鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

こんにちは(*^_^*)

鶴見のダイエットカウンセラーの神菜です♪

 

長期のダイエットで疲れてきた方や飽きてきた方は

もう一度ダイエットの必要性を考えていきましょう。

 

必要性と書くと重たい気がしますが、

 

『以前に着られた服を着る』

『Mサイズの洋服を着られるようになる』

『試着しなくても服が着れるようになる』

『周りに痩せたねって言われるまで頑張る』

 

など具体的な重要性を並べましょう(●^o^●)

上の『』は私がダイエットしていたときに思っていた目標です♪

昔の私…

ぷっくり…

二重あご

 

飽きてきた時こそ、

何か楽しくなるような目標を立てましょう★

た自分をイメージして(*^_^*)

 

皆様こんにちは(*^_^*)

ダイエットカウンセラーの神菜です♪

 

最近は鶴見のパン屋さんめぐりにはまっています★

今お気に入りの場所は

 

セシボン

 

こちら♪

鶴見在住の方は行ってみてください。

もっちもちでふっわふわ(*^_^*)

何度もリピートしてます♪

 

 

食べ物の話はさておき

 

ダイエットのお話に移ります。

 

こんな悩みありますか?

●ダイエットを試すが続かない

●リバウンドを繰り返してしまう

●血液検査でやせなさいと言われたけどどうしていいかわからない

●継続できないことへの自己嫌悪

私も痩せる前はこんな悩みを抱えていました。

 

しかし大丈夫です!

ただ正しい方法を知らないだけなのです。

 

昔は体質がもう痩せないんだとあきらめた時期もありました。

しかし

正しい方法をしっかり学ぶことで

健康的な状態にもっていくことができたのです。

 

それはそれは人生が変わります。

何を着ても自信はなく

必ず試着し

落ち込んでいた私が

今では着たい服を着れる様な状態になったのです。

 

大きな進歩です(●^o^●)

 

体重が戻らない生活を手に入れ

人生を変えましょう★

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングの他に不調のある方のご相談も受け付けております。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・疲れ・不眠症・不妊症・月経不順など。


 

皆さんこんにちは(*^_^*)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

最近良く聞くのが

 

『ダイエットだから食事を食べなかった』

『炭水化物抜きダイエット』

『食事は少なく』

 

このセリフです。

 

このダイエットは健康的とは言えません。

始めは体重が減るかもしれないけれども

その体重減少が筋肉量の可能性が高いです!

 

食事を抜くことで

飢餓状態となり省エネモードに入ります。

少ない食事で生きていこうとするため、

消費させないように働きます。

今までより食べていないのに痩せないという悪循環になってしまいます。

 

ビタミン・ミネラルは痩せるために重要になってきます。

栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう(●^o^●)

 

ダイエットは健康的に行いましょう。

自身でダイエットが行えない方は

松山漢方相談薬局のダイエットへ★

 

その他にも気になる症状のある人はお電話でご予約お待ちしております。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・月経不順・不妊症など。

 

 

2015年11月07日

脂質異常症 カテゴリー:

皆様こんにちは(*^_^*)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

最近は生活習慣病についてまとめています。

以前のBLOGはこちら★

 

生活習慣病の話

心疾患

糖尿病

脳血管疾患

 

今日は脂質異常症についてです。

脂質異常症とは血液中のLDL(悪玉)コレステロールや

中性脂肪が多すぎたりHDL(善玉)コレステロールが少なすぎる状態です。

脂質異常症をほうっておくことで動脈硬化がすすみ心筋梗塞や脳血管疾患に繋がります。

 

コレステロールの働き

生体膜の安定化

血管壁の保護

ホルモンの減量

ビタミンDの減量

など

 

脂質異常症の原因は2つあります。

ひとつは遺伝によるもので、痩せていてもコレステロールが高い人はいます。

家族性高脂血症です。

 

二つ目は生活の不摂生によるものです。

採血データで異常が出ている人は早い段階で生活習慣を整えると良いでしょう。

KANPORO松山漢方相談薬局では健康的なダイエットを推奨しております(●^o^●)

自身でダイエットは続かず難しいと思います。

ダイエットがうまく行えない方は松山漢方相談薬局に起こしください。

その他にお困りな症状がありましたらお電話でご予約下さい。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・耳鳴りなど。

 

 

 

 

 

2015年11月06日

お守り カテゴリー:

こんにちは(*^_^*)

ダイエットカウンセラーの神菜です♪

 

たまの一息BLOGにしていきます。

 

KANPOROグッズを作っています★

以前の作成した写真です。

 

 

またまた作っていきたいと思います。

 

第二段*

 

プラバンで作ってみましたが…

 

いまいちでした…ワラ

 

ということでお守り作っていきます~

 

今一度お待ちください(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではお困りな症状のある方のご相談を承っております。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・月経不順・ダイエットなど。

 

2015年11月05日

脳血管疾患 カテゴリー:

皆さんこんにちは(*^_^*)

ダイエットカウンセラーの神菜です♪

 

以前から載せている

 

*生活習慣病**

 

の続きです★

*心疾患*

*糖尿病*

 

まだ見ぬ人は以前のBLOGもチェックしてみてください。

 

今日は

 

『脳血管疾患』です

 

脳血管疾患とは脳の動脈が詰まって血流が阻害されたり、

脳の動脈が破裂して出血することで

血流が循環出来なくなり脳の障害が起こることを言います。

 

↓↓詳しく↓↓

 

出血性脳血管疾患

脳の血管が破れて出血することから起こるもので、

出血した血液は血腫という血の塊ができ脳細胞が破壊されます。

①脳の奥の血管が破れる…脳出血

②脳の下でおこる…くも膜下出血

 

虚血性脳血管疾患

脳の血管が詰まる事で血流が悪くなり、

脳細胞が酸素不足・栄養不足に陥るもので

脳梗塞や一過性脳虚血性発作がある。

 

脳血管疾患は突然死を招くとっても怖い病気です。

一命をとりとめても、麻痺などの後遺症を残すこともあります。

 

 

脳血管疾患のリスクが高い人

●高血圧

●糖尿病

●不整脈

●アルコール・タバコ

●高コレステロール

●脂質異常症

 

恐ろしい病気になる前に

心当たりのある人は生活習慣を整えましょう。

自身で整えるのが難しい方は

松山漢方相談薬局

お電話でご予約下さい。

 

食事や行動を一緒に見直しましょう(●^o^●)

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症などでお困りな方お待ちしております★

 

 

 

 

2015年11月02日

生活習慣病の話 カテゴリー:

皆様こんにちは(*^_^*)

今日も健康情報を載せていきたいと思います♪

 

最近多いのは50~60代の男性です。

病院で痩せるように言われたり

採決データで赤文字が多かったり

お腹まわりが気になっていたり

 

少しずつ生活習慣病に関するリスクが周知されているようですね。

 

今日来られた50代の男性は

糖尿病だったり心疾患になりたくないという思いが強く早く痩せたいと考えているようです。

 

食事では量が多く奥様にも注意されているようです。

まずは自身の消費量の把握を行い

自身の摂取量と消費量のバランスを整えていきましょう。

 

自分で計算したりするのは大変です。

松山漢方相談薬局では体重測定だったり

食事内容で確認していきます。

1週間に1度程度に来ていただき生活習慣を出来ることから整えていきます。

 

生活習慣病についての記事を載せています。

糖尿病の恐ろしさ

 

心疾患

 

こちらもご覧ください。

次回の脳血管疾患も載せていきますのでお待ちください~★

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエット以外にも

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・月経不順・耳鳴りなど。

 

2015年10月31日

心疾患 カテゴリー:

皆様こんにちは(*^_^*)

今日も健康情報載せていきます~★

 

最近は生活習慣病について載せています!

 

*痩せる必要がどこにある*

 

*糖尿病*

 

前回の記事も載せていきます↑↑

 

今回は『心疾患』についてです。

 

心臓の筋肉(心筋)に栄養や酸素を送るために、心臓の周りには冠動脈という血管があります。

 

動脈硬化や血栓などで冠動脈に血液が行き届かなくなることで、

心臓の筋肉に酸素や栄養が送られなく病気です。

虚血が一過性の場合、狭心症・完全に梗塞した状態を心筋梗塞といい、心筋が壊死していきます。

(わかりやすい表があったためインターネットから頂きました。)


虚血性心疾患の原因のほとんどは動脈硬化です。

動脈硬化を進行させる因子としては、

糖尿病・高血圧・高脂血症・喫煙・肥満・運動不足などになります。

心疾患は先天性の病気を除いて、不健康な生活が原因となります。

 


症状

 

軽い運動で胸が苦しい

動悸・息切れがする

みぞおちや左胸部・左肩の痛み

冷汗・嘔吐など

 

 

 

 

さらに

心筋梗塞の合併症も合わせてご説明いたします。

 

●不整脈

心筋梗塞発症後、2~3日辺りに不整脈が起こります。(90%程度)

心室性期外収縮が最も多くその後致死的不整脈に移行するリスクがあります。

とても危険な状態にも陥りやすい状態です。

 

●心不全

呼吸困難・血圧低下・乏尿などの症状

 

●心破裂

心筋がもろくなることで破裂し、とても危険な状態に陥ります。

などなど

まだまだ危険な状態を待ち受けます。

 

 

これらを見てもとても危険な疾患です。

 

家族の既往歴で血管系の疾患がある方や

現在の生活を見直した時に危ないなと感じた人は

生活の見直しをしていきましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っています。

ここでのダイエットはただ脂肪を取り除くだけでなく、

健康的な生活を手に入れられるようご指導させて頂いております。

気になる方はお電話でご予約下さい。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・疲れなどでの相談も多くあります。

気になる方はお電話でご予約下さい。

 

2015年10月30日

糖尿病の恐ろしさ カテゴリー:

皆様こんにちは(*^_^*)

今日もBLOG見て頂きありがとうございます。

 

今日は生活習慣病について載せていきたいと思います。


生活習慣病とは若いころからの食生活や

運動・睡眠・喫煙・飲酒・ストレスなどの生活習慣を

積み重ねた結果発症することが多いとされています。

 

生活習慣病の一つである『糖尿病』について述べていきます。

糖尿病とは

通常、体内に入ってきた糖分は小腸でブドウ糖となり、

肝臓に運ばれエネルギーとなります。

この時にインスリンが働き、血液中のブドウ糖の量を一定に保っています。

余ったブドウ糖をグリコーゲンンに変え筋肉や肝臓に蓄えたりする働きをします。

 

しかしこの時インスリンが十分に分泌されなかったり、うまく働かなかったりすることがあります。

そうなるとうまくブドウ糖をエネルギーに変えることだ出来ず、どんどん血液中に溜まっていきます。

 

 

糖尿病の症状

●尿の量が多くなる

●のどが渇いて水をたくさん飲む

●体重が減る

●疲れやすくなる

 

2型糖尿病では気づかないうちに発症し、ゆっくりと進行し

気づいてた時には合併症を引き起こしている可能性もあります。

 

早期の段階で食事や運動で血糖コントロールができます。

この段階で生活を整えましょう!

 

合併症は怖いですよ~ホントにっ

*糖尿病性網膜症

網膜の血管が障害され、

目のかすみ、視力低下、進行すると失明にまで至ります。

 

*糖尿病性腎症

腎機能の働きが低下し、血圧の上昇、尿たんぱくが出始める、浮腫みがでる。

このまま進行すると透析に通う人生になります!

 

*糖尿病性神経障害

神経の障害が現れることで、

しびれや痛み・麻痺・潰瘍や壊死が現れます。

 

 

この様になる前に、

生活を整えましょう。

内臓脂肪が多い方、健康診断でやせなさいと言われた方。

きっかけは様々だと思います。

気になっているならすぐ行動です!

松山漢方相談薬局で健康的なダイエットを行いましょう★

お待ちしております。

 

その他に自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症などでお困りな方もお待ちしております。

 

皆様こんにちは(*^_^*)

BLOG見て頂きありがとうございます。

『BLOG見てます』が私の励みです★★

 

 

昨日のBLOGでは私の父について載せました!

物知りで沖縄顔のイケメンです(痩せたら…)

**アメブロ つたえたいこと**

 

こちら↑↑

このBLOGの反響が良く驚きました。

ありがとうございます。

 

父に気づいてほしいから

その続きを載せていきます。

 

内臓脂肪が多いと何がいけないの?

メタボリックシンドロームで何が悪いの?

 

具体的に見ていきたいと思います。

 

まず脂肪は皮膚の下に溜まる皮下脂肪と

内臓の周囲に溜まる内臓脂肪があります。

内臓脂肪は見た目では分かりにくいため隠れ肥満とも言われています。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて動脈硬化症のリスクが高まります。

動脈硬化症になることで心疾患・脳血管疾患などのとっても危険な疾患が付きまとってきます。

 

ではどのような人が注意した方が良いのか。

 

●脂質異常症(高LDLコレステロール・低HDLコレステロール)

●糖尿病または糖尿病予備軍

●高血圧

●喫煙

●家族に血管系の疾患をもつ

●慢性腎不全

●末梢動脈疾患

など

 

これらが少しでも当てはまる方は生活習慣を整えておく必要があります。

 

●脂質異常症

●糖尿病

●高血圧

など

最終的には

●狭心症・心筋梗塞

●脳梗塞

●閉塞性動脈硬化症

の危険が伴います。

これまで述べてきて、

『あぁ~内臓脂肪が増えると病気になるんだ~』

と分かってもらえれば良いです。

 

次回はこの病気がどのくらい怖いものなのかお伝えしていきます。脅してはいませんよ~

私が一番伝えたいこと!

生活習慣を整えればこれらのリスクが低下するということ!

怖いな~と思ったら行動に移しましょう(●^o^●)

 

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングをお行っております。

健康的に痩せたい人。

ダイエットが続かない人。

リバウンドしてしまう人。

一緒にダイエットに取り組んでみませんか?

最後のダイエット場所としてたくさんの方に選ばれています。

お電話でのご予約お待ちしております。

*松山漢方相談薬局*

 

その他にお困りな症状がありましたらお電話下さい。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・不妊症・月経不順・

耳鳴り・口内炎・ニキビ・アトピーなど。


ページ上部へ