鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

こんにちは(・ω・)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日は今からでも毎日すぐに行える簡単ダイエットを紹介したいと思います。


日々生活していく上で皆さんが無意識に行っている事と言えば呼吸です。その日々行っている呼吸を少し変えればダイエット効果があります。

 

普段私たちが呼吸してる方法は胸式呼吸と言います。

胸式呼吸は息を吸った時に肺だけが動き横隔膜は動かないので内臓が押されて動くことはありません。

 

腹式呼吸は息を吸った時肺が動き横隔膜が押され内臓も動きます。お腹を使った呼吸法になるので脂肪燃焼効果が上がると言われています。

 

腹式呼吸を行うことで

・食事制限がないので筋肉を落とさずに健康的に痩せられる

・呼吸をすることでリラックス効果があるのでストレスが溜まらない

などのメリットがあります。

 

やり方として

鼻から約6秒かけて息を吸う(お腹を膨らます)

息を吸った状態のまま約6秒そのままキープ

約12秒かけて口から息を吐く(お腹を凹ませる)

 

注意点として息を吐く時に身体の中にある吸った空気を全て出し切るつもりで息を吐いてください。


慣れてきたらキープする時間を長くしてみたり、息を吐く時間を長くしてみたらより効果は上がると思うので試してみてください。


これを1日10セットほど行うと良いでしょう。

 

それでも物足りないと言う方は逆腹式呼吸の方が腹圧が上がるため効果は上がります。

文字通り腹式呼吸とは逆のことを行います。

息を吸った時にお腹を凹ませる。

息を吐いた時にお腹を膨らませる方法です。


 

体制としては座りながら、立ちながら、寝ながらでも出来るので自分がやりやすい体制でやってみてください。

 

 

これから夏に向けて呼吸法を変えるだけでは満足できない!

本格的にダイエットを行いたい方は松山漢方相談薬局までご相談ください。


その他にも喘息、動悸、白内障、緑内障、便秘、下痢、不妊症、不眠症、がん予防、疲労、自律神経失調症、高血圧症、生理不順、冷え性、心身症、蕁麻疹、耳鳴り、めまいなどの症状でお困りの方お電話でご予約ください。





こんにちは(*^◯^*)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

太っている人だけが病気にかかりやすいということはありません。痩せすぎている人も病気になりやすいことはご存知でしょうか?

 

今日は痩せすぎの方が身体に与える悪影響についてです。

 

①疲れやすくストレスが溜まる

筋肉量や脂肪が少ないためエネルギーの源となるものがありません。そして疲れやすくなることとストレスが溜まりやすくなってしまいます。

 

②免疫力の低下

身体の中の栄養素が足りないため免疫細胞の低下の原因になり風邪などにかかりやすい。

 

③冷え性になりやすい

血液の循環も悪くなってしまい冷え性になりやすくなってしまう。


 

④糖尿病

太っている人に多いイメージの糖尿病ですが、痩せている人や欠食・不規則な食事によっても糖尿病のリスクは高くなります。


脳のエネルギー源としてブドウ糖が使われますが、痩せすぎているとそのブドウ糖の摂取量が少なくなります。そうすると膵臓のインスリン分泌機能が低下してしまいインスリン量が減ってしまい糖尿病になりやすくなってしまいます。


 

⑤女性ホルモンが崩れてしまう

女性には適度な脂肪が必要です。なぜなら脂肪は女性ホルモンを生成させるのに大切になってくるからです。


女性ホルモンが低下してしまうと生理不順、生理不順が続くことによる不妊症、肌荒れの原因となってしまいます。

 

痩せすぎている人も上記のような症状にかからないようにするためにも規則正しい生活や食生活で健康にあった体重を維持していけると良いでしょう。

 

漢方の東洋医学として補法と言う医療技術を持っています。体質改善だったり足りないものを補ったりすることが漢方では治すことが出来ます。


栄養が不足していて体質改善でお悩みの方松山漢方相談薬局までご相談ください。

 

他にもダイエット、ニキビ、乾燥肌、アトピー、アレルギー、膝の痛み、肩こり、腰痛、耳鳴り、貧血、高血圧、喘息、動悸、疲れ、めまい、便秘、下痢、頻尿などお困りの方お電話でご予約ください。


皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

夏に向けてダイエットすすんでいますか?

 

2 月後半からダイエットを始めた方がそろそろ卒業に近づいてきています。

順調に3か月で8㎏の減量に成功です。

漢方薬局に来る前は本当に痩せるのか不安だったようですが

やるからにはしっかりやろうと意気込み頑張れたようです。

飲み会は断らず

家族で休みの日はお出かけをしながら

ダイエットに励みました。

 

夏前に大成功です(#^^#)

 

自身でダイエットが行えない方

ダイエットが続かない方

リバウンドを繰り返してしまう方

効率よくダイエットを行いたい方

 

ぜひ松山漢方相談薬局へお越しください。

痩せるまで徹底サポートいたします。

 

ダイエット以外にも体調に合わせて漢方をお譲りいたします。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・耳鳴り・

喘息・アレルギーなどでお困りな方

ご予約お待ちしております。

2016年05月13日

きのこの効果 カテゴリー:

こんにちは☆

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

きのこには色々な種類がありそれぞれ便秘解消だったり脂肪燃焼にも効果があると言われています。またきのこにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。


今日はそれぞれのきのこの効果について載せていきたいと思います。

 

①エリンギ

・食物繊維が多く含まれているため便秘解消

・カリウムが含まれているためむくみの解消

 

②しめじ

・しめじにはビタミンやミネラルが含まれている

・レクチンが含まれていることにより食欲を抑えてくれる

オルニチンが含まれていてアルコールの分解だけでなく脂肪燃焼効果

 

③しいたけ

・食物繊維が多いので便秘解消老廃物を排出

・エリタデニンが含まれていることにより血中のコレステロールを下げることと血液をサラサラにして血流を良くするので冷えむくみに効果的

 

④えのき

・ビタミンB1が含まれていて疲労回復疲れからくるむくみに効果的

・ストレスを和らげてくれる効果もあります

 

以上のようにきのこの種類によってそれぞれ効果が違います。

 

その時の体調によってバランス良く食事を摂りきのこを使い分けることをオススメします。

 

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

ダイエットだけでなく不妊症、不眠症、高血圧、貧血、白内障、緑内障、動悸、喘息、アトピー、アレルギー、ニキビ、やけど、更年期、心身症、がん予防、生理不順。蕁麻疹などお困りの方お電話でご予約ください。

こんにちは(*^o^*)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ダイエットをすると決めた時、大体の方がやらなければならないと感じるのが運動だと思います。

 

食事を抜いたら体重はすぐに落ちますが、筋肉が減っていて脂肪が落ちているわけではありません。なので食事を戻した時にリバウンドしてしまいます。


では1kgの脂肪を燃やすのにどれくらいのカロリーが必要なのでしょうか・・・?


なんと‼︎1kgの脂肪を燃やすのに大体7200kcalが必要になってきます。


その人それぞれの体重によって消費カロリーは違います。下図は60kgの人が30分運動した場合の図になります。

軽いジョキングで約156kcalの消費にしか繋がりません。

 

 

他にもたくさん運動しても1kgの脂肪を燃やすには果てしなく遠いですよね。

なので運動は非効率と言われています。

 

まず自分の基礎代謝がどのくらいあるのか知ることが大切です。

基礎代謝の計算の仕方はこちらでお願いします。

 

自分の基礎代謝がわかったところで摂取カロリーを考えた食事の量やバランスの良いメニューにしていけると良いでしょう。


 

松山漢方相談薬局では脂肪燃焼のダイエットに特化しています。

 

ダイエットだけでなく高血圧、貧血、冷え性、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛み、不眠症、不妊症、肌の悩み、喘息、動悸、自律神経失調症、めまい、更年期、がん予防などお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

2016年05月10日

生活習慣病とは カテゴリー:

こんにちは♪♪

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

以前に内臓脂肪と皮下脂肪の違いについてブログに載せました。今日は生活習慣病の事をもっと詳しく載せていきたいと思います。

 

はじめに生活習慣病とはなにか・・・


食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその色々な症状の発症や進行に関係があることを言います。

以前は年齢を重ねるごとにかかりやすい症状だったため『成人病』と呼ばれていました。しかし最近では子供の頃からの生活習慣次第で発症することがわかったので『生活習慣病』と呼び方が変わりました。


 

どのような症状があるのか・・・

それぞれの習慣によってかかりやすい症状が違います。


食生活が原因→糖尿病、肥満症、脂質異常症(高脂血症)、大腸ガン、歯周病など

運動不足が原因→糖尿病、肥満症、脂質異常症、血圧症など

喫煙が原因→肺がん、慢性気管支炎、循環器疾患など

飲酒が原因→主に肝疾患


食生活や運動不足が原因の症状が進んでしまうと心筋梗塞や脳卒中などの危険な症状のリスクが高くなってしまう。

 

以上の症状にならないために予防することが大切です。


予防として

①栄養バランスを考えた食事を摂り食べ過ぎない

②しっかりと休息を摂り

③自分の趣味などでストレスを発散する

④タバコを控える

⑤お酒を飲み過ぎない

 

自分で出来ることを気をつけて意識していきましょう。

 

松山漢方相談薬局ではダイエット、高血圧、肩こり、腰痛、不眠症、不妊症、喘息、アトピー、アレルギー、ニキビ、やけど、月経不順、便秘、脱毛、動悸、冷え性、耳鳴り、めまいなどお困りの方電話でご予約ください。



皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

今日も健康情報載せていきます★

 

昨日は冷えについて載せていきました。

今日は朝のテレビでむくみにはお水を1L~2L飲みなさいと恐ろしいことを言っていたため、

東洋医学の考えのむくみについて詳しくお伝えします。

 

朝起きたら顔がむくんでた

夕方靴がきつくなる

ふくらはぎがだるい

ひざ下のけい骨(内側)を押すとへこむ

これらはむくんでいる目安になってきます。

体の中に余分な水分がたまっていおきるむくみになります。

 

心臓病や肝臓病・腎臓病などが原因でむくむこともありますが

多くは水分の取り過ぎからくる水毒によって起きています。

 

体内に水がたまりすぎる

体が冷える

腎臓の働きが低下

水分の排出がうまく行われない

水がたまる

 

これらによりむくみは生じてしまうのです。

改善方法としては

水分は取り過ぎない

温める食材である根菜類を意識して食べる

湯船につかり汗を流すなどの対応をしていきましょう。

漢方で水を出す漢方もあります。お困りな方はご相談ください。

 

KANPORO松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

健康的なダイエットを行いたい人

自身でダイエットを行えない人

リバウンドを繰り返している人

お待ちしております。

痩せるまでしっかりサポートいたします。

気になる方はお電話でご予約ください。

 

その他にも自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・腰痛・不眠症・月経不順・耳鳴り・

疲れ・喘息・皮膚疾患などでお困りな方もお待ちしております。

 

2016年05月09日

肌には良くない食材 カテゴリー:

こんにちは(^◇^)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたでしょうか?

また今日から元気に頑張って過ごしていきましょう♪♪

 

先日肌に良い食材を紹介しました。今日は先日とは逆の肌にはあまり良くない食材を紹介していきたいと思います。

 

①砂糖

 

ニキビは砂糖が大好きです。食生活から砂糖を少なくしなければ赤味や炎症が治ることは難しいかもしれません。


食品の見た目で選ぶのではなく、きちんと食品表示を確認してから購入しましょう。

 

②乳製品

乳製品を撮りすぎることでニキビやシミの原因になってしまいます。

 

③加工食品

添加物が多く含まれるジャンクフードや保存料の入った食べ物などは毛穴を塞いでしまったり肌を老化させてしまう原因になります。

なので外での外食より自然なものを使い自炊すると良いでしょう。

 

④カフェイン

カフェインにはシワやたるみの原因になるものがあります。

コーヒーが大好きな方はたまにノンカフェを飲んでみるのも良いでしょう。

 

⑤ヨウ素の多い食材(カニやエビなど)

 

毛穴を塞いでしまったりニキビの原因になります。

 

上記の食材は全く食べてはいけないわけではないので上記の食材を食べる時は食べすぎには注意しましょう。

 

松山漢方相談薬局では皮膚の悩みのご相談を受け付けております。

他にもダイエット、高血圧、貧血、不妊症、不眠症、心身症、アレルギー、風邪、喘息、やけど、化膿症、動悸、胸痛、腹痛などのお困りの症状がございましたらお電話でご予約ください。

皆様こんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

今日は「冷え」についてBLOGをのせていきたいと思います。

 

皆さまは冷えの症状を感じることはありますか?

頭痛・肩こり・腰痛・腹痛・生理痛・不眠症・不妊症・月経不順・手足が冷たい・肌荒れがある

などの症状です。

 

頭痛があり鎮痛剤を常備している方も多いでしょう。

天気の悪くなる前には頭痛やだるい方も多いでしょう。

 

漢方では水が体に停滞する「水毒」という言葉があります。これらが頭痛やだるさを引き起す原因となります。

 

片頭痛は血管内の水分が増えることで血管が拡張するときにおこります。

緊張型頭痛はストレスや水毒や冷えから血流が悪くなりおこります。

 

頭痛が起こると解熱鎮痛剤を使用する人が多いと思いますが、

解熱鎮痛剤は体を冷やしてしまうため、その時は良くても結果体を冷やしていきます。

根本的に治していきたい人は漢方が得意としている分野であるため

相談ください。

ご自身でできることは水の取り過ぎに注意し、温める生活をお勧めいたします。

 

辛い症状をそのままにせず早めに改善していきましょう(#^^#)

KANPORO松山漢方相談薬局では自律神経失調症・更年期障害・めまい・耳鳴りなど

様々な症状の改善に喜ばれています。

気になる方はお電話でご予約ください。

その他にもダイエットカウンセリングも行っておりますのでご予約ください。

 

 

 

2016年05月07日

肌に良い食材 カテゴリー:

こんにちは☆

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日は肌についてです

綺麗な肌になるためには紫外線などの刺激を受けないことやビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質・糖質の栄養素をバランス良く摂ることが大事になってきます。そうすることで綺麗な肌を保つことが出来ます。ただ糖質の摂りすぎはくすみ、太る原因となってしまうので注意してください。

 

肌を綺麗にする&保つためにはどのような食材が良いのでしょうか?


①ダイコンの葉

ダイコンの葉の部分にはカロチンが含まれています。

カロチンは身体の中でビタミンAとなり、新しい細胞を作っていきます。そのことから視力低下を防止、血液・骨・粘膜などの成長の素・ニキビや吹き出物をなくす働きがあります。

 

②しそ

しそにはビタミンAがたくさん含まれています。

なのでニキビ・吹き出物・シミが消え綺麗な肌を保ちます。


③こんにゃく

こんにゃくには肌にとても良いと言われるセラミドが含まれています。

またこんにゃくには食物繊維も含まれているので便秘解消と腸を綺麗にする作用があります。

食物繊維のものは良く噛んで食べないとあまり効果がないので良く噛んで食べてください。

 

④大豆

大豆にはお肉や魚に比べてタンパクが多く入っています。タンパクは人の髪の毛や爪、皮膚の素となっています。

あとは大豆の脂質ですね。大豆の脂質は肌の保湿(皮膚を守ってくれる)、老化防止などの効果があるとされてます。食物繊維も含まれますのでこんにゃくと同様便秘解消に繋がっています。

 

⑤黒酢

黒酢には血液をサラサラにしてくれたり、脂肪をつきにくくしてくれる働きがあります。

美肌や目にも良く、皮膚に含まれるコラーゲン同士を結びつけて強くして肌のハリツヤに繋がります。

 

以上の食材は肌には良いものとされています。

肌の調子を整えたいからと食事が偏った生活はやめましょう。


松山漢方相談薬局では皮膚の弱い方だけでなく、より良い肌のハリツヤを目指したい方のご相談も承っております。

その他にもダイエット、咳が止まらない、膝の痛み、貧血、高血圧、不眠症、不妊症、肩こり、腰痛、月経不順、心身症などお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

ページ上部へ