鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

梅雨が早々に明けてしまいました。関東甲信地方で6月に梅雨明けするのは観測史上初めてのことです。

また6月として6日連続の30度以上の真夏日を記録し、これは39年ぶりの記録だそうです。

長く、暑い夏になりそうです。

 

毎年、だんだんつらく感じる夏の暑さ・・・

9月の残暑が終わるまで、熱中症にならないように、暑さに負けない身体作りをしておかないと夏をうまく乗り切っていけません


暑さへの適応力!!

人間は発汗によって体温調節を行いますが、主に熱くなった身体を冷却するために発汗します。

汗をかいて体温を調節したり、血液量を増加させたり、心拍数を減少させたりして、暑さに適応します。

無意識下で行われるこの暑さへの適応は、気候の変化より少し遅めに起こります。

気温がじわじわと上がってくれれば良いのですが、日本の梅雨から夏にかけては、気温差の激しい日が続きます。

暑さがつらく感じていればこの適応が追い付いていないことが原因かもしれません。


意識的に日ごろから汗をかける身体にしておくことが大切です!

汗をかく、という習慣を身につけていれば、夏の暑さに負けない身体になり、夏バテせず、熱中症にもかかりにくくなります。

 

目に見える汗だけが汗じゃない!

健康な皮膚面はしっとりしていても、濡れているわけではありません。汗として目には見えていませんが絶えず皮膚から汗は蒸発し気化熱として空気中に放散しています。

皮膚面は、汗の水分が適度に蒸発する温度に常に温められ調節されています。

外気温や湿度の状況によってエネルギーを使って調節しています。

 

しかし、冷房などにより常に皮膚を冷やしていると皮膚表面からの熱放散がスムーズにいかなくなることがあります。

日本一有名な漢方、葛根湯。葛根湯の使い方の目安となる現象に「無汗」があります。

常に皮膚面がしっとりしているであろう部分(例えば脇の下など)の汗もピタリと止まっているのです。

葛根湯はご存知の通り風邪薬です。

寒い思いをして冷えているのだから汗は出なくて当然とお思いでしょうが、寒い思いをして冷えていても汗がたくさん出る場合もあります。(桂枝湯を使うようなケースです。)

要は、皮膚を冷やしてしまうと発汗の調節機能が狂ってしまうのです。

この状態で夏に突入するとどうなるでしょう?

気化熱として空気中に捨てていた熱が行き場所を失うため熱がこもります。

これが熱中症です。

捨てられなかった熱がどこに集中するかによってどのような症状が出るかが違ってきます。

頭部に熱が集中すればめまいや顔のほてり、筋肉に集中すれば筋肉痛や痙攣、胃に熱が集中した場合は吐き気、腸に回れば下痢など、

人によって出やすい症状が異なることもあれば、同じ人でも時によって出る症状が違うことがあります。

漢方薬にはそれぞれの症状に合わせたお薬があります。

またそれぞれの体質に合った予防法、養生法があります。

ご相談ください。

 

 

松山漢方相談薬局では体質チェック、食事や生活習慣のカウンセリングを

行っています。

繰り返す症状でお困りの方、

身体を根本から立て直すことをお勧めしています。

お気軽にご相談下さい。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

薬剤師 宗像 良典

 

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

今日は、ダイエット中には欠かせない

「食物繊維」の大切さについてお話します。

 

 

★食物繊維には2種類ある

 

食物繊維には2つのタイプがあって

それぞれ別の役割があります。

どちらもダイエットの観点からみたら

素晴らしい役割を持っています。

 

*不溶性食物繊維

主に水に溶けない食物繊維です。

そのため、水分を吸収して膨らむことで

腸を刺激し、大腸の運動を促し排便をアシストしてくれます。

 

【多く含まれている食材】

・玄米

・雑穀

・大豆

・ブロッコリー

・ゴボウ

・ほうれん草

・キノコ類

・カボチャ

・サツマイモ

 

主に野菜類です。

 

 

*水溶性食物繊維

水に溶けるタイプなのでゲル状になるので

便を柔らかくしてくれます。

 

コレステロールや肥満の素となる糖の吸収を

緩やかにしてくれる働きがあります。

太りにくい体質を作ってくれます。

 

【多く含まれている食材】

・海藻

・昆布

・納豆

・キウイ

・アボカド

・ライ麦

 

主に海藻類や豆類に含まれています。

 

 

しかし、食物繊維は意識して取り入れないと

不足しがちな食材です。

なので、なるべく効率よく摂取したいものです。

 

◎食物繊維の効果的な摂取方法

主食を食物繊維が豊富なものにすることです。

お米であれば玄米や雑穀米がオススメです。

パンだったらライ麦パンや全粒粉パンが良いでしょう。

 

これに上記のキノコ類や野菜を取り入れたら

十分な量を摂取したと言えます。

 

継続的に摂取するのが大切なので

自分が続けられそうな食材を選ぶようにしましょう!

 

 

そして、ありがたいことにこれらの食品は

不溶性か水溶性かどちらかしか含まれていない

ということはありません。

その食品によってバランスが異なっているだけです。

しかし、不溶性食物繊維の方が多くの食品に含まれているので

覚えておきましょう☆

 

 

食物繊維が不足してしまうと、腸内環境が乱れがちになり

便秘になりやすい可能性があります。

逆に食品で過剰摂取するということは

殆ど考えられません。

 

なので、便秘でお悩みの方は

食物繊維をたくさん摂ると解消されるでしょう。

 

 

*食物繊維が掃除屋さんと呼ばれる理由

体内に取り込まれた重金属などの有害な物質を

排出する働きがあります。

また、腸内環境を整える乳酸菌などの善玉菌のエサとなって

善玉菌が増えるのをサポートしてくれるので

まさに「腸内の掃除屋さん」というにふさわしいでしょう✮

 

 

このように、食物繊維は摂取して良いこと尽くしなので

できるだけたくさん、日々の食事に取り入れることを

オススメします(⌒∇⌒)

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも

行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

リバウンドして諦めてしまいそうな方、

健康的に脂肪を落としていきたい方、

自分に自信を付けたい方、など

お悩みがあればお気軽にご相談ください!

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは!

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です(^▽^)/

 

 

「しっかり睡眠をとらないと太りやすい」

聞いたことはありませんか?

 

これは本当にそうなのです。

今では「寝ないと太る」と断言されるくらいです。

 

今日は、睡眠不足だとなぜ太るのか説明していきます。

 

まず、覚えて欲しいホルモンの名前があります。

「レプチン」「グレリン」です。

 

きちんと眠らなかったり、不規則な生活を続けていると

ホルモンの分泌のリズムが睡眠の質が下がり

食べ過ぎなどによって体重が増加しやすくなります。

 

 

では、二つのホルモンの役割と乱れるというのは具体的に

どう乱れるのかお伝えしていきます。

 

・レプチン

レプチンには食欲を抑えてくれる働きがあります。

脂肪細胞で分泌されるレプチンは

脳にある食欲中枢に「お腹いっぱい!」と

満腹信号を送る役割を果たしています。

 

ちなみにレプチンの語源はギリシア語で

「軽い」を意味する「レプトス」であるとされていて

まさにダイエット成功の鍵を握るホルモンと言えます。

 

・グレリン

グレリンは空腹信号で食欲アップする働きがあります。

逆に、胃から分泌されるグレリンは食欲中枢に

空腹信号を送ります。

つまり、食欲を増進するホルモンなのです。

 

すでに十分なカロリーを摂っているはずなのに

「もっと食べたい」や「甘いものは別腹」と思ってしまうことは

グレリンの働きが関係していると言われています。

 

 

もちろん、どちらも人体には必要なホルモンなのですが

ダイエットや体重管理にはあまりにも好対照ですね。

レプチンはダイエットの味方になりますが

グレリンはダイエットにとっては悪役のホルモンと言って良いでしょう。

 

 

これらが、睡眠不足になるとどうなるかというと・・

レプチンが減ってグレリンが増えてしまうのです。

 

睡眠が5時間の人よりも、8時間の人の方が

レプチンが15%増えて、グレリンが15%減ったという

結果も出ているそうです。

 

つまり、ダイエットの大敵であるグレリンが多く分泌され

満腹を感じるレプチンが減ってしまうため

必要以上に食べ過ぎてしまい

結果、太りやすくなってしまうということになります。

 

 

睡眠不足になりがちという方に

ぐっすり眠れる方法がいくつかあります★

実践しているものもあると思いますが

まだやっていないことがあればぜひやってみてください。

 

*毎日決まった時間に起床する

休みの日に夜ふかししてしまうと肝心の仕事の日に

早起きしにくくなってしまいます。

 

*朝は太陽の光を浴びる

起床後に太陽の光を浴びると体内時計がリセットされます。

リセットから15~16時間後に眠気を感じやすくなる

ということがわかっています。

 

*20分ほどの昼寝を楽しむ

夜間に必要な睡眠がとれなかった場合は

適度な昼寝が眠気防止や作業能率をあげることが

できます。長すぎると生活リズムが乱れるので

30分以内が良いでしょう。

 

*寝室はちゃんと暗くする

寝室はきちんと暗い方が良いでしょう。

また、光の明るさは白っぽい光は暖色系の光に比べて

覚醒作用が強いことがわかっています。

 

*寝室の温度や湿度を快適にする

寝室の温度は、高すぎても低すぎても

深い睡眠を妨げてしまいます。

同じ温度でも湿度が高い方が睡眠の質が

下がるそうです。

 

*寝る前にカフェインを摂らない

カフェインには覚醒作用があり寝つきを悪くします。

利尿作用もあるので、夜中に尿意で目が覚めたりもします。

 

*寝酒はしない

飲酒によって眠気が生じやすくなり寝つきは良くなる反面

睡眠の質が浅くなってしまいます。

 

*眠くなってからベッドに入る

眠くないのに無理に寝ようとするとかえって

リラックスできなくなって寝つきが悪くなってしまいます。

ベッドに入って30分ほど経っても眠れなかったら

一度ベッドから離れて気分を変える工夫をしましょう。

 

 

いかがでしたか?

他にも、ぬるま湯に浸かってみたり

軽い音楽鑑賞も良いと思います。

 

リラックスできる方法を見つけてみてください☆彡

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットを頑張っても思うように体重が落ちない方、

健康的に痩せたい方、リバウンドでお悩みの方、など

お気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは★

松山漢方相談薬局の美憂です。

 

今日は、リバウンドについてお話します!

 

まず、ダイエットするにあたって気をつけて欲しいことの

一つとしてあるのが「タンパク質の不足」です。

 

タンパク質の不足は筋肉量の不足に繋がります。

筋肉量が不足しているとどうなるかというと

体重は減ってもリバウンドしやすくなってしまいます。

 

そもそも本当にダイエットに成功したというのは

「目標体重に達成した」ではなく

目標体重に達成してその後キープし続けて

初めてダイエットに成功したことになります。

 

間違えた痩せ方をすると多くの人が

リバウンドに苦しみます。

 

その原因のひとつが筋肉量の不足にあるのです。

 

 

タンパク質が不足しているサインとして

こんなことがあります。

 

・ダイエット中の食事は常に低カロリーを意識

・簡単に食事を済ませてしまう

・肌にツヤとハリがなくなってきた

・集中力が無くなってきた気がする

 

これらに当てはまるほどタンパク質は不足している

可能性があります。

 

タンパク質が不足してしまうと基礎代謝が下がってしまい

結果的に太りやすく痩せにくい体質を作りやすくなってしまいます。

 

 

~筋肉量が減ってしまう仕組み~

 

常に低カロリーな食事ばかりしていると

体に必要なエネルギーを確保しづらくなってしまいます。

エネルギーが減少すると体が危険を察知して

筋肉を分解することでエネルギーを作り出します。

 

つまり、必要なエネルギー補給しないままだと

エネルギー源を筋肉に頼らざるを得なくなり

筋肉量が減ってしまうか可能性があります。

 

また、摂取した脂肪が消費されずに内臓周りに溜まる症状

「メタボリックシンドローム」を引き起こしてしまう

可能性もあります。

 

 

~タンパク質の栄養価が高い食べ物~

 

タンパク質が特に多く含まれている食材を

いくつか紹介します。

 

・牛肉(ロース)

・豚肉(ロース)

・鶏肉(胸肉)

・あじ(生)

・さんま(生)

・いわし(生)

・さけ(生)

・鶏卵

・牛乳

・大豆

・納豆

・豆乳

 

これら以外にもタンパク質が含まれているものは

たくさんあります。

 

意識すれば簡単に摂取できるので

先ほどの症状に心当たりのある方は

上の食材を取り入れてみましょう。

 

 

ただし、過剰摂取には気を付けてください。

脂肪摂取量の増加が考えられますので

毎回しつこいですが、主食、主菜、副菜など

様々な食材をバランスよく摂取するように

心がけましょう(#^.^#)

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも

行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

リバウンドしてダイエットを諦めてしまった方、

健康的に痩せたい方、などなど

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

皆様こんにちは★

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です!(^^)!

 

 

皆さんは、食事をする時に何から食べ始めますか?

 

もし、糖質の多いお米や、砂糖が多く含まれている

おかずからだとしたら、今すぐに改善しましょう。

 

太らない体づくりには、食べる順番も

とても大事なのです。

 

これは基本なのですが、食事の際は

野菜から食べるようにしましょう!

野菜は最初に完食するのがベストですが

半分食べられていればOKです。

 

野菜を食べたら次は汁物に手をつけましょう。

具を食べながらふたすすりほどしたら

魚や肉(タンパク質)を食べましょう。

 

そこまで手をつけたらお米を食べましょう。

 

 

これは、野菜の食物繊維を利用した

血糖値を急上昇させにくくする食べ方です。

 

いきなりお米からかきこんだりすると

血糖値が急激に上昇してしまい

その結果脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

(肥満を招くインスリンというホルモンが

大量に分泌してしまう)

 

野菜から食べて最後はお米にしましょう。

ただし、全てを完食してから次に手をつける必要はありません。

 

肝心なのは、最初の一通りです。

最初に順番に食べれば、あとは好きに食べて大丈夫です!

 

もし副菜の一つが生野菜ならできるだけ最初に

量を食べると良いでしょう。

噛む回数が多くなって食事に時間をかけることができ

ほどよい満腹感を覚えます。

 

 

もう一度まとめると

 

①食物繊維、野菜系

②汁物

③魚や肉(タンパク質)

④ご飯(パン、麺)

 

の順になります。

 

糖質や砂糖たっぷりのおかずなどは

最初は後回しにすることで

太りにくい体に変身します!!!

 

 

血糖値は、食事をすれば誰でも上がりますが

食べ方ひとつ変えるだけで緩やかになります。

 

そもそも、血糖値が急激に下がるのは

空腹を感じた時です。

そこからつい甘いものなどを間食してしまったりしませんか?

 

血糖値は急上昇しなければ急降下することもありません。

食事の際に急上昇しないように食べる順番を意識すれば

空腹時に甘いものを食べたくなったりすることも

なくなります。

間食の誘惑も断ち切りやすくなります✮

 

 

急に上がってしまう人と緩やかな人の

それぞれの食べ方の特徴を比べると・・

 

血糖値が急激に上がってしまう食べ方

→糖質たっぷり

→ご飯から食べる

→早食い

 

血糖値を急上昇させない食べ方

糖質控えめ

→野菜から食べる

→ゆっくり食べる

 

となります。

前者に当てはまる人は食事の仕方を

見直す必要があります。

 

まずはインスリンの分泌をできるだけ少なくして

脂肪を溜めにくくしましょう!

 

始めの食べる順番を変えるだけなので

とても簡単にできることです。

心当たりのある方は今日から早速改善してみましょう(⌒∇⌒)

 

 

松山漢方相談薬局では

ダイエットカウンセリングも行っています。

ダイエットを頑張ってはいるけど思うように体重が落ちない方、

一度は成功したけどまた戻ってしまってお困りの方、

最後のダイエットにしたい!という方など

お気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月23日

夏に増えるおなかの症状 カテゴリー:

夏至を過ぎ本格的に夏に突入しました。

地球温暖化の影響でこの数年は「猛暑・酷暑」と言われるような厳しい暑さが当たり前のようになり、天気予報やニュース等でも、体温以上の最高気温が予測されることもしばしば見かけます。日本の夏がさらに高温多湿化しているように思います。

気温と湿度の上昇する時期には冷房の効いた部屋で冷たい飲食物、アイスクリーム、シャーベット、炭酸飲料、冷たい生ビールなど口にしたくなりますよね。

これら季節の風物詩は暑気払いするのに好ましく、体が欲してしまいます。

しかし欲求のままに冷たいものを摂りすぎた場合、あとで困った症状が…。

 

の一つが下痢です。

 

胃腸を内側から冷やしてしまうと胃腸の機能が低下し下痢を起こします。

・急にもよおして我慢できない(水様便)。

・大きなほうでトイレに行くと、紙をたくさん使ってしまう(軟便)。

・腹痛があっても排便すれば軽減します。

 

この様な状態を放っておくと元気の補充がうまく行かず、夏の体力低下に悩むことになりかねません。

 

こんなときは、下痢や腹痛に効く「紫蘇葉」「厚朴」「藿香」「陳皮」などが入った漢方薬がいいです。

「藿香」には単独でも抗ウイルス作用が認められており、夏に多くなるウイルス性胃腸炎に、夏だけでなく冬場の風邪による胃腸障害を起こした場合にも多く使います。

東洋医学の考え方では夏に胃腸を養生することで、秋に現れやすい不調(皮膚や髪の乾燥、空咳など)を予防することにもつながります。

暑さを元気に乗り切り、秋を健やかに過ごすためにも、本格的な夏を迎える今からしっかり胃腸の養生をしておきましょう。

 

 

松山漢方相談薬局では体質チェック、カウンセリングを

行っています。

繰り返す症状でお困りの方、

身体を根本から立て直すことをお勧めしています。

お気軽にご相談下さい。

ご予約はお電話にて受け付けております。

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

薬剤師 宗像 良典

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です☆

 

 

急激に太る人の特徴として多いのが

やけ食いやドカ食いをしてしまうところです。

 

理由として、ストレスのせいです。

と答える人がとても多いです。

 

しかし、ストレスで痩せることはあっても

ストレス自体で太ることはありません。

 

ストレスが溜まるとやけ食いで解消しようとして

太ってしまう。

と言った方が正しいでしょう。

 

ここでよく間違った考え方としてあるのは

「ストレスをなくそうとする考え方」です。

 

なぜかというと、人間は生きている限り

ストレスはなくならないからです。

そもそもストレスの量は測れないですし

イライラした時も「イライラしないようにしよう」と

考えること自体がストレスになっていたりします。

 

それに、やけ食いやドカ食いをする人に限って

食べた後に後悔や我慢出来なかった自分に対しての

嫌悪感などのネガティブな感情に見舞われます。

 

「食」で解消しようとしても

本当に根本から解消できているのでしょうか?

食べる前に考えてみてください!

 

 

もう一つ考えてみて欲しいことは

野生の動物を想像してみてください。

 

野生の動物に肥満はいませんよね?

肥満になるのは人間と人間に飼われているペットや

家畜くらいです。

 

この3つに共通しているのは

お腹が空いてなくても食べ物が手に入り、

食べることが出来てしまうところです。

そして、必要以上に食べ過ぎてしまうことが

出来るのも共通点と言えます。

 

 

普通の人はよっぽどな意志持っていない限り

嫌いな食べ物以外はつい口にしてしまいます。

人間も動物もそうなのです。

 

 

ではどうすればいいのか!

 

まずは、「環境を整えること」です。

食べ物を身近に置いてしまうのは

いつでも食べられるような環境を

自ら作ってしまっているのです!

 

なのでスナック菓子などの間食になるものは

そもそも家の中にないような環境作りから

始めましょう!

 

スナック菓子には栄養は全くないですし

コンビニやスーパーで気軽に手に入ってしまうので

危険です!

調理せずにすぐ食べられる加工食品には要注意です。

 

 

もうひとつは、食べること以外での

ストレス発散法を見つけることです。

 

食べること以外で発散すればやけ食いは防げます。

 

例えば、映画鑑賞だったり、マッサージだったり、

カラオケだったり、悩みがあれば友達に相談したり、

ショッピングだったり、探せば色々出てきます。

 

そういうところで発散できるようになれば

食べ過ぎはだいぶなくなるはずです!

 

 

まとめると

 

・おやつを買わない、置かない

・食以外の趣味を見つけてやってみる

 

となります。

 

二つともできるようになれば間食の量は

だいぶ減るでしょう。

 

 

変な時間に空腹を感じる方は

朝食、昼食、夕食の3食をしっかり食べていますか?

しっかりというのは、量ではなくバランスのことです。

炭水化物、脂質、タンパク質はきちんと摂りましょう。

3大栄養素、とても重要です!!!

 

 

どうしてもそれができないという方は!

松山漢方相談薬局までお気軽にご相談ください。

ダイエットカウンセリングも行っていますので

サポート致します。

 

ダイエットを頑張ってもなかなか痩せられない方、

リバウンドでお悩みの方、食事改善が難しい方、など

お悩みの方はお電話にてご予約受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちは!

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です。

 

女性の方、せっかく頑張ったのに

「生理前で我慢できなくて食べ過ぎてしまう」

といった経験はありませんか?

 

そこから挫折してダイエットをやめてしまい

やけ食いに走るという方もいるのではないでしょうか。

 

先に言いますが生理前のダイエットは

考え方を少し変える必要があります。

 

何故かというと、生理は3つの生理周期に

分かれていてその周期によって身体の中の働きが

違ってくるからです。

 

①生理期間中

②生理終了後~排卵日

③排卵後~生理前

 

この3つの分け方をします。

 

厄介なのが③です。

よくある生理前にいつも以上にお腹が空いて

食欲が増してしまうのは

女性ホルモンの一種であるプロゲステロンという

黄体ホルモンの作用が原因なのです!

 

 

~プロゲステロンの作用~

 

・受胎に備えてより良い子宮環境にするために

食欲を増大させる。

 

・水分を溜め込みやすい性質

→むくみによる一時的体重増加。

 

・大腸の働きを低下させる働き

→便秘

 

 

その結果、いくら食事療法を改善しても

なかなか痩せられないという現象が

起こってしまうのです。

 

 

でも、その期間は2週間程度なので

生理が来て終わってしまえば

今度はエストロゲンという中性脂肪や

血中コレステロールを下げてくれる働きが

優位に分泌するので痩せやすくなります。

 

 

生理が終わったらしっかりと節食するように

心がけましょう!!

 

一方生理前の体重が落ちにくい時期は

女性としての身体が機能していることに

喜びを感じ、リラックスに努めましょう!

 

生理前は痩せようと考えるより

「キープするには」という考え方の方が

良いかもしれません。

 

 

むくみや便秘に良い

食物繊維、ビタミン・ミネラルを意識して

摂取しましょう。

 

イライラしてしまうとドカ食いに走ってしまうかも

しれないので、とにかくリラックスできそうな

方法があったら挑戦してみましょう(⌒∇⌒)

 

1日3食しっかり食べても足りない場合は

80㎉程の間食を摂っても良いでしょう✮

 

 

生理前の減量停滞期は誰にでもあることなので

アロマを焚いてみたり、ゆったり入浴をしたりなど

自分にやさしくしてあげることも大切です。

 

生理が終わってからまた頑張りましょう!

 

 

松山漢方相談薬局では、ダイエットカウンセリングも

行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

頑張って痩せたけどリバウンドしてしまって

お困りの方。などなど。

 

お気軽にご相談ください。

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

2018年06月18日

油のカロリーカット カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは★

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です(^▽^)/

 

 

前回に引き続き、油のお話をします!

油と言えば、揚げ物や天ぷらを想像すると思いますが

カロリーはどうしても高くなってしまいますよね。

 

今日は揚げ物のそれぞれの油の吸収率や

カロリーカットのちょっとしたコツをお伝えしたいと

思います(o^―^o)

 

 

まず、揚げ物の油の吸収率を料理別で。

 

・素揚げ 5%前後

・唐揚げ 7%前後

・フライ 10~15%

・天ぷら 15%~25%

 

となっています。

ダイエット中は天ぷらよりもフライ、

フライよりも唐揚げをチョイスすると

良いでしょう!!

 

そして、本当にたまににすることが

重要になってきます。

 

揚げ物やドレッシングからとる食用油の量は

1日に大さじ2杯までです。

 

・とんかつ 大さじ1強

・鶏の唐揚げ 大さじ1弱

・鶏の照り焼き 小さじ1弱

 

となっています。

揚げ物を食べるその日の食事は

他の油物は避けるようにしましょう。

 

例えば生野菜を食べるときはドレッシングではなくて

ポン酢などを使うようにすると良いと思います。

油の量を少しでも調節しましょう。

 

 

いくら低カロリーの鶏肉でも

同じ食材を使っても蒸す、焼く、揚げる、煮るなど

調理方法が違うと

カロリーも変わってきます。

 

鶏モモ肉80gでいうと↓

 

蒸す(蒸し鶏) 約110㎉

焼く(チキンソテー) 約185㎉

揚げる(チキンカツ) 約295㎉

 

やはり、揚げ物は油を吸収しているので

高カロリーになってしまいますね・・

 

 

→調理する時のコツ

 

★焼く、炒める

・焦げ付きにくい「フッ素樹脂加工などのフライパン」を

使って調理のに使う油を減らす。

 

・肉などを焼いたときに出る余分な油は

折りたたんだキッチンペーパーに吸収させて

取り除く。

 

 

★煮る

・煮物などは浮き上がってきたアクと一緒に

油を取り除く。アクと油を一緒に吸収するシートを

使うと簡単に取り除ける。

 

・豚の角煮やポトフなどの場合は油が多いので

途中で新しいシートに取りかえる。

 

 

★揚げる

・衣を薄くしたり、細かくしたパン粉を使って

衣が吸う油の量を減らす。

 

・揚げ終わったらクッキングペーパーの上に乗せ

しっかりと油切りをする。

 

 

ちょっとした工夫でカロリーカットはできます。

出来ることからどんどんやっていきましょう!

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを

行っています。

ダイエットしてもなかなか痩せられない方、

頑張って痩せたのにリバウンドしてお悩みの方など、

お気軽にご相談下さい。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月15日

油の種類を知ること カテゴリー:

 

 

皆様こんにちは(^▽^)/

松山漢方相談薬局スタッフの美憂です。

 

 

ダイエットで気を付けたい事と言えば

油の摂取量ですよね。

 

油は高エネルギーなので出来るだけ摂取量を

減らしたいものですが、何をどうすれば良いのか

疑問に思っている方はいませんか?

 

油(脂肪酸)を極端に摂らないのも

肌荒れや髪の艶もなくなってしまうので

せっかく痩せてもかえって老けてしまっては

何にもなりませんよね。

 

でも、油の種類を知っておけば余計な脂肪を

吸収せずに済むので頭に入れておきましょう。

 

 

まず、脂肪酸には2種類あります。

 

 

*飽和脂肪酸

動物性の肉類、バターなどに多く含まれれている。

摂りすぎると血中コレステロールや中性脂肪を

増やしてしまいます。

 

肉を使った煮込み料理が冷めると

白い油が浮いてきますが、これがその

飽和脂肪酸なのです。

 

 

*不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸はさらに2種類に分けられています。

 

→ 一価不飽和脂肪酸

オリーブ油や菜種油などの植物性のもの。

悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する

働きがあり、ダイエット中にもオススメです。

 

→ 多価不飽和脂肪酸

サバ、アジ、イワシなどの青魚に多く含まれている。

血液をサラサラにしたり、脳の発育に効果が期待できます。

 

 

大きくわけて2つ挙げましたが、見ての通り

飽和脂肪酸は身体に良くなくて、逆に不飽和脂肪酸は

摂取した方が良いのです!

 

 

ダイエットするにあたって、タンパク質は必要ですが

やはりお肉よりも魚でタンパク質を摂ったほうが

健康的で太りにくいです。

 

ですが、お肉に含まれているタンパク質には

亜鉛や鉄などの大事な栄養素が入っているので

たまには食べておいた方が良いでしょう。

 

 

ポイントとしては、、

1、魚は1日1切れ食べるようにする

2、時にはあっさりした鶏肉も(皮は食べない)

3、牛肉、豚肉は赤身を週に1回程度にする

 

 

お肉は飽和脂肪酸が多く、高カロリーなので

肥満になってしまう最大の原因です。

タンパク質は魚をメインにしましょう!

 

また、お肉を使った料理なら

揚げ物や炒め物より煮物や焼き物にすると

余分なカロリーを抑えられるので良いと思います!

 

 

!注意点!

多価飽和脂肪酸の摂りすぎには

気を付けましょう。

善玉コレステロールを減らしてしまったり

アレルギー症状が悪化してしまう可能性もあります。

 

ダイエット中はタンパク質の栄養素を

不飽和脂肪酸に切り替えるだけで摂取カロリーも

減りますし、何より健康的です!

 

魚が好きな方はこれからも食べ続けてください!

あんまり好まない方はちょっとずついろんな魚に

挑戦してみてください。

 

魚によって味も全然違うので自分好みのものが

見つかると良いですね☆

 

タンパク質を食べるときは

何の脂肪なのか考えてから判断してみてください!

 

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングも

実施しております。

ダイエットする際にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

ご予約はお電話にて受け付けております。

 

 

KANPORO 松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

10:00~20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ