鶴見駅西口より1分!
「フーガ2」の3階にございます。
お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

松山漢方相談薬局
〒241-0802
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2
鶴見フーガII 307号室
TEL:045-718-6801
松山漢方相談薬局へのアクセス

ブログ

こんにちは(^ー^)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日は夏に向けて夏太りの原因とその対策方法について載せていきたいと思います。

 

夏はむくみやすい

むくみのイメージとして夕方にむくみやすいなど、時間によってむくむ時間があると言われています。


夏は時間に関係なくむくみやすい季節になるのでむくみやすいことと、夏は暑いため体温を下げようとすることでむくみの原因の促進になったり、女性は男性より筋肉量が少ないためむくみやすいと言われています。

 

代謝が悪くなる

冬は体温が下がっているので身体を温めようとして代謝が上がりますが、夏は気温がもともと高いため代謝を上げる必要がないため、代謝は悪くなります。


汗をよくかくからと、代謝が良いわけではありません。代謝が良いということはエネルギーを使っていることを言います。

 

冷たいものの摂りすぎ

夏場は暑く、冷たいものを飲んだり食べたりしてしまいがちですが、冷えたものを過剰に摂取してしまうと内臓がひえてしまいます。


内臓が冷えてしまっていることで血液の循環が悪くなってしまうだけでなく、身体が冷えてしまい脂肪のつきやすい身体になってしまいます。

 

などが夏太りの原因になっています。

 

・身体を温めるための食材を食べて内側から身体を温め、バランスのとれた食事をとる

・適度な運動

・冷房を高めに設定する

・マッサージ、塩分の過剰摂取はむくみの原因になるため控える

・睡眠をしっかりとる

などの対策を試してみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

 

他にも皮膚炎、アレルギー、アトピー、ニキビ、不眠症、不妊症、生理痛、月経不順、肉体疲労、食欲不振、虚弱体質、喘息、蕁麻疹、うつ病、自律神経失調症、健康維持、鼻炎、蓄膿症などお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

今日も健康情報を載せていきたいと思います。

「ふくらはぎの静脈瘤」

ふくらはぎに浮き出た血管(瘤こぶ)がある方はいますか?

東洋医学でいう血液の滞りであり「瘀血」と呼びます。

局所の「瘀血」が全身の血液の汚れに繋がります。

40代後半になってくると全身のエネルギーが徐々に低下し始め、

心のエネルギーも低下すると心臓の血液を送り出す力が低下します。

すると血液が滞り始めるのです。

 

「瘀血(おけつ)」の症状は

顔色や唇・歯茎が黒くなる

皮膚に艶がなくなりカサカサする

しみ・そばかすが多くなる

肩こりや背中の痛み

物忘れが多くなる

手足がしびれる

あざが多くなる

血圧が高くなる

 

などがあります。

これらの症状が出始めている方は早めに漢方を内服していきましょう。

血液に柔軟性をもたせサラサラにする商材や血液の滞りを良くするお薬などがあります。

まずは松山漢方相談薬局にご相談ください。

 

その他にもお困りな症状がありましたらお電話にてご予約ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

アレルギー・ダイエット・喘息・アトピー性皮膚炎など。

 

 

 

2016年07月26日

身体が硬いことのデメリット カテゴリー:

こんにちは♪(´ε` )

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

身体の硬いことでのデメリットはたくさんあります。

今日はそのデメリットについて載せていきたいと思います。

 

①疲れやすく疲れがなかなかとれない

身体が硬いということは筋肉もカチカチな状態なため、血流も良くありません。

筋肉のバランスも悪くなり、姿勢も崩れてしまいます。姿勢が崩れてしまうことで肩こり、関節痛、腰痛などの症状にかかりやすくなってしまいます。

なので身体が疲れやすく、なかなか疲れもとれないのです。

 

②老化が進む

年齢を重ねることで骨や関節も衰えてくることと、筋肉が硬いことで関節の動きも制限されるため筋肉を使わなくなり、老化が身体の中から進んでしまいます。

とっさの動きにも反応出来ないため怪我にもつながります。

 

③脂肪がつきやすく太りやすい

血行不良によって冷え性やむくみの原因になります。

冷えていることにより身体の中の体温を逃がさないように脂肪を蓄えてしまうので、太りやすくなってしまいます。

 

身体が硬いだけで色々なデメリットがあります。

身体を柔らかくするには毎日のストレッチが大切になってきます。簡単に毎日ストレッチを行うことが出来るので試してみてください。

お風呂あがりのストレッチが一番効果があるので試してみてください。


 


松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

 

他にも不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、ニキビ、アトピー、アレルギー、食欲不振、胃腸虚弱、喘息、うつ病、ガン予防、逆流性食道炎、高血圧症、座骨神経痛、糖尿病、動悸、耳鳴り、めまいなどお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

看護師・ダイエットカウンセラー・登録販売員の神菜です☆

現在産休中ですが今後も薬局で皆様のお助けになれるように頑張ります。

今しばらくお待ちください(#^^#)

そろそろ梅雨が明けそうですね☆

これからの季節、冷房には要注意です!!

 

薬局に来ている事務関係の仕事を行っている女性の方がとっても困っているようです。

男性と一緒に働いていると温度調整が難しいですね。

その他にも公共の場がとっても寒い場所は多いと思います。

バスや電車・カフェやレストランなども結構冷えます。

 

帰りには足が棒のように重だるく浮腫みが強い人もいるでしょう。

 

これらには体温調節機能がかかわってきます。

人間には本来、体温を一定に保つ機能が備わっています。

寒い時には体を温め、暑いときには汗をかくことで体の温度を下げています。

そういった調節は、交感神経と副交感神経からなる自律神経が行っています。

冷房病は、自律神経のバランスがくずれたことから起きるとも言われます。

外は暑く、中は寒い環境は自律神経が乱れます。

中と外の気温差を埋め体調管理は気を付けていきましょう。

寒いときは長袖やストールなどを使用していきましょう。

 

体調を崩された方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

耳鳴り・喘息・アレルギー・ダイエットなどでお困りな方もお電話にてご予約ください。

 

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

私も大好きな炭酸水なんですが、炭酸水には様々な効果があるので紹介したいと思います。


炭酸水のメリットとしては

①ダイエット効果

炭酸が胃を膨らましてくれるので満腹感を早く感じることが出来る。

 

②疲労解消

疲れが溜まっているのは乳酸が身体の中に溜まっている状態になります。炭酸水を飲むことによってその疲れの原因となっている乳酸を身体の外に排出してくれる働きがあるので疲労回復になります。

 

③便秘解消

炭酸が胃を刺激して腸のぜん動運動を助けることで、腸の働きが良くなり便秘解消になります。

 

④美肌効果

腸の働きが良くなることで身体の中に溜まっている老廃物が外へ排出されることにより、美肌効果が期待されています。

 

⑤血行促進によって肩こりの解消

炭酸水に含まれる二酸化炭素が身体の中に入ることで、酸素の活動が良くなり血行促進になります。

血流が良くなることで肩こりなどの解消にもつながります。

 

注意点として砂糖が入った炭酸だとダイエット効果はなく、間食になってしまいます。

もし砂糖入りの炭酸を飲む場合は食後にまとめて摂るようにして空腹の時間を作ってください。


以前ブログで白湯についても載せたのでそちらも参考にしみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行なっております。

もうすぐで梅雨も明け本格的な夏が始まります。

薄着になるのでダイエットを行いたい方

頑張って痩せてもリバウンドしてしまう方

生活習慣から見直したい方

気になりましたらお電話でご予約ください。

 

他にも不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、ニキビ、アトピー、アレルギー、肌の赤み、食欲不振、蓄膿症、喘息、肉体疲労、精神疲労、蕁麻疹、腰痛、虚弱体質、栄養障害、腹部肥満などお困りの症状がありましたらお電話でご予約ください。

 

こんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

今日も健康情報を載せていきます♪

今日は漢方の基本的な考えである

「陰陽」についてです。

古代中国から考えられている、自然界のすべてには「陰」と「陽」があります。

「陰」は静的側面や寒さを表す=裏・夜・秋・冬…

「陽」は動的側面や熱を表す=表・昼・春・夏…

互いに対立する関係を持ちながら、助け合う関係と抑制し合う関係を持ちバランスを保っています。

 

体調や症状でも同じ考えになります。

 

「陰証」は病気の状態が消極的、静的、潜伏的で、寒冷の傾向があります。

このような人の場合、寒気を訴え、手足が冷えて、顔色も青白いのが特徴です。

熱が出るといった症状はありません。

したがって、身体を温める作用のある漢方薬を用いて治療を行います。

 

「陽証」は、病気の状態が積極的、動的、開放的で、熱性の傾向がみられます。

炎症や充血、発熱といった症状を示すことが多いことから、身体を冷やし、熱をとりのぞく作用のある漢方薬を用います。

「陰陽」とは、病気の進行の具合と体力の消耗度をみるもので、

病気の勢いとその人の体力の関係を量的な面からとらえてみていきます。

病気のかかりはじめで、体力が病邪よりも優位にある時期を陽証期、

病気が進行して体力が病邪よりも劣った状態にある時期を陰証期といいます。

 

身体のバランスはとっても大切です。

松山漢方相談薬局では体のバランスを専門家がしっかり見極めていきます。

お困りな症状がある方はお電話にてご予約承ります。

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

耳鳴り・不安・疲れ・アレルギー・喘息・皮膚炎・ダイエットなど。

 

 

2016年07月23日

夏バテに漢方 カテゴリー:

皆さまこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です☆

 

これから夏本番!

夏バテに注意した生活をおくりましょう(#^^#)

ではどのような生活をしていると夏バテになりやすいのか。

・冷たいものを摂りすぎる

・クーラーがききすぎる

・汗をかいたぶんの水分が不足

・炎天下や暑い部屋に閉じこもっている

などなど

クーラーによる夏風邪を引く人も多いですよね(@_@)

 

まず炎天下や暑い部屋にいるときは、体にこもりがちな熱をさまし、汗で失われる水分とエネルギーを補給することが大切です☆

逆に冷やし過ぎなお部屋で過ごすと体温調節がうまくできず、免疫機能低下にもつながります。

衣服で体温調節し適度に汗をかく工夫をしたり、

体を温めストレス解消に効果のある「高麗ニンジン」などをとりいれてみるのも良いでしょう。

夏は湿気で消化器官が弱りがちな上、

冷たい食べ物や飲み物を好むので胃腸障害の症状も出やすくなります。

自分で冷え性だと実感する人は、食材は常温で食べる方がいいですね。

 

漢方ではそんな辛い症状に合わせてその人に合った漢方をお渡しいたします。

松山漢方相談薬局にお電話にてご予約ください。

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

疲れ・不安・アレルギー・喘息・ダイエットなどでお困りな方。

 

 

こんにちは(=^ェ^=)

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

朝か夜のランニングを行うことよってのそれぞれメリットがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

朝のランニング

・朝は空腹からの運動になるので、より脂肪が遊離脂肪酸に変わり脂肪燃焼効果が上がります。

・朝からランニングすることによって早寝・早起きなどの規則正しい生活習慣を身につけることが出来ます。痩せやすい身体を作るには睡眠も大事になっってきます。

・朝身体を動かした後は代謝が上がっているので普通に生活しているだけでも脂肪燃焼効果が上がります

・日が出ているうちに身体を動かすと気持ちもスッキリし、分が良くなる

 

夜のランニング

・1日感じたストレスや悩みをリセットすることが出来る。

・日中起きていた分身体が動かしやすくなる

・夜にランニングを行った方が寝つきは良くなる。

 

どっちの運動方法も空腹時や食前に運動を行った方が脂肪燃焼効果は上がります。今食後に運動している方は食前の空腹時に行ってみてください。

しかし毎日無理をして行うことはないので、ストレス発散だったり気分転換のため行ったりと身体に負担がかからないようにしてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットを行なっております。

 

他にも自律神経失調症、喘息、蕁麻疹、関節痛、コリ、皮膚が赤い、不眠症、不妊症、月経不順、生理痛、子宮筋腫、蓄膿症、坐骨神経痛、うつ病、食欲不振、がん予防、糖尿病、食道炎、耳鳴り、めまい、慢性肝炎などお困りの方お電話でご予約ください。

2016年07月22日

夏に多い症状 カテゴリー:

みなさんこんにちは(#^^#)

ダイエットカウンセラーの神菜です。

現在産休中ではありますが健康情報を載せていきます☆

私事ではありますが、妊娠37週に入りました。

いつ生まれても良い正期産に入りました!

あとは赤ちゃんのタイミングを待つのみですね☆

頑張ります。

今日のテーマは

「夏の湿気からくるだるさ」です。

雨の日が続きジメジメとした憂鬱な時期です。

気圧の変化から頭痛やだるさの多い人もいるでしょう。

実際に漢方薬局に相談に来る人は多くいます。

古傷が痛んだり、腰痛が悪化する人も多いでしょう。

 

漢方では「湿邪」という言葉があり、

対外の湿気をいい、胃腸炎や嘔吐・下痢・だるさなどの症状があります。

 

他には「痰飲」といい、体内の余った水分を指します。

全身の体がだるく・食欲低下などがあてはまります。

 

夏にだるさがでるのは漢方ではしっかり原因があります。

夏場辛い方は松山漢方相談薬局にご相談ください。

辛い邪を取り除きましょう(#^^#)

 

自律神経失調症・更年期障害・めまい・頭痛・不眠症・不妊症・月経不順

アレルギー・喘息・つかれ・不安・ダイエットなどでお困りな方はお電話にてご予約ください。

こんにちは(・ω・)ノ

松山漢方相談薬局スタッフ茉佑香です。

 

今日は美脚になれる歩き方か、足を太くしてしまう歩き方について載せていきたいと思います。

 

自分自身の歩き方を確認してみてください。

 

歩き方の悪い例として

・早足に歩く

・前のめりの姿勢で歩く

・足を引きずるように歩く

・つま先を先に地面につけて歩く

・ドスドス音をたてるように歩く

・悪い姿勢で歩く


など足に負担をかけてしまう歩き方だと足に変な筋肉がついてしまうことや、脂肪がたまってしまい足が太くなってしまいます。

 

では、正しく痩せる歩き方とはどのような歩き方になるのでしょうか?


踵から着地したらそのまま体重を前に乗せ、この時に膝を曲げないようにする。

地面を蹴る時はつま先(足の指まで)を使う。足の指を使わないことで足が外側に向いてしまう可能性があります。

なので足の指まで意識して歩くことが大切になってきます。



 

どちらも身体の重心が大事になってきます。

身体の重心を正しくするには靴選びも大切になってきます。バランスが取りにくいハイヒール、厚底の靴、ブーツなどは脚やせには向いていない靴かもしれません。

 

自分に合った靴を選ぶことと、正しい歩き方を意識して毎日歩いてみてください。

 

松山漢方相談薬局ではダイエットカウンセリングを行っております。

 

他にも食欲不振、肉体疲労、虚弱体質、病後の体力低下、胃腸虚弱、血色不良、冷え性、アトピー、アレルギー、ニキビ、不眠症、不妊症、生理痛、月経不順、喘息、蕁麻疹、関節痛、肩こりなどお困りの方お電話でご予約ください。


 

ページ上部へ