多岐にわたる検査があります。つらい妻の気持ちをいちばんにいたわれるのは、夫です、ときには妻の八つ当たりも広い心で受け止めてあげたり、愚痴を聞いてあげましょう。妻もまた、夫の気持ちを理解しようと努めることが大切です。

④ストレスを溜めないポイント

①周囲の言葉は気にせず、マイペースに取り組む

『子どもはつくらないの?』などという周囲の言葉は、さらりと聞き流して。相手はこちらが思うほど深く考えていないものです。

②ひとりで悩まず、人に話す

悩みはひとりで抱え込まず、夫や友人などに話すようにしましょう。人に話すことで悩みが客観視でき、解決の糸口が見つかることもあります。また、話しづらい悩みなどは、不妊カウンセリングを受けるのもひとつの方法です。

③ふたりの生活を充実させる

週末に趣味やスポーツを一緒に楽しむ、休みをとって旅行に出かけるなど、ふたりで楽しい時間を過ごす機会を持つようにしましょう。モヤモヤした気分も解消され、気持ちもあらたに治療に取り組めます。

④趣味や習い事、スポーツなどを楽しむ時間をつくる

毎日、不妊治療のことばかりを考えていると、ストレスはたまる一方です。時には自分が好きなことに没頭し、治療のことはいっさい忘れるようにしましょう。以前からやってみたかったことに挑戦するのもおすすめです。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

 

①赤ちゃんについて二人で話し合おう

不妊治療を始める前に、赤ちゃんに対するお互いの考えを、きちんと話し合っておくことが大切です。赤ちゃんを望む気持ちや強さは、人によって異なり、『赤ちゃんは自然に授かるものだから、待っていればいい』という考え方から、『必要とあれば最先端の医療も試してみたい』という考え方までさまざまです。赤ちゃんに対する考えは、その人の価値観や人生観にも通じます。夫婦の見解がある程度一致しているなら問題はありませんが、一方は治療に積極的、他方は消極的ということも珍しくありません。その場合は、お互いの考えを理解して歩み寄りながら、ふたりの意見をすりあわせることがなによりも大事です。また、人生設計として、子供は何人欲しいのかも話しあっておきましょう。例えば、子供を二人つくる場合、ひとりめとふたりめの間は、少なくとも2年弱はあくことが予想されます。そこから出産年齢を逆算すると、いつ頃までにひとりめを妊娠するべきかなどの予測がついてきます。

②不妊治療はふたりで取り組んで

不妊治療を受けると決めたら、ふたりで協力して取り組むことが肝心です。どちらか片方が検査を受けないと、見つかる原因も見つからず、適切な治療を行うことが難しくなるからです。以前は、不妊の原因は女性にあるという考えから、検査は女性しか受けないのが主流でした。しかし、現在は、不妊治療の約半数は男性にあることがわかっています。男性も必ず検査を受けるようにしましょう。そして、検査の結果、不妊の原因が夫婦のどちらか一方にあることがわかっても、不妊治療がふたりの問題であることに変わりはありません。治療で悩んだときや疲れを感じたときに、お互いを支えられるのは夫婦だけです。相手の気持ちを受け止め、不妊治療に取り組んでいきましょう。

③治療に対するおおまかな方針を決めておこう

不妊治療には時間もお金もかかります。夫婦の精神的負担も少なくありません。不妊治療に疲れ果ててしまわないように、あらかじめ大きな方針をたてておきましょう。不妊治療に対する方針は、夫婦の価値観で自由に決めてよいのです。例えば、『ひと通りの検査を受ける』『人工授精は5回まで受ける』『体外受精は受けない』『予算は〇〇万円までにする』『2年たっても結果がでなければやめる』などです。こうした方針を決めておけば、治療に対するふたりの考え方が明確になり、情報にふりまわされることなく、治療に取り組むことができます。また、何かを決めなければならないときや迷ったときの判断基準にもなります。

 

不妊症のお悩みご相談下さい。

045-718-6801

ヒアルロン酸、足りていますか?

人体でヒアルロン酸が特に多く含まれているのは、皮膚、関節腔、眼、脳、心臓弁、動脈、卵巣、精液です。これらにおいてヒアルロン酸が不足してくるとシワやカサツキ、関節炎、老眼、脳の委縮などの現象が生じやすくなります。肌のみずみずしさと張りを支えるヒアルロン酸は、若いうちは体内で活発に作られますが、年齢を重ねるとともにヒアルロン酸の生成を助ける酵素の働きが低下し新陳代謝が衰えるので、体内での生成力も弱くなります。当然、肌はしだいにみずみずしさを失い、肌荒れ・シミ・シワができやすくなります。

ヒアルロン酸とは?

私たちの体は水分と約100兆個の細胞、そしてその細胞と細胞の間を細胞外マトリックス(ECM)という体液で埋めることによって人間の体形をしっかり保っています。この細胞外マトリックスはコラーゲンと、ヒアルロン酸をはじめとするムコ多糖からなり、体のしなやかさを保つだけではなく、体内のいたるところで絶えず代謝を繰り返すことで、細胞の働きを高め、細胞の活動を調節します。ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は体内の水分を保持するチャンピオンで、その驚くべき保水能力はコラーゲンの約100倍、1gで6リットルです。最近ではその保水性が注目され、高級化粧品や医薬品など幅広い分野で用いられています。

加齢とともに減っていくヒアルロン酸

女性にとって理想のお肌とは、赤ちゃんのようにぷよぷよしてみずみずしく、弾力のある美しいお肌です。しかし、年齢を重ねるとともにハリ・ツヤがなくなり、シワが目立ってきます。一般的に、お肌の老化は水分不足によるものと言われていますが、実は体内に存在するヒアルロン酸の減少によるものなのです。通常、赤ちゃんの皮膚のヒアルロン酸量を100とすると20歳では、その5%(1/20)になると言われています。さらに、体内のヒアルロン酸の量を20歳のときを100とすると、60歳では25%になります。皮膚は、『表皮』と『真皮』、そして『皮下組織』から出来ています。皮膚の本体をなすのが、細胞外マトリックスの代表である真皮。その真皮の中でヒアルロン酸は多量の水分を抱え込む働きをします。食用ヒアルロン酸を積極的に体内に取り入れることにより真皮が水分を保持し、お肌のハリとみずみずしさを取り戻します。また、細胞の活動や細胞間どうしの情報伝達や流通も活発になることで、理想的なホメオスタシスを維持します。

ヒアルロン酸が不足すると

①カサカサ・シワシワお肌・シミ

真皮中のヒアルロン酸が減ることで、肌のみずみずしさが失われ、コラーゲン繊維も緩んで皮膚がたるみがちになります。また、表皮において代謝という大切な役割を担っていますので、代謝が衰えた肌は古い角質が残り、凹凸のお肌になります。

②生理痛・生理不順

生理痛は子宮を収縮させるプロスタグランディン(ホルモン)の異常分泌が原因といわれています。ヒアルロン酸はその異常分泌を抑え、痛みを緩和する作用があるといわれています。

③関節痛・肩こり・腰痛

ヒアルロン酸の不足による水分の減少で、関節におけるクッション機能が低下し、軟骨の磨耗、変形性膝関節症などを生じます。また、ヒアルロン酸には血行をよくする働きがあるので、血行不良による腰痛や肩こりには有用です。

お肌のトラブルご相談下さい。

045-718-6801

 

①秋の健康について

秋は夏の暑さの疲れがまだ残っているときでもありますので、今のうちに体調を整え、胃腸や呼吸器を丈夫にしておき、冬になっても風邪など引かない体作りをしましょう。風邪を引きやすい人や過保護の傾向のある幼児は、初秋から冬に備えて薄着の習慣をつけ、乾布摩擦などを始めるとよいでしょう。こうしたことは、寒くなって風邪が流行りだしてから慌てても間に合いません。積極的に体を動かすためのスポーツを始めるにも秋はふさわしい季節です。また、読書の秋、文化の秋で、展覧会や音楽会などの催しが盛んになります。週休二日制で時間に余裕がある時代、何か打ち込めるもの、夢中になれそうな趣味を見つけて、取り掛かってみるにも良い季節です。精神的に充実した生活を送ることが、心身ともに若く、健康でいられる秘訣です。

②肺の役割について

東洋医学の五臓六腑によると秋が最も肺が弱る季節でもあります。最近では、死亡率のトップに癌が出てきました。癌の中でも肺がんがトップの位置を占めるようです。東洋医学では『肺』は胃腸で吸収された栄養素と呼吸で取り入れられた酸素から気(元気)を作り出す臓器と考えています。健康維持に運動が必要というのも、運動することによって肺の呼吸活動が盛んになるからです。また、健康な体作りに必要な物として、調和の取れた栄養素が必要になりますので、食養生がいかに大切なことかがお分かりいただけると思います。

③秋の東洋医学的な食養生

秋の代表的な食物としては、まず果物でしょう。秋になると柿が実ります。柿と言えば、お酒を飲んだ後に柿を食べると良いと言われます。お酒を分解するものが柿の中に含まれているとも言われますが、お酒によって温まった体を柿が冷やすためだと思います。そのため、冷え性の人、小便が近い人は柿を食べるとてきめんに悪化します。柿ばかりではなく果物は一般にビタミンCが多く、健康に良いと思われていますが、果物は『陰性』の食べ物で、体を冷やす代表的な食べ物です。冷え性のご婦人やお年寄りの方や胃下垂気味の方は果物をごく少しだけにされたほうが賢明です。秋の味覚の一つは松茸を代表とするキノコ類です。香りも良く大変美味しいものですが、栄養学的にはあまり良いとは言えません。大体、タケノコとかキノコとか、一日か二日でスッと伸びてしまうのは、陰性の食物といって体を冷やす傾向があります。昔の人はなすびのような物でその冷やす性質を知っていて『嫁に食わすな秋なすび』と言ったくらいです。ましてや果物は言うに及びません。また、茄子の『へた』には、次のような利用価値があります。『へた』をお湯で煮出して手足をつけると、抹消血管が広がり、しもやけに良いといわれます。茄子の『へた』の黒焼きには、歯茎の血行を良くして歯槽膿濡を治す作用があります。昔から歯磨きとして茄子の『へた』の黒焼きが珍重されています。食欲の秋とは言いますが、全体食を心がけて下さい。美味しいところだけ食べるのではなく、大根などは根も葉も、少し小さい魚ならフライにして骨ごと、ご飯なら胚芽米をというように食べて下さい。そして腹八分目に食べることです。『腹八分に医者いらず』というのは真理で、食べ過ぎは禁物です。長寿者の秘訣は皆『腹八分目に』だそうです。

ページ上部へ